株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

「陰膳」 ~法事の席では~

2016年10月19日 16:35

法事の席で食事(精進料理など)の用意をする際は、故人様に対してお供えします。

何回忌までという決まりはなく、用意する、しないは、ご家族様が決められています。
仏壇に仏飯やお水、お茶などをお供えするのに、いつまで用意するという期限はないと思います。
故人様、佛様に対しての供養の気持ちであると思います。

「陰膳」の献立は、おひたし、煮物、汁、ご飯などでしょうが、当社の陰膳を添付しておきました。

dsc00975

もちろん、会食する方たちと同じお膳を用意する家族もおられます。

陰膳は、位牌、写真の前に並べます。
並べ方は、故人様からみて(位牌から見て)手前にご飯、奥におかずのようですが、そこまで細かく、置き方にこだわる方は少ないです。
お供えするということが大切だと思います。
会食される方からみて不自然である時は、正面を御直しすることもあります。

例えば、献花などする際、本来であれば故人様の方に花をむけますが、会葬者に茎ばかりみえると見栄えが悪いので、献花の時は逆に花を会葬者の方にむけて正面を逆にしてお供えすることが多いです。

会食後、陰膳の料理は召し上がる方もいらっしゃいますが、手をつけない方もおります。
本来はお供えしたものを皆で分けて召し上がるのが良いとは思いますが、絶対に残さずお供えしたものは全部召し上がらなくてはいけないということでなく残される方もおります。処分してくださいという方もおります。
ビールなどをコップについでお供えした場合などは、たいてい飲まずに処分しています。

斎場やレストランで会食した場合は、持ち帰りはご遠慮下さいという料理屋が多いです。
すぐに食べればよいですが、皆さま食べられるタイミングが違いますので、万が一ということがあるのではないでしょうか。
火を通した食べ物であっても、持ち帰りはダメであることが多いです。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「陰膳」 ~通夜と葬儀の席では~

2016年10月19日 16:13

「仏膳」という言い方もします。
故人様に対して、初七日法要などの際の席で用意します。

当家によって取り分けられる方もおられますが、用意してほしいという方もおられます。

皆様で召し上がる物と同じ陰膳(4000円~6000円)をお出しする場合もありますが、当社で出している陰膳を添付しておきます。1000円と1500円です。

陰膳1  dsc00975

生きている方が長旅に出られる時に家族の方が無事に帰る願いを込めて供えることがありました。
そのゆえんで葬儀では宗派によって49日の旅に出られるということからお供えするようになったのではないでしょうか。

例えば、浄土真宗や日蓮正宗や創価学会の葬儀では、即身成仏で旅にでることがないので、絶対用意してはいけないということではありませんが、陰膳の用意はしません。

通夜の席では、故人様にお膳という形ではなく、お皿などに皆様が召し上がっているオードブルやお寿司を取り分けてお供えします。飲物も。

あくる日の精進料理では上記のような陰膳を用意します。
もちろん、絶対というわけではありませんが、用意する方が多いです。故人様の供養の席ですので。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

ご仏壇のお供えについて教えてください

2016年9月19日 17:17

ご先祖様の月命日や法事、お彼岸などに故人様が好きだったお菓子や果物をお供えされればと思います。お菓子や果物以外でも飲物なども良いと思います。

お供え時間は30分から1時間くらいで下げてご家族様で召し上がり、腐らせてはいけません。

ご仏壇には毎日手を合わせますから、お水や仏飯も毎日お供えします。

私の考え方からですと、ご先祖様がいらしての私達であると思いますので、お客様から頂いたものや、お土産などもご仏壇に上げてから食べるようにしています。

日本全国、地方性や地域によってやり方が違うと思いますので、それにあったやり方をした方が良いのではないでしょうか。
 
お供えは毎日でも良いと思います。
ご先祖様あっての私達であると思いますので、毎日の感謝の意を込めてお供え下さい。

毎日当たり前の生活を当たり前に営めていること、無事にきょうも一日過ごせますように、また今日も一日無事に過ごせ有難うございました。

大難が小難になったこと、小難が無難になったこと。一日の内に決まりなく、心に感じた時に手を合わせることが大切だと思います。
それは仏壇の前だけではないかも知れません。

宗派によって考え方は違うかもしれませんが、必ずこうしないといけないというルールはないと思っています。

昔、沖縄の琉球山 法華経寺の鹿糠住職がご存命の時に教えてもらったことが今でも忘れません。
それは、「仏教は、上下左右なし」です。

私が京都からもどり、当社に就職し、葬儀の担当者として24歳からですから(葬儀の飾りは、小学生の頃から手伝っていましたが・・)22年になりますが、葬儀の仕事をする上でこの鹿糠上人の言葉が礎にあります。

毎朝お仏壇に入れたての温かいお茶、炊きたてのご飯、お花をお供えする家もあれば、法事などの特別な時にお水とお花という家、花は造花という家もあります。
昔と今ではお供えの仕方も変わってきていることもあります。

しかし昔も今も、故人様、ご先祖様を思う気持ちは一緒であると感じます。
車を使って、お店まで行くとします。当然早く快適に行けます。
歩いてお店まで行くとします。挨拶をしながら、風や太陽を感じ、健康的に行けます。
私は、どちらもとても素晴らしいと思います。

何もないところでも故人様に想いを馳せ、手を合わせる。
造花も水も前にはないですが、手を合わせ、心をご先祖様に合わせる。
生活の一部のような気がします。
時と場所、どのやり方も素晴らしい供養の一つと思いますが、心だけでもとても良い供養なのではないでしょうか。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「法要」「法事」の違いわかりますか? ②法事とは?

2016年9月15日 13:44

法事は、僧侶を迎え、読経、焼香、法話があり法要を終えると会食となります。
この法要から一連の流れを総じて法事とされます。

会食は精進料理で、殺生をしない料理で肉や魚を避けましたが、今ではあまりこだわりません。中華風の松花堂もあるくらいです。

飲食を行うことと人との交わりは切り離せないもので、葬儀以外でも家族で、会合で、新年会、忘年会、暑気払いなどでたくさんあります。
葬儀でも故人様との交わりを大切にする表れでもあり、「陰膳」として故人様にもお供え致します。

また飲食は、死者の魂を鎮め死の穢れを祓う力があるともされています。
宗派によりますが、葬儀に携わった方がお清めという形で飲食するということもあり、それと共に、ご弔問頂いた方へのお礼の気持ち、お手伝い頂いた感謝の気持ちもあります。

会食のことは「お斎」とも言いますが、他の言い方では、「精進上げ」「仕上げ」「忌中祓い」「お清め」などいろいろあります。
よく○○斎場という葬儀会場がありますが、この斎場という「斎」も、この会食する「お斎」できるということの名残です。よってよく「○○斎場」という葬祭会館があるのが分かります。

神道では、帰化祭、十日祭、五十日祭、百日祭、一年祭、式年祭などがあります。
キリスト教では、追悼ミサや記念式という形です。
無宗教などでは、お別れ会や偲ぶ会などという形のお食事会になるのでしょう。

 

<関連ブログ>

「法要」「法事」の違いわかりますか? ①法要とは?

葬儀・法要の際の不祝儀袋について(表書きと金額の目安)

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「法要」「法事」の違いわかりますか? ①法要とは?

2016年9月14日 18:06

法要とは、以下の法要を行うことです。

中陰の初七日、二七日(ふたなのか、ふたなぬか、14日目)、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日(満中陰)、百ヶ日、一周忌、三回忌(満2年)、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十五回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌と続きますが、途中は省略されることがあります。

一般の方は、通常三十三回忌で弔い上げとし、それ以降の年回忌法要は営みません。
33年も経つと施主側の方も高齢となり、それ以降は次の世代に引き継いていくのが難しいと思われます。(寺院の方の法要は、100回忌や500回忌、600回忌などと続きます。)

弔い上げをもって仏壇から戒名を記した塗位牌を片付け、「○○家先祖の霊」になります。

人は輪廻転生すると考えられ、上記の中陰期間の49日(次の生を得る間の期間)に、ご遺族様が法要をして故人を弔いご冥福を祈ります。

今では7日事に法要を行う方は少なくなり、初七日後は49日の満中陰の忌明け法要を行うことが多いです。

しかも葬儀当日の初七日法要を行うことが大半です。

法要はこの他に、故人様の命日(祥月命日)や月の命日(月忌)、お盆やお彼岸などもあります。

 

<関連ブログ>

「法要」「法事」の違いわかりますか? ②法事とは?

葬儀・法要の際の不祝儀袋について(表書きと金額の目安)

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

新盆の法要を自宅で営むのが難しい時には・・・

2016年6月29日 14:03

新盆の家では普段のお盆よりも盛大に供養するため、親族や親しい友人を招いて法要を営みます。
招く範囲の規定はありませんが、家族、兄弟、親しい友人など、親しい方が集まります。

お経は自宅の仏壇の前であげることが多いのですが、集合住宅などで場所の制約があると難しいかもしれません。
こうした場合は、寺院や法要のできる会館などを利用されてはいかがでしょうか?

ただし、お寺もお盆期間は集中して忙しく、お経も20分くらいで回られることが多いので、早めの手配が必要かと思います。
お寺を利用する場合にも、新盆提灯(白無地の提灯)は、自宅に飾ります。

僧侶に棚経をあげて貰った後の精進料理は絶対に用意しないとならないというわけではありませんが、斎場やホールを使用される場合には料理も用意される方が多いです。

最後にお心積もりとして...自宅以外の場所で法要を営む場合でも、ご親戚はやはり仏壇にお線香をあげて帰られると思います。私ならそうします。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「お別れの会」について (その2)

2015年7月15日 10:38

「お別れの会」の式次第はだいたいこのようになります。

1. 開式
2. 黙祷
3. 故人の生い立ち
4. 弔辞
5. 親族献花(または焼香)
6. 一般献花(または焼香)
7. 謝辞
8. 閉式

「お別れの会」には黒服で、「香典」を持っていきます。葬儀の香奠額と同じです。「お花代」でも良いですね。

そして開く側は、 お持たせを(返礼品)と用意する方が多いです。

お別れ会や偲ぶ会を行い、その後どのようにしたら良いですかという問い合わせもあります。

仏式ですと、回忌法要があり、お寺様にお経をあげていただき、その後精進料理の席をもうけることがあります。
神道は1年祭、キリスト教だと記念会や記念式などで教会に伺ったりします。
けれどもお別れ会は自由に行うものですので、逆にどうしたら良いかわからないとのことです。

例えば1年経過し、また親しい方が集まり食事会という形で偲ぶ会を行ったらいかがですか等とアドバイスをすることもあります。
また位牌がありませんので、それに代わる手元供養品の案内もします。

位牌代わり2 位牌代わり1

<関連ブログ>

「お別れの会」について (その1)

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

実家と離れて暮らしていた人の葬儀(実例)

2015年3月11日 13:22

例えば菩提寺が実家の近くにあり、亡くなられた場所まで遠くてお寺様に来ていただけない場合は、同じ宗派のお寺様を当社でご紹介して、俗名で葬儀をします。
または実家近くの菩提寺に戒名(法名)だけいただき、葬儀をすることもあります。

俗名で葬儀をしましたら、実家に戻られた際に改めて菩提寺に戒名(法名)を頂戴します。

または、実家のお寺様の知り合いが亡くなられた場所の近くにいる時は、そのお寺様に直接お願いされることもあります。

このようなケースで、昔の失敗談を一つ。田舎のお寺様に怒られた苦い経験です。
「戒名をファックスでいただけますでしょうか」とお話ししたら、「戒名はファックスで送る物ではない!」と怒られたことがありました。
戒名を気軽に扱うなということです。反省しました。(*_*;)

それからは「戒名をいただけましたら宜しくお願い致します」というような感じにしてお
ります。入手手段、方法は言いません。(・-・)

<関連ブログ>

実家と離れて暮らしていた人の葬儀(葬儀はどこで行うか)

実家と離れて暮らしていた人の葬儀(ご遺体の搬送の仕方)

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お盆について ~豆知識~

2014年7月2日 10:18

お盆について10回にわたりお話ししてきました。

最後に、お盆飾りの補足をしてお盆についてのお話しを終わりたいと思います。

 

お盆に精霊棚を飾るのはなぜだと思いますか?

お盆は、年に一度ご先祖様がお帰りになる時です。
親しい人が久しぶりに訪ねていらっしゃる時は、どこの家でも家の中を綺麗にして心を込めたご馳走でおもてなしをしますよね。
それと同じように、ご先祖様に家族の団らんに加わって頂けるよう、座敷に棚をもうけて、お供え物をし、お迎えするのです。

実際には、ご先祖様は生きていた時のようにご馳走を食べることは出来ません。
でも、まごころ込めてお供えを用意した私達の気持ちを味わっていらっしゃるのです。
お供物は、私達がご先祖様を大切におもてなしする心を、目に見える形で表したものなのです。

お盆の時期にナスやキュウリを飾ることにも理由があります。

ご先祖様がお帰りになるときは、キュウリの馬に乗り、ナスの牛に荷を引かせるという言い伝えがあり、そこから出来た慣わしです。
割り箸やおがらの足をつけ精霊棚などに飾ります。

 

<関連ブログ>

お盆について ~棚経のお布施~ (お布施とは)

お盆について ~地域による違い~

お盆について ~お施餓鬼とは~

お盆について ~お盆飾り(3) 新盆・初盆~

お盆について ~お盆飾り(2) 霊供膳・十三仏の掛け軸~

お盆について ~お盆飾り(1)~

お盆について ~お盆の準備・スケジュール~

お盆について ~お盆のはじまりに纏わるお話し~

お盆について ~お盆のはじまり~

お盆について ~お盆とは・お盆の期間~

 

 

 

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お盆について ~棚経のお布施~ (お布施とは)

2014年7月1日 14:37

お盆の棚経(たなぎょう)をしていただく場合は、東京を例にとると5,000円~10,000円が目安となります。

また新盆は他の場合と比べて多少多めに包むことがあります。

ご寺院によっては、ご戒名(ご法名)の位でお布施の額が変わる場合もあります。

お盆は僧侶にとって忙しい時なので、前もって不祝儀袋か奉書を用いて「御布施」又は「御礼」などと表書きをして包んでおき、すぐ差し上げるようにします。

 

<備考>

お布施とは、人に物を施し恵むことで、僧に施し与えるもの。仏教における悟りを目指す実践修行法「六波羅蜜」(ろくはらみつ、ろっぱらみつ)のうちの一つです。

お布施には三種あり、三施とは財施(ざいせ)、法施(ほうせ)、無畏施(むいせ)をいいます。

六波羅蜜とは菩薩が修する6種の基本的な修行項目で、布施・持戒・忍辱(にんにく)・精進・禅定(ぜんじょう)・智慧です。

そして波羅蜜とは宗教理想を実現するための実践修行であり、完成・熟達・通暁、現実界(生死輪廻)から理想界(涅槃)、到彼岸度彼岸と漢訳する。特に大乗仏教で菩薩の修行法として強調される。

通常、上記の六波羅蜜を立てるが、十波羅蜜を立てることもある。波羅蜜多。

 

<関連ブログ>

お布施について (お寺様に渡すタイミングは?)

 

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター