株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

短時間での葬儀社選び。インターネットで探す際には・・・その2

2017年7月24日 09:31

旅館やホテルなどを探す感覚で葬儀社を調べると思いますが、
一生に一度きりのやり直しがきかない大切な方のご葬儀ですので、慎重になることでしょう。

旅館やホテルでしたら次はもう二度と行かないで済みますが、葬儀には二度はありませんから。

葬儀では色々なケースに対する臨機応変さが必要となりますから、
経験が豊富である方が対応力も良いと思います。

昔と今では葬儀のやり方が違うので、古ければ良いというものではないという方もいらっしゃいますが、
古い葬儀社はそれだけの経験をした上で、今の葬儀にも対応していますので、
なおさら安心であると思います。

老舗の葬儀社で、評判がよくなければとっくになくなっています。

どの職種でも同じであると思います。

お客様に必要とされて残っている業者は、信頼のある安心なところであると思います。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

短時間での葬儀社選び。インターネットで探す際には・・・その1

2017年6月23日 12:29

インターネットで葬儀社を探すと言っても、インターネットでは、よく分からないと思います。

実際に公営の式場や施設を、あたかも自分の式場や自分の施設のような案内をしている業者もあります。
そのホームページは、どの葬儀社よりもおそらく良くできていて、画像がとても綺麗であることが多いと思います。

では追加料金があるかないかというのが、業者の善し悪しの判断に使えるかというと…、
それもとても難しく、お客様の要望で、例えばバスや料理、生花などを追加した結果、
料金が上がるということもあります。

お客様が知らないうちに追加料金があるような悪い会社は今時ないのではないでしょうか。
そんな業者がいたら、警察沙汰です。
 
アンケートやお客様の声というのを出されている会社もありますが、
クレームのアンケートや悪い評判のアンケートも出しているようならば正直で安心ではないでしょうか。

ちなみに当社では、アンケートは社内掲示板に一定期間貼り付けて、社員間で情報共有しております。
業者様やお客様も見ることができて、来社された際の待ち時間にご覧になる方もいらっしゃいます。
このアンケートは、良い点も反省点もしっかり明記しています。(改善点はすぐに対応します。)

アンケートの良し悪しを判断するのも簡単ではありません。
施行件数が月に5件~10件で年間に120件という会社のアンケートと、
月の施行件数が100件で年間1200件という会社のアンケートでは、
比較できないところもあると思います。

葬儀とは限らず、建築でもそうではないでしょうか。

月に5棟の家を建築している会社がお客様から100%の満足をいただいているというのと、
月に100棟の建築をしている会社がお客様から100%の満足をいただいているという会社を
比較するのは、バランスが悪く思えます。

前もって実際に葬儀社さんへ行き、その会社の雰囲気をみて、担当者と話しをしてみること。
そしておおよそでも見積りまたは料金表をもらうことが大切であると思います。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

短時間で葬儀社を選ばなくてはならなくなった!!大丈夫?!

2017年5月29日 09:47

「霊安室からできるだけ早く搬送していただきたいので、至急、決めている葬儀社に連絡をしてください。
決まっていなければ病院に出入りの葬儀業者を紹介します。」
病院等から、このような案内があると、不安になることでしょう。

時間的制約で業者を斡旋されるのは、どうかと思いますが、
その時点で、インターネットや電話帳で探したりするのはリスクがあります。

大切なお身内様がご逝去され、ご心痛ははかりしれません。
また、まったく心に余裕がなく、頭が真っ白な状態で、
正常な判断をするのはとても難しいことであると感じます。

人の葬儀でお世話をして、何でも知っていて、皆さまにアドバイスをされていたような方でも、
いざ自分の身内となると、まったくわからず考える事ができない状態になり、
見ていても目に入らず、聞いていても耳に入らない状態になるということは、

良く聞く話です。

その状態で、インターネットや電話帳から安心で信頼できる葬儀社を探して依頼するのは…。
想像すれば分かることであると思われます。
ですから事前の業者選びは大切であると思います。

その場で決めなければならない時は、やはり誰かに頼る形になるのではないでしょうか。
親切感は、その人の当たりかたで、すぐにわかると思いますが。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

安心して事前相談を。 後で葬儀内容を変更することも可能です。

2016年12月14日 16:16

あくまでも事前相談であって、事前契約というわけでないので、当然実際の葬儀の打合せの際は、喪主の意向をお伺いして決定していきます。

事前相談されても、葬儀の段階でいろいろと変更される方もいらっしゃいます。

故人様と家族様のお話しが済んでいるところに葬儀社が介入して変更していくことはなく、喪主をはじめそのご家族の意向を伺います。

故人様自らが相談していた内容を家族様が納得できない場合や事情が変わって費用が支払えない場合など、もちろん葬儀する前でしたら変更できます。
契約ということではないので、解除というよりは、相談して変更していきます。

亡き故人様の意向だったことも、家族様が様々の事柄を決める重要な要因にもなりますが、あくまでも納得する内容で葬儀を施行致します。
無理しない予算の中で葬儀されることも、残された家族様にとっては大切なことであると思います。

<関連ブログ>

事前相談でよくある質問

本人による事前相談と家族による事前相談(その1)

本人による事前相談と家族による事前相談(その2)

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

事前相談でよくある質問

2016年12月13日 13:52

事前相談でよくお聞きになることとして、お寺様のお布施の件や宗派の件、キリストや神道などの宗教の話しがあります。
仏教で行う場合のお寺様のご紹介や、神道で行う場合の祭主のご紹介についてなどです。
あとは、納骨場所のご相談や、葬儀後の手続きはどのようなことがあるかと聞かれる方もいらっしゃいます。

当社のホームページにチェックシートがありますが、相談に来社された際には、次のことを事前に確認すると良いとお話しをします。

・宗教宗派の確認
・葬儀規模の確認(社葬、一般葬、家族葬など)
・葬儀を行う場所の確認
・もしもの時の連絡先(親戚、友人、町会など)
・宗教家への御礼の額
・納骨される場所の確認
・喪主(代表者)の確認
・ご安置場所の確認(自宅か当社の霊安室か)
・お写真の選定などを事前に確認すると良いとお話しをします。

おおよそ上記の内容を事前に分かっているとよりスムーズであると思います。

事前相談では大まかなお話しであっても、葬儀の打合せの際は、当家と綿密な打ち合わせを行い、当社の施行チェックリストというものもありますので、聞き漏らしや言い忘れのないようにしておりますので、ご安心下さい。

当社が用意しているチェックシートはこちら↓から

http://www.nakaharaya.co.jp/dl/check.html

<関連ブログ>

本人による事前相談と家族による事前相談(その1)

本人による事前相談と家族による事前相談(その2)

安心して事前相談を。 後で葬儀内容を変更することも可能です。

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

本人による事前相談と家族による事前相談(その2)

2016年12月5日 23:46

前回「本人による事前相談と家族による事前相談(その1)」でも話しましたが、当社に事前に相談にこられても、他社で葬儀を行ってかまいません。
契約という形でもなければ、そういった拘束もありません。自由です。

細かく見積りを出してほしいという方もいれば、おおまかに葬儀という内容を知りたいということもありますので、 相談したから絶対その葬儀社で行わないとならないというわけではありません。

事前に相談されていますと、お客様の要望がすでに分かりますので、そういう点で任せて安心ということはあると思います。
ただし本人が事前相談にいらっしゃって決めていても、家族で内容を変更されることはありますので、打合せの時にいろいろと相談します。

気をつけていただきたいのは、料金です。
たいていの家族の方は、本人が生前に言っていたことを、そのまま行う家族の方が多いです。
本人の意志を尊重されるケースが多いですし、しっかりと意志を受け継いでいらっしゃいます。
けれども、料金を事前に提示してから何年も経過すると料金設定が変更になっていることもありますので、確認された方がいいです。

最後に事前相談に家族や近親者がいらっしゃる場合の当社の対応について。

事前の相談をしたということは本人に言わないでほしいという方がいらっしゃいます。
当社から、事前相談にこられた方に改めて連絡をしたり、郵送をしたりするようなことは一切しません。
逆に、「事前相談に行ってから何も連絡してこないので、うちの葬儀はしたくないのかと思った」とおっしゃるお客様もいらっしゃいます(~_~;)

当社から連絡するということはありませんし、書類などを郵送させていただく際にはお客様の要望で社名のない袋等を使用することもできます。
もちろんご要望に応じて、社名のない車でおじゃますることもあります。

どうぞ安心して事前相談にいらっしゃってください。

 

<関連ブログ>

本人による事前相談と家族による事前相談(その1)

事前相談でよくある質問

安心して事前相談を。 後で葬儀内容を変更することも可能です。

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

本人による事前相談と家族による事前相談(その1)

2016年11月21日 02:41

近年、葬儀の事前相談がテレビや雑誌でとりあげられることが増えてきました。

当社の場合、事前相談にはご家族様(近親者)がご来社されるケースが多いです。
もちろん、ご本人様が来られることもあります。

あくまでも事前相談という形で、葬儀費用の確認と葬儀の流れを話します。

当社では、事前に前受金を頂いての契約などはしませんので、その場(事前相談に来社した時点)で必ず決定しないといけないわけではありません。
本当に何となくの話しをされ、聞きに来社される方もいらっしゃいます。
資料だけ下さいという方もいらっしゃいます。

固い形での事前契約というのではありませんので、家族葬で考えられた方でも実際は通常に会葬者を呼ばれる一般的な葬儀にされた方もいらっしゃいます。

事前にはお寺様をご紹介してほしいという話しで進めていましたが、実際の葬儀の打合せの時は、
無宗教でお寺様を呼ばずに葬儀をされた方もいらっしゃいます。

ですので当社では、事前相談の時には知らないよりも知っていた方が不安ではないという感じでお話しをします。
当社に事前相談されても他社で施行されてもかまいません。
項目の料金によっては、当社の方が他社よりも高い項目もありますし、または安い項目もあります。
葬儀会社によって料金設定は様々ですので、何社か伺って見積りを取られた方が良いという話しもします。

例えば当社にはありませんが、葬儀会社によっては「葬儀運営費」「葬儀施行費」「葬儀管理費」等という項目で料金が発生したりもします。その金額も5万~15万など様々です。

事前相談される際は、何社かの葬儀社と比較された方が良いと思います。
基準というか基本が1社だけですと不明確ですので。

また、分からないことはしつこく、細かく聞かれた方が良いです。
納得いくまで聞き、帰っても心配や不安があれば、電話で良いので、再度聞いた方が良いと思います。
選択枠はたくさん知っていた方が、より自分のお気持ちに沿う葬儀を行うことができると思います。

そして相談は、メールや電話だけでなく、実際にその会社に伺った方が、その会社の社風やカラーが分かると思います。

 

<関連ブログ>

本人による事前相談と家族による事前相談(その2)

事前相談でよくある質問

安心して事前相談を。 後で葬儀内容を変更することも可能です。

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

戒名は自分でつけられるの? 生前に戒名を用意する場合に気をつけることは?

2015年11月18日 16:22

戒名を自分でつけてはいけないという法律などはありませんが、葬儀などで使用する際は、お寺様から頂くのが通常です。

自分で考えた戒名でお寺様にお願いしても、それで読経して頂くのは難しいと思います。
(27年間現場に出ていますが、そのような経験はありません)

なぜ自分でつけるのはだめか、またはどうしたら自分で考えた戒名を使えるか、しかも自分で考えるのだから戒名代は無料かなど、今度さりげなく聞いてみます。
聞き方によっては、「大丈夫?」と言われそうです ^_^;

戒名はつけなくてはいけないのか?というと、いろいろなケースがありますので必ずということではありません。

菩提寺が無い場合は、当社でお寺様のご紹介は致しますのでご安心下さい。

戒名を事前に(生前に)お寺様より頂いている方もいらっしゃいます。
でも葬儀の時に頂く方がほとんどです。

戒名を生前に用意する理由としては、自分自身で確認できる、戒名代を自分で払えるということがあります。
では生前に用意していれば葬儀でのお布施は無料かというとそうではなく、通夜、葬儀、初七日の読経代でお布施はかかります。

生前に戒名を用意する場合には、ぜひ以下のことにご注意ください。

檀家なのに菩提寺より頂かなかった場合や宗派が代わったりした場合は用意した戒名を改めないとならないでしょう。

また、こんな例もあります。

地方におられる菩提寺が葬儀に来られない場合、当社でご紹介した僧侶又は、その菩提寺の知り合いの僧侶に葬儀のお経をあげて頂きます。
その際、地方の菩提寺から頂いた戒名が院居士などの上級の尊称がつけられていた場合は、戒名代はかからなくても、お経代だけでも普通の戒名のお経よりは高くなることがあります。

頂く菩提寺や家族とよく相談することが必要であると思います。
そして、実際に頂いたお寺で葬儀のお経をお願いすることが大切です。

<関連ブログ>

戒名とは

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お葬式に備えて~親から子へ伝えておきたいこと、子が親に聞いておきたいこと~(その2)

2014年11月6日 09:15

どんな葬儀をしたいか、確認しておきたいことに葬儀の形もあります。

例えば、社葬か、合同葬か、一般葬か(ご近所や会社関係など呼ばれる)、家族葬か(ご家族様と近い親戚の方のみ)。
どのような葬儀か、又は、お別れ会形式で行うかなどという希望を聞いておくといいと思います。

葬儀を行う場所はどこにするか。
サービスが行き届く民間のホールで行うか、火葬場と併設している式場で行うか、菩提寺で行うか、今まで暮らしていた自宅、近所の公民館や集会所、自治会館で行うかなどです。

会葬者の人数によっても選択枠が絞られますが、家族葬で家族だけでというのに、自宅や近所の集会場ですと、訃報を流さなくても知れ渡ってしまうので、家族葬にならなくなる可能性があります。そういう見解からも施行場所の選択は重要です。

また、もしもの時はどこまで知らせるのかも把握しておく必要があります。

親戚はどこまでお伝えするか、ご近所、ご友人、会社関係などはどこまで訃報を流すかということです。
それにより、料理の数や返礼品の数も変動してきます。

遺影写真を作成する為、気に入ってた写真などもあれば聞いておきましょう。

親指大くらいあれば大丈夫です。免許証も大丈夫です。集合写真からも切り取りできます。
着せ替えもできますが、今は、そのまま着ていらした服のままつくられる方が多くなってきました。
100歳になると川崎では肖像画がもらえますので、それを遺影の代わりにする方もいます。

時間のある時に、気に入った写真があるか、アルバムを見ながら話をしてみるのもいいですね。

 

最後に、葬儀会社や霊園などが、遺族のためにしているサービスを紹介しておきます。

中原屋アフター事業部では、

●お位牌・お仏壇のご注文を承ります。

●ご返礼品のご用意を致します。

●法事案内状・各種お礼状・喪中ハガキを作成致します。

●霊園・墓石のご紹介を致します。

中原屋で葬儀をされたご遺族様には、後日、アフター事業部 担当が、
「なにかお困りなことはありませんか。」とお伺い致します。

 

<関連ブログ>

お葬式に備えて~親から子へ伝えておきたいこと、子が親に聞いておきたいこと~(その1)

 

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お葬式に備えて~親から子へ伝えておきたいこと、子が親に聞いておきたいこと~(その1)

2014年11月4日 11:45

突然親が亡くなって葬儀の準備をする際、わからないことが色々とあって困ったということにならないよう、

「生前に親から子へ伝えておきたいこと、子が親に聞いておきたいこと」について2回にわたってお話ししたいと思います。

今回は、宗派や納骨に関係するお話しです。

宗旨、宗派の確認をしておきましょう。

仏教なのかキリストなのか神道なのか、

さらに仏教などですと、浄土宗なのか、真言宗なのか、

真言宗でも○○派まで、わかる範囲で確認します。

 

こちらで葬儀をして、田舎にもどって納骨されるということもあります。

田舎の方のお寺様がこちらまでこられることもあります。 (その際は、宿泊の準備も整えないとなりません)

 

又、戒名(法名)をその田舎のお寺様から頂戴して、当社から同じ宗派のお寺様をご紹介するということもできますし、俗名で通夜、葬儀をあげられ、納骨の際に戒名(法名)をつけてもらうという様々なケースがございます。

 

決まり事などがあれば聞いておくと安心です。

 

納骨される場所の確認も必要です。

 

霊園なのか、菩提寺があるのか。

菩提寺がある場合は、そのお寺様に葬儀の依頼をし戒名(法名)を頂戴します。

 

霊園でも今までお付き合いのあるお寺様がおられれば、そこに葬儀を依頼した方が、安心かもしれません。

 

<関連ブログ>

お葬式に備えて~親から子へ伝えておきたいこと、子が親に聞いておきたいこと~(その2)

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター