株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

お盆のころ、火葬場は混雑?

2017年9月30日 10:54

今年の夏、東京の火葬場は特に混み合い、亡くなってから葬儀まで
10日も待ったという話を聞きました。

確かに込み合う時は、集中してしまう時もあり、

毎年なぜかお盆の前後は、仕事がいっきに立て込みます。

1年を通して、暑い時又は寒い時は亡くなる方が多くなり、
火葬場が込み合う傾向はあるようです。

暑い夏、10日も待つのでは、ご遺体は大丈夫なのだろうか。
状態を保つためにドライアイス代など余分な費用がかかってしまうのではと
心配される方もいらっしゃるでしょう。

そうですね。ドライアイス代、ご安置代は各葬儀社様によって違いますが、
1日にいくらかはかかると思います。

当社を例にしますと、ドライアイス代は8,000円、ご安置代は当社施行の場合は無料です。

当社安置ですと、下記のようなコールドルームがあり、

そちらに安置(無料)しますので、毎日のドライアイス代は必要ありません。

ただし、まったく必要ないかというとそうでもないです。
コールドルームはマイナス20度まで下げられますが、
長期間ですと顔が赤くなってしまいます。

3度くらいの設定で、安置期間が長い場合は、
3~5日に一度はドライアイスをお手当します。

火葬場の予約がとれなくて葬儀難民が増えているという話しも聞いたことがありますが、

火葬場は、市営や区営、民営がありますので、日程的なことを優先されるお客様には、
何か所もある火葬場をあたり希望の日程でお探します。

ですので10日待たないと絶対に火葬が出来ないということはありません。

打合せ時に、火葬場の空き情報を見ながら決められると良いと思います。

葬儀社によっては「火葬場の都合で・・・」というように、
コントロールされることがあるということを聞いたことがありますので、お気を付け下さい。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

本人による事前相談と家族による事前相談(その2)

2016年12月5日 23:46

前回「本人による事前相談と家族による事前相談(その1)」でも話しましたが、当社に事前に相談にこられても、他社で葬儀を行ってかまいません。
契約という形でもなければ、そういった拘束もありません。自由です。

細かく見積りを出してほしいという方もいれば、おおまかに葬儀という内容を知りたいということもありますので、 相談したから絶対その葬儀社で行わないとならないというわけではありません。

事前に相談されていますと、お客様の要望がすでに分かりますので、そういう点で任せて安心ということはあると思います。
ただし本人が事前相談にいらっしゃって決めていても、家族で内容を変更されることはありますので、打合せの時にいろいろと相談します。

気をつけていただきたいのは、料金です。
たいていの家族の方は、本人が生前に言っていたことを、そのまま行う家族の方が多いです。
本人の意志を尊重されるケースが多いですし、しっかりと意志を受け継いでいらっしゃいます。
けれども、料金を事前に提示してから何年も経過すると料金設定が変更になっていることもありますので、確認された方がいいです。

最後に事前相談に家族や近親者がいらっしゃる場合の当社の対応について。

事前の相談をしたということは本人に言わないでほしいという方がいらっしゃいます。
当社から、事前相談にこられた方に改めて連絡をしたり、郵送をしたりするようなことは一切しません。
逆に、「事前相談に行ってから何も連絡してこないので、うちの葬儀はしたくないのかと思った」とおっしゃるお客様もいらっしゃいます(~_~;)

当社から連絡するということはありませんし、書類などを郵送させていただく際にはお客様の要望で社名のない袋等を使用することもできます。
もちろんご要望に応じて、社名のない車でおじゃますることもあります。

どうぞ安心して事前相談にいらっしゃってください。

 

<関連ブログ>

本人による事前相談と家族による事前相談(その1)

事前相談でよくある質問

安心して事前相談を。 後で葬儀内容を変更することも可能です。

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

本人による事前相談と家族による事前相談(その1)

2016年11月21日 02:41

近年、葬儀の事前相談がテレビや雑誌でとりあげられることが増えてきました。

当社の場合、事前相談にはご家族様(近親者)がご来社されるケースが多いです。
もちろん、ご本人様が来られることもあります。

あくまでも事前相談という形で、葬儀費用の確認と葬儀の流れを話します。

当社では、事前に前受金を頂いての契約などはしませんので、その場(事前相談に来社した時点)で必ず決定しないといけないわけではありません。
本当に何となくの話しをされ、聞きに来社される方もいらっしゃいます。
資料だけ下さいという方もいらっしゃいます。

固い形での事前契約というのではありませんので、家族葬で考えられた方でも実際は通常に会葬者を呼ばれる一般的な葬儀にされた方もいらっしゃいます。

事前にはお寺様をご紹介してほしいという話しで進めていましたが、実際の葬儀の打合せの時は、
無宗教でお寺様を呼ばずに葬儀をされた方もいらっしゃいます。

ですので当社では、事前相談の時には知らないよりも知っていた方が不安ではないという感じでお話しをします。
当社に事前相談されても他社で施行されてもかまいません。
項目の料金によっては、当社の方が他社よりも高い項目もありますし、または安い項目もあります。
葬儀会社によって料金設定は様々ですので、何社か伺って見積りを取られた方が良いという話しもします。

例えば当社にはありませんが、葬儀会社によっては「葬儀運営費」「葬儀施行費」「葬儀管理費」等という項目で料金が発生したりもします。その金額も5万~15万など様々です。

事前相談される際は、何社かの葬儀社と比較された方が良いと思います。
基準というか基本が1社だけですと不明確ですので。

また、分からないことはしつこく、細かく聞かれた方が良いです。
納得いくまで聞き、帰っても心配や不安があれば、電話で良いので、再度聞いた方が良いと思います。
選択枠はたくさん知っていた方が、より自分のお気持ちに沿う葬儀を行うことができると思います。

そして相談は、メールや電話だけでなく、実際にその会社に伺った方が、その会社の社風やカラーが分かると思います。

 

<関連ブログ>

本人による事前相談と家族による事前相談(その2)

事前相談でよくある質問

安心して事前相談を。 後で葬儀内容を変更することも可能です。

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「陰膳」 ~法事の席では~

2016年10月19日 16:35

法事の席で食事(精進料理など)の用意をする際は、故人様に対してお供えします。

何回忌までという決まりはなく、用意する、しないは、ご家族様が決められています。
仏壇に仏飯やお水、お茶などをお供えするのに、いつまで用意するという期限はないと思います。
故人様、佛様に対しての供養の気持ちであると思います。

「陰膳」の献立は、おひたし、煮物、汁、ご飯などでしょうが、当社の陰膳を添付しておきました。

dsc00975

もちろん、会食する方たちと同じお膳を用意する家族もおられます。

陰膳は、位牌、写真の前に並べます。
並べ方は、故人様からみて(位牌から見て)手前にご飯、奥におかずのようですが、そこまで細かく、置き方にこだわる方は少ないです。
お供えするということが大切だと思います。
会食される方からみて不自然である時は、正面を御直しすることもあります。

例えば、献花などする際、本来であれば故人様の方に花をむけますが、会葬者に茎ばかりみえると見栄えが悪いので、献花の時は逆に花を会葬者の方にむけて正面を逆にしてお供えすることが多いです。

会食後、陰膳の料理は召し上がる方もいらっしゃいますが、手をつけない方もおります。
本来はお供えしたものを皆で分けて召し上がるのが良いとは思いますが、絶対に残さずお供えしたものは全部召し上がらなくてはいけないということでなく残される方もおります。処分してくださいという方もおります。
ビールなどをコップについでお供えした場合などは、たいてい飲まずに処分しています。

斎場やレストランで会食した場合は、持ち帰りはご遠慮下さいという料理屋が多いです。
すぐに食べればよいですが、皆さま食べられるタイミングが違いますので、万が一ということがあるのではないでしょうか。
火を通した食べ物であっても、持ち帰りはダメであることが多いです。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「陰膳」 ~通夜と葬儀の席では~

2016年10月19日 16:13

「仏膳」という言い方もします。
故人様に対して、初七日法要などの際の席で用意します。

当家によって取り分けられる方もおられますが、用意してほしいという方もおられます。

皆様で召し上がる物と同じ陰膳(4000円~6000円)をお出しする場合もありますが、当社で出している陰膳を添付しておきます。1000円と1500円です。

陰膳1  dsc00975

生きている方が長旅に出られる時に家族の方が無事に帰る願いを込めて供えることがありました。
そのゆえんで葬儀では宗派によって49日の旅に出られるということからお供えするようになったのではないでしょうか。

例えば、浄土真宗や日蓮正宗や創価学会の葬儀では、即身成仏で旅にでることがないので、絶対用意してはいけないということではありませんが、陰膳の用意はしません。

通夜の席では、故人様にお膳という形ではなく、お皿などに皆様が召し上がっているオードブルやお寿司を取り分けてお供えします。飲物も。

あくる日の精進料理では上記のような陰膳を用意します。
もちろん、絶対というわけではありませんが、用意する方が多いです。故人様の供養の席ですので。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「密葬」「家族葬」「直葬」の違いわかりますか? その③ 訃報の知らせ方

2016年10月5日 16:14

密葬・家族葬・直葬でも親しかった方には伝えるケースがあり、訃報の範囲や伝え方は当家の判断によります。

口コミやネットを利用する方もいれば、電話での連絡、または、ファックスで流す方もおります。

「この度は家族葬で行います」という表記をすると遠慮される方もおりますが、その方自身が家族ぐるみのお付き合いのあった方などは、お見えになります。

ご弔問に行く方側にすると「家族だけで行いたいのだから、そっと静かに見守りたい」という方もあれば、「私達は家族同等であり、家族葬うんぬんよりもお亡くなりなったことをお知らせ頂いたのだからいく」という方も。

完全に家族葬で誰もお付き合いがないので連絡しないという当家の場合は、当然ご弔問の方はいらっしゃりません。
訃報を流さなければ分からないことなのです。

葬儀が終わってから「欠礼案内」を流される方もおります。(当社にはそのフォームもあります)
または、流さずに知らせないという方もおります。

町会の方から「この頃は町会にも教えない」というお言葉を良く聞きます。
当社は業者ですから、お客様のご意向の元、葬儀を行ったことが外部へ漏れないようにする守秘義務があります。
後から地元の方に「なんだよ、知っていたなら教えてくれればよかったのに。」と言われることが度々ありますが、業者だから余計にお話しできないんですよ。と答えます。
「〇〇さんには特に教えないですよ」とブラックジョークをします。それが信頼なのです。

密葬・家族葬・直葬でも「せめて香奠だけでも」「せめて焼香だけでも」と言ってこられることがあります。
受け取る方は、どのような形式のお葬式でも受け取りますし、一般葬でも香奠やご供花を辞退される方はおります。

上手な渡し方というか、当家の判断で行います。
良くご存知で、どうしてもお世話になった方だからということで、香奠をお渡ししたいのならば、喪主だけの時に(一切誰も周りにいない時に)渡されると受け取って頂ける事が多いです。

密葬・家族葬・直葬といっても、その家族とのお付き合いの度合い、かかわり方によって本当に様々なので、知らせを受けた時にこうするのが通常ですとかは伝えにくいです。

そんなに知らない、付き合いもない方が家族葬にご弔問することは、おそらく遠慮されるであろうと思いますし、良くご存知で生前の付き合い方が深い方は、家族葬でという知らせであってもすぐにご弔問に伺う方もおります。

知らせを聞いた方が感じ行動に起こすことが正解のマナーのように感じます。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「密葬」「家族葬」「直葬」の違いわかりますか? その①

2016年9月28日 16:57

「密葬」とは、近親者だけで行い、友人知人、会社、近所などには案内しません。
(よほど親しかった方だけは、呼ぶケースもあります。)

後日、本葬という形で行い、その際に皆様へ訃報の案内をして来て頂くことがあります。
もちろん近親者だけの密葬で終わらす方もおります。

「家族葬」とは、家族主体で葬儀を行います。
100才という高齢の方ですと、家族だけで50名近くなることもあります。

親戚の方も親しい範囲で呼ぶことはあり、その範囲に制約や規律はなく、家族の方が相談して決められます。

家族葬で行って、予想以上の会葬者が来られたということはよくあるケースです。

まわりの方に家族葬でも言わないとまずいかもしれないということで、「この度は家族葬で行います」と訃報を流すことがありますが、とても親しかった方(家族ぐるみでの付きあいなど)はそれでも弔問に来られることがあります。

今では、町会の掲示版や回覧板で家族葬で行いますというと、たいていはご遠慮されますが、訃報を流すということは、相手に来ないでくださいとは案内できないので、よくご存知の方はご弔問にお見えになることもあります。

家族葬で行い葬儀後に「この度は故人の意志により身内のみで行いました。」と流す方もおります。

もちろん、完全に家族葬で行う場合で、他に誰も呼ばないケースは、ご案内を一切流さないという方もいます。

「直葬」とは「直送」のことで、火葬場に直接送っていくということの言い回しが「直葬」になったと聞きました。戦後の話しだそうです。
よって今でも、火葬のみの場合は「直葬」といいます。

でも炉前での読経や、出棺の際のお花などのご注文、家に飾る遺影写真の注文はあります。
当社では、家族葬や直葬で行った方のアフターサービスは、より丁寧に行って、当家にご不便がないようにしております。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「葬儀」「葬式」「告別式」の違いわかりますか? ①葬儀とは?

2016年9月8日 02:40

「葬儀」とは「葬送儀礼」の略です。

「葬儀」には、
社会的な役割(例えば死亡届を役所に提出したり、相続の手続きなど)、
物理的な役割(ご遺体を火葬したり、埋葬したりなど)、
御霊を祈り鎮める役割(例えばお寺様を呼んでお経をあげたり、仏壇を用意してこれから先の先祖供養を行ったりなど)、
ご遺族様の感情的なことの役割(死を受け入れると共に、悲しみ・心の痛みを永い時間をかけて和らげる)
以上の意味があると良く言われます。

当社では、次の様に心しています。
「古代より人々に受け継がれている葬送儀礼とは、お弔いを行う儀礼であり、御霊を鎮め祈り願うことである。 そのことからも儀礼文化の中で葬送儀礼は人間の尊厳に一番近い部分である。」

ですので、我々はその生業に携わる者であるということの理解と誇りを肝に銘じて全力で成すことと当社の展望で毎朝斉唱しております。

葬儀とは衣食住を含む人の総合文化であると思われます。

 

<関連ブログ>

「葬儀」「葬式」「告別式」の違いわかりますか? ②葬式とは?

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

生活保護から支給される葬祭費と当社の特別割引でゆっくりお別れを。

2016年6月20日 11:50

川崎でいうと生活保護受給者が生活保護から支給される葬祭費の範囲内で行う葬儀ことを「福祉葬」「生活保護葬」「民生葬」とよぶことがあるようです。

おおよそ20万円前後で出される項目は、火葬する上で最小限に必要な範囲です。
棺代、火葬料、骨瓶代、霊柩車料、ドライアイス、搬送料、安置料です。
例えば警察が介入した際は、先生に見て頂く検案料も出ます。

ここで、大切なことは、例えばお寺様にお経をあげてもらう、お花や供物を用意する、火葬場までのタクシーを用意するなどという費用は支給されず家族負担になります。
上記の火葬での必要費とは別に必要となります。

その際、福祉担当者の見解においては、上記の費用を出せる余裕があれば、火葬する上で必要な範囲の費用も出してくださいと言われるケースがあります。
福祉の担当の方との相談が必要になります。

当社では、福祉の方におかれては、少しでも負担を減らすように特別割引があります。
出棺場所のホール代はサービスしております。

火葬場で待ち合わせされる方もいらっしゃいますが、できれば当社でゆっくりお線香をお上げして、ゆっくり拝顔しお別れして頂けるようにしております。
火葬場ですと、なかなかそうもいきませんので、当社においてはそれも可能です。
何人お別れにいらしてもゆっくりできます。

福祉受給者での葬儀を行う際は、当社はとても安価にしております。
90有余年の歴史の中で、地元奉仕を見えるように分かるようにお伝えできれば有難いと思います。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

自殺も事故死も病死も辛さは同じ。変わらないご奉仕を心がけています。

2016年4月14日 10:56

そもそも自殺の場合は、訃報案内に死亡要因を自殺と記載する方はおりません。
よって周りの方(参列者)は、死因が自殺であっても病死や事故死の場合と同じように香奠、弔電を出されて良いと思います。

内々で葬儀を行う際は、知らせることがないので、香奠、弔電は渡しようがないと思います。

けれども家族葬で、ごく親しい方へお知らせする場合には、香奠を持参された方が良いと思います。

人づてで自殺であるということが分かっていた場合、葬儀でご遺族に何と言葉をかけようかと迷うかもしれませんが、構えて接するようなことは避けた方が良いと思います。
病死や事故死の場合もそうですが、「励ます」というのはとても難しく、避けた方が無難なような気がします。
「頑張って」とか「気を落とさないように」と言われるより、そっとしてほしいような気がします。

このあたりの気持ちの添い方は、こうしないといけない、このようにするというルールなどないと思います。
自殺などの場合は、対面をさせたくない意向の方もおられますので、ご遺族の意向に添いながらの方が良いです。

自殺の場合は警察が間に入り、死体検案書を発行します。こちらを役所に提出して、埋火葬許可書を頂きます。

中学生の自殺や介護疲れからの自殺など、自殺にも様々なケースがあります。
当然、自殺された方の葬儀を行います。突然のことで、ご遺族様のお気持ちは表現できるようなことではありません。

そのような状態で、葬儀の打合せを進めて参ります。
より分かりやすくご説明しても頭に入らないことが多いので、何度も何度も繰り返し、お話しをさせて頂きます。

様々なケースの経験をした当社のスタッフが、的確にアドバイスしていきます。
相手のお気持ちを第一に考えながら一言一言お話ししていきます。
おそらくご遺族様は、何が分からないのかが分からないのでありますから、こういうことが分からないだろう、こういうことが聞きたいであろうことを先読みして、お話するようにしています。

自殺の方も病死や事故死の方も当然同じ辛さですので、変わらないご奉仕を心掛けています。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター