株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

東京のお盆は7月??

2017年8月31日 12:10

今年も盆踊りがあちらこちらで開催されましたが、
その時期に違和感をおぼえた方はいらっしゃらないでしょうか。

世間一般の会社や病院のお盆休みは8月15日前後。
ところが東京では7月15日前後に盆踊りをするところがあります。
お盆じゃないのに盆踊り?

実は東京は7月13~16日で盆の行事を行うことが多いです。
横浜や川崎、沖縄も7月に行う方が多いです。

明治に改暦がありました。
7月13日~16日は旧暦のお盆で、
8月13日~16日は新暦のお盆です。

改暦後は、盆行事を8月に行う地域がほとんどではないでしょうか。
お盆の帰省ラッシュがあることからも分かります。
そのまま7月の旧暦のお盆を行っている地域もあります。
7月、8月と違うからといって、ご先祖様を供養する内容は同じです。

特に川崎では7月に行いますが、8月お盆の時もお祭り(盆踊りなど)を行っております。
お墓参りは7月に行いますが、お祭りは8月に行うというのも不思議ではありません。
ご先祖様に対しては毎日がご供養であり、私達の生の源なのですから。

7月も8月も13日迎え火焚いて16日送り火を焚きます。
当然その家々によっての文化や慣習もありますので、朝行う方や夕方行う方様々だと思います。

精霊棚を作り、仏壇よりお位牌を綺麗にして並べます。仏壇の中ももちろん綺麗にします。
きゅうりに箸を差し、お馬さんにみたて、ナスに箸を差し、お牛さんにみたてます。
お迎えはお馬さんで早くお会いでき、送りはゆっくりと
お牛さんにのり帰られるということもあります。

ご先祖様を敬う気持ちの表れですね。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

供花物についてあれこれ・・・

2014年1月28日 14:38

前回のブログでは、供花についてお話ししましたが、当社のある川崎あたりでは一時期、花環が多くでた時代がありました。当社ではかなりの本数の花環を保有しておりました。
花環
あの頃は1本1万円で消費税もない時代。造花ですので手直しは必要ですが、使い回ししますので、とても利益がありました。自社で花環専用の倉庫や車両も保有していました。数多い時は、夜店のお面のような飾りで足場を組み飾ったこともありました。しかし今では1本も出ません。

地域や宗派によっての違いもあります。
京都にいたときは、蓮花のお飾りが多くというよりは、必ずでていました。
あとは花環(造花)ではなく、樒を花環のような感じで飾ります。
自慢にもなりませんが、私は蓮や灯篭を組み立てるのがすごく早いのです。(以前のブログでもお話ししましたが、装飾の幕張りも早いです。)
東北地方の方がこちらでお供え物を選択されるときは、果物や缶詰をお供えされることが多いように感じます。
学会のお式では生花の代わりにお樒を飾ります。神道では榊を一対必ず入れます。

そして最近ですと、「供花物辞退」という当家もあります。(香典辞退もあります)
表記の仕方で「供花・香典辞退」というとお花を受け取ってもらえませんが、「香典辞退」だけならば、お花はお供えできます。
供花物辞退といっても一般の方から頂く分の辞退が大半です。供花物辞退と言っても、たいていは家族や親族の方からの供花をお供えされているケースが多いですので、親戚の方などは、直接ご家族に聞いてみても良いですよ。

 

関連ブログ  供花とは

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

供花とは

2014年1月27日 14:04

供花とは、祭壇の横にお供えする名札を差した花かごです。菊ベースもあれば、洋花ベースも
あります。
価格も花の量によって15750円と21000円の二種類があります。
供花
祭壇のイメージや、お客様の好みでどちらでも良いですが、和、洋、金額など統一
された方が綺麗ですね。
余談ですが、当社のホールは祭壇の大きさや供花の数に応じて、カーテンレールの幕で狭めたり広げたり調節可能ですので、1対でも見劣りしませんし、60基くらいでもお供えできます。
設計士の方のおかげで万能ホールとなっています。 「ホールのスペースが空いてしまうので、もっとお花があった方が良いですよ」なんて営業トークを他でよく耳にしますが、当社では無縁です。

喪主花は一番高い奥に1対お供えします。1基でお供えすることも多いです。
あとは、子供一同や孫一同、親戚からの供花や、個々の個人名でお供えされたものもあります。

※1対というのは2ツ、つまり2基ということで、1基というのは1ツのことです。 「対」と「基」での表現で数が違いますのでご注意ください。

供花は、当社で承っております。
枕花と申しまして、枕元にお供えする小さめのアレンジもあります。(5250円と10500円です)
枕花
供花の他にもお供えとして、果物又は缶詰の盛り合わせ10500円と15750円というのも承っています。
果物  缶詰
灯篭もあり、葬儀後にご自宅で49日間使用します。15750円と18900円の二種類です。
提燈燈籠
花環は、大きさと高さの違いで、10500円、15750円、21000円の三種類があります。
花環

少し話が供花から外れてしまいました・・・
さて、供花のお花の種類についてですが、すべてを好きな花で作るのは難しいですが、ご希望により好きなお花を入れるというのはよくやります。ただし、供花用として向いていない花を入れるのは難しいですが。(例:ひまわり、チューリップ、バラなど)

使用するお花は、生花かブリザードフラワー。
ブリザードフラワーは、焼香花用に使ったりしています。長くもちますので経済的です。
なお、お別れの時に使いますので、造花は使用していません。

次回は、この供花に関連して、お供え物の地域での違いや辞退のことなどについてお話しします。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「なかはらや倶楽部」について

2014年1月21日 16:23

当社の会員制「なかはらや倶楽部」は、入会金、年会費、月々の掛け金など無料で、様々な特典があります。

無料ということで、他の会に入っていらっしゃる方にも入会いただいています。

月の掛け金が発生するような会に入っていて、実際に葬儀を行う際、絶対にそこの葬儀社を利用しないといけないというのは、お客様にとって選択がないわけですから、不都合なこともあると思います。その点、当社のように無料ですと、万が一引っ越しをされり、いろいろな関係から他の葬儀社で行うことになっても何の負担にもなりません。あくまでも選択の主導はお客様というのが良いところです。当然、退会されるような時もご自由にできますし、無料なので後悔なしです。

他の葬儀会社の会員制で、提携している店舗での割引き特典があるような会もよくあるようですが、当社の「なかはらや倶楽部」には、そういうのはありません。「なかはらや倶楽部」は、葬儀又は葬儀アフターに重点をおいたサービスです。 

私が考えるに、そういう飲食店や他店舗などのサービスを受けたいならば、クレジットカード会社などが用意しているサービスの方がよっぽど規模が大きいですし、充実していると思います。ポイントも充実していてすごいですしね。お客様にとってのメリットは大です。

あくまでも当社は葬儀社であり、葬儀のサービスをお客様に提供したいと考えています

さて、「なかはらや倶楽部」への入会についてですが、基本的には、だれでも入会できというのではなく、ご紹介が必要です。 

当社から電話や訪問などをして勧誘することは一切ありません。というよりも、現在は会員の一般募集は基本的にしておりません。

ご紹介者様は、当社で葬儀を施行された方、当社の社員、当社と業務提携している協力会社の方、当社と団体契約している方、会員の方、地域の町会の方、ご寺院様など、当社と関係のある方々です。ですので、なかはらや倶楽部は、とても素晴らしい方々ばかりの集まりです。 

その方々のために「会員様ご招待会」というのを毎年行っております。このイベントも、「誰でもどうぞ」というものではなく、会員様限定はもちろんですが、しっかりと返信はがきを頂いて、準備をします。

なかはらや倶楽部の特典は何回でも受けられ、会員様だけでなく会員様の親族の方でも大丈夫です。

なかはらや倶楽部の特典の一つに生前予約システムというのがあります。

「以前は、葬儀を事前に考えるなんて、不謹慎・・。」という考えのようでしたが、最近は「知らないよりも知っていた方がよい」ということで事前にご相談される方が多く、1日に何組もの方がご来社して不安を払拭されていきます。確かに知らないと葬儀の選択はできませんが、いろいろと情報や知識などあれば心強いと思います。そういう方の中で、当社の倶楽部会員の趣旨に合う方は会員の申し込みをされています。

創業90年の積み重ねで多くの資料があり、昔の川崎の葬儀のことなど歴史を知っております。

温故知新というように、なんでも今は今、今が大切というのも分かりますが、ご先祖様がいらっしゃってのご両親、ご両親がいらっしゃっての私達です。昔のことも素晴らしいことであり、あくまでも昔があって今があり、私は昔に今に感謝致します。

 

関連記事  冠婚葬祭互助会と「なかはらや倶楽部」会員制度の違い

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

天昇閣ホール、コールドルーム等 中原屋の施設の紹介をさせていただきます

2014年1月13日 10:45

昨年、やすらぎホールの紹介をさせて頂きましたので、

今回は、その他の施設の紹介をさせていただきます。

まず、天昇閣ホール中原屋

こちらは家族葬によくご利用いただきますが、葬儀後の法事で利用していただくことも多数ございます。

靴を脱いで上がっていただきますが床暖房のじゅうたんですので、冬場でも暖かく、

皆様くつろぎながら式を迎えていらっしゃいます。

例えば通夜後は、祭壇の前にお膳を並べてお斎をされたり、

法事後は、そのままそこでテーブルを並べて精進料理を召し上がります。

2階に上がるには階段をご利用いただくことになりますので、不便をおかけしますが、

料金はその分抑えて提供させていただいており、

両日ですと5万円で、法事の1日ですと3万円となっています。

やすらぎホールは、会葬者が大勢来られる時に、

天昇閣ホールは、一般の会葬者が少ないまたは無い場合にお奨めしております。

次に、お別れホールですが、

こちらは、今はまったく葬儀をしないで、火葬だけされる方もいらっしゃいますので、

その家族の方々に出棺の日時にお集まりいただきまして、「お別れの儀」としてお花をお手向けしたり、

お線香をお上げしてお弔いをお時間までゆっくりしていただきます。

火葬場でも炉に入るまえに告別ルームがありますので、そこでもお香をあげられますが、

家族や親せきの皆様にしっかりお別れをしていただいたり、

副葬品をお入れしたりしてゆっくりお別れをされるには、

当社のお別れ用のホールをご利用された方が、気兼ねしないと思います。

急にお寺様をお呼びになるときにでも、対応できますし…。

 お預かり施設は、ご逝去されて、病院や施設から様々なご事情で自宅に戻ることができない場合に、

ご遺体をお預かりする施設です。

今は、葬儀を依頼される大半が、ご遺体を当社の霊安室にご安置されています。

その際、寝台車でのお迎えは、24時間365日対応しております。

中には、もちろんご自宅に戻られる方もおります。その際は、当社の方でドライアイスや、お線香などの

準備をさせていただきます。(キリスト教用、神道用の葬具も当社で、常にございます)

火葬場の空き状況などで、葬儀の日程までお待ちになるような場合には、

当社にはコールドルームもあります。

ご遺体の状態が悪くならないように、そのままを保ちながら、葬儀を迎えられるよう、

様々なコールドルームがあり、4度で室温を一定にしているお部屋や、

マイナス20度まで下げられるお部屋、または、

小ホールと併設されているお部屋もありますので、状況によりご利用いただいております。

病院から火葬場へ直接行けますか、というご質問を頂くことがありますが、

火葬予約や、火葬許可証などをとってからになりますので、それは不可能です。

また、火葬場にお寺様をお呼びして、お経をあげていただくことは?

と言うご質問もいただきます。

こちらは火葬場の告別ホールでお寺様にお経をあげていただくことは可能です。

その際は、お布施をお渡しするようになりますので、ご準備ください。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

葬祭ディレクターとは

2013年12月25日 16:04

厚生労働省認定の「葬祭ディレクター技能審査」制度は、葬祭業界に働く人にとって必要な知識や技能のレベルを審査し、認定する制度です。葬祭業界に働く人々の、より一層の知識・技能の向上を図ることと併せて、社会的地位の向上を図ることを目的としています。

等級は1級と2級があり、1級は社葬や合同葬など大型葬儀を担当責任できる技量ということで、2級は通常の個人葬を仕切り担当責任できる技量ということです。知識と技量がないと現場で葬儀を執り行うなど怖くてできないと思います。

私も1級を取得しております。

試験は、厚労省に届け出た規程に基づき葬祭ディレクター技能審査協会(平成7年設立)が実施しており、葬祭ディレクター(1級、2級)の認定は試験結果に基づき本協会が行っています。

私が取得したときは、学科試験と実技試験がありました。

学科試験は、結構細かいところまで出題されます。

実技試験は、司会や幕張りがあります。

幕張りは、すべて決まっている大きさで(ヒダの幅までも)30分間にバック幕、左右、シャンデリア2ツ、水引き、テーブル幕を1センチ以内の誤差で行うというものでした。

幕張り小

私は、京都の丁稚奉公でもかなりやっていたので、幕張りには自信がありました。京都では自宅葬が多かったので、天井まで幕を張る「天張り」までしっかりやるんです。先輩たちからは、手取り足取りなんて教えてもらえませんので、片付ける時に画びょうを一個一個取りながら覚えました。しかし厳しい先輩だと「幕張りなんかまだ早い」と、いっきに幕を引っ張って外してしまうんです(*_*; 磁石の画びょう取りがあり、それで画びょうをとりながら眺めていたりもしました(^^ゞ  余計な話でした・・・

さて、では資格を持っていたら信頼できるということでしょうか? ある程度の知識技量があるという目安にはなると思いますが、信頼できるできないというのは現場での経験から培われた「現場力」だと思います。現場では、確認と段取りが重要です。

あってはならないことですが、簡単な例を紹介しますと、通夜時に礼状と返礼品の確認をしていた際、字の間違いや品物の間違いがあったとします。すぐに修正や変更をしますが、通夜に間に合わないとなりません。よって万が一間違いがあっても修正や変更が可能な時間を予測して喪主に確認する必要があります。こういうことが「現場力」です。「間違ってました。すみません。」では、すみません。ほんとうに簡単な例えですが、そういうことの連続が現場なのです。

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

やすらぎホール中原屋のご紹介 (2)

2013年12月20日 19:02

今回は、やすらぎホール中原屋について、ご利用の観点からご紹介したいと思います。

やすらぎホール中原屋は1F・2Fとありますが、全館ご使用で15万円(会員10万円)、半館ご使用の場合は、10万円(会員8万円)です。通夜日と葬儀日の2日間の料金です。

ホールの使用料は決めていますが、祭壇の料金は予算によって決められ、経済的です。(他の葬儀社さんの中には、ホール料は無料で、祭壇の料金が決まっているというケースもあるようですので、お見積りの際にはご注意ください。)

ご利用時間は、前の当家が出棺してから飾り変えしますので、通夜日は4時くらいから、葬儀日は火葬場から戻ってきて初七日法要し、食事が終了までご利用いただけます。

会葬者は300名くらいまで大丈夫です。

ホールには、20畳くらいの広さの親族控室、24時間受け入れ可能の霊安室、誰でもご利用可能な更衣室があります。

宿泊可能で、布団は宿泊される方の人数分をご用意します。

バスルームや給湯設備もあります。

コーヒーは無料でご用意しております。

ご年配の方々は咳き込まれることも多いので、アメがたくさん置いてあります。みなさん、いつもまとめて持って行かれたりもします。

冬は加湿器もたくさん使用していますし、PM-2.5対策として、強力な空気清浄器を各ホールに設置しています。

身障者用のトイレが一番手前にありますので、そういう点でも優しいホールです。

宗教、宗派問わずにご利用いただけます。また、葬儀以外、例えば法事等でもご利用いただけますが、法要ですと通常はファミリーホール天昇閣をご利用いただいています。

川崎駅から徒歩で10分~15分くらい。バスですと二つ目の停留所、タクシーですとワンメーターの距離です。またご要望があれば、送迎シャトルバスもあります。送迎ミニバス

前回のブログと2回にわたり、やすらぎホール中原屋について詳しくご紹介させていただきました。ご利用いただいた皆様から、ご好評の声をいただいております。ありがとうございます。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

やすらぎホール中原屋のご紹介

2013年11月25日 17:26

みなさまにお使いいただき、ご好評をいただいております「やすらぎホール中原屋」には、数々の「こだわり」があります。

今回は、こちらホールのご紹介をしたいと思います。

当社のメインホールの一つ「やすらぎホール中原屋」は、杉山昌司先生に設計をしていただきました。

杉山昌司先生は、私も入会しております「日本葬送文化学会」の常任理事でいらっしゃいます。先生は、葬送全般についての造詣が深く、機能的で、合理性があり、なおかつ利用者のメンタル面にも充分に配慮した施設作りに定評があります。

 1981年 赤羽法善寺葬斎場の設計を手始めに、東京板橋戸田火葬場、及び、東京・埼玉・神奈川・千葉・山梨・長野・栃木・新潟の各地葬斎場の設計をされた実績をお持ちです。

杉山先生が設計されたということで、当社のホールには多くの同業者の方々が見学にいらっしゃいました。

全国はもとより韓国や中国からもいらっしゃいました。

我々が使いやすいのは当然ですが、ご遺族様、ご会葬者の方々にもとても優しいホールです。

設計のみならず、ご遺族様、ご会葬者様に気持ち良く過ごしていただけるよう私共がこだわっていること・知っていただきたいこともたくさんありますので、以下、お読みください。

やすらぎホール外観

<いつもピカピカ☆>

2005年に建設されてから8年になりますが、メンテナンスの回数は必要以上にいれ、定期的に大掛かりなクリーニングもしておりますので、皆様から「ピカピカで、できたばかりのようですね」と驚かれます。

<自慢の装飾品>

建物の外装には華美な装飾はしておりませんが、ホールの中は、装飾を施し常時綺麗にしています。

 たとえば、各所にシャンデリアがありますが、エントランスには某大使館にあるものと同じチェコのスワロフスキーのシャンデリアがあります。

DSC00173 DSC00174

ホールのあちらこちらには、多数の胡蝶蘭のロングを飾っております。

また、2階の会食室に行くまでのエントランスには、有名な方々の絵画がいくつも飾られてます。どのような絵画が飾られているのか、ぜひ一度ホールのご見学にいらしてください。すべて本物です!ですから絵画をよくご存じの方はびっくりされます!

DSC00181 DSC00176 DSC00175

DSC00179 DSC00181

 寺院控室には、人間国宝の○○○まで床の間に飾ってあります。その横に茶碗があるのですが、それはもう世界に一つだけの茶碗です。寺院控室なので、一般の方は入れず、ご覧いただけないのが残念ですが・・。DSC00172 DSC00186

 各所を彩る花は、その都度、花屋さんに新しい花を活けていただいています。

<快適な空調>

空調の循環に気を配り、会葬者がどちらにいらしても、同じ温度に感じられるようにしております。

10月には、夜間出入り口にもう一枚ウッドの扉を取り付けたので、冷暖房も格段アップしました。

また、24時間365日空気清浄してます。

<静かな空間>

国道の横ということで、ホール内にひびく騒音が心配されがちですが、そんなことはありません!

ご見学いただくとわかりますが、とても静かです。

 エントランスはタイルですが、式場内は足音が響かないようにジュータンにしています。

お寺様の袈裟の音まで聞こえるようです。

<やさしい階段>

 エレベータはありますが、階段も着物をお召しになられた方が歩きやすいように段差を最小限にしています。手すりは、ご年配の方向けに上下ダブルで取り付け、グリップは小さくして握りやすくしています。

<ご遺族様の利便性>

遺族控室には、通夜室という別の部屋が設けられています。

この部屋は、通夜が終わったあとに故人様をお連れして一晩中一緒にいれれる部屋とつながってます。

 扉がありますから、同じ家族の方でも、体を休まれる方は電気を消して就寝され、一晩中夜を通す方はその続きの間でそばにいられるのです。

 疲れをいやしていただけるよう、マッサージ機も用意しています。

遺族控室専用の公衆電話があるので、携帯電話のない方は、直接外からの電話を受けられます。

<安全面への配慮>

防犯面では、香典などがあるわけですから金庫はもちろん完備し、防犯カメラもあります。

そして何よりも心強いのがホールの真ん前が幸警察署なのです。よくパトカーでパトロールされてます。(出庫入庫が目の前ですから)

安全面でもう一つ。ホールの建物(2階建て)の基礎は23メートルの杭が25本入っております。耐震に強い建物であり、大型の自家発電機も完備してます。実際に2011年の計画停電中に通夜をやりました。他が真っ暗の中、ホールだけが明々とついていて、会食も通常通りにおこなえた実績があります。

非常袋も完備しております。

まだまだお話しすることが山ほどありますが、長くなりますので、この辺りにしておきます。

ご興味を持っていただけた方は、ホールまでぜひお問い合せください。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

本位牌の種類と選び方

2013年11月13日 11:51

四十九日の法要までに準備をする”塗りの位牌”(本位牌)には、漆を塗ったものや、黒檀、紫檀など様々な素材のものがあります。形も猫丸型、勝美型、春日型などたくさんありますので、一度仏壇店などでご覧になって選ばれた方が良いです。当然大きさもたくさんありますし、値段も違いますから。

宗派によって位牌の形が変わることは無く、基本的に購入される方の好きな形のものを選びます。

位牌が決まったら、表に戒名と没日、裏に俗名と年齢をいれます。

位牌書き方1

戒名がない場合には、俗名で本位牌を作られる方もいらっしゃいます。

例えば無宗教で葬儀を行ったけれども、何か手を合わせる対象物が欲しいということで位牌を注文される場合です。

(当然位牌だけでなく、今は手元供養品もたくさんありますので、そちらに手を合わされてもいいでしょう。)

また、費用の関係でお寺にお経はお願いしたけれども戒名は頂かなかったという場合にも、俗名でお作りになります。火葬場の炉前でのお経だけという方も最近は増えましたので。

ところでこの位牌、家によっては多くなってしまって扱いに困る場合があります。このような場合には、札が何本も入っている「繰り出し位牌」にしてまとめてしまうという方もいらっしゃいます。

※最後に、浄土真宗の場合についてお話しいたします。

浄土真宗の場合、葬儀で白木のお位牌は使用しますが、塗りの位牌は用いません。

過去帳に書き示したり、仏壇に法名軸の掛け軸をされるのが通常です。

しかし実際には、浄土真宗の方でも塗り位牌を購入される方はいらっしゃいます。

◆◆◆ナルホドばなし◆◆◆

通夜の説法でお寺さんがよく「この世あの世は、位牌の厚さ、つまり表と裏」というお話をされます。

どういうことかわかりますか?

この世とあの世は、表面と裏面で「一体」。

表があるから裏があるように、お互いに別々ですが、二つがあって初めて完全になる。

つまり、この世とあの世はつながっているのですよということです。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

”白木の位牌”(仮位牌)と”塗りの位牌”(本位牌)について

2013年11月6日 14:43

位牌とは何か、どういう意味をもつものか、ご存知ですか?

位牌とは、仏教の葬儀で霊を祀るために使われる木製のふだで、死者の霊が宿るものとされます。

白木の位牌は通常、僧侶にお経をあげて頂く時に必要で、葬儀社が用意します。(当社では、札の大きさが30センチのものを用意しています。)

通常は、表に戒名や法号・法名・死亡年月日が書かれ、裏面に俗名や年齢などが書かれます。

位牌書き方1

お寺にお経はお願いしたけれども戒名は頂かなかったという方は、俗名でお作りになる方もいらっしゃいます。例えば、火葬場の炉前でのお経だけという方も最近は増えましたので、そのような場合は俗名でつくります。

以前にもお話ししましたが、四十九日法要までは”白木の位牌”(仮位牌)を用い、四十九日を過ぎたら”塗りの位牌”(本位牌)にします。

白木の位牌は、塗りの位牌に変えるまでの間、四十九日(三十五日)までの間に用いるので、「仮位牌」と呼びます。

川崎では、ご位牌を持つ方は喪主です。そして別の方が、遺影写真と、火葬場からの帰りには骨瓶を持ちます。

この仮位牌は、葬儀後の仮祭壇に、お骨と遺影写真と共に安置します。

そして四十九日法要の際に、お寺に納めます。(当社でも「お焚き上げ」を行っております。)

それと同時に、塗り位牌への魂入れもします。

本位牌は、仏壇店で購入できます。(当社でも販売しております。)

次回は、本位牌の種類と選び方についてお話ししたいと思います。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター