株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

「密葬」「家族葬」「直葬」の違いわかりますか? その③ 訃報の知らせ方

2016年10月5日 16:14

密葬・家族葬・直葬でも親しかった方には伝えるケースがあり、訃報の範囲や伝え方は当家の判断によります。

口コミやネットを利用する方もいれば、電話での連絡、または、ファックスで流す方もおります。

「この度は家族葬で行います」という表記をすると遠慮される方もおりますが、その方自身が家族ぐるみのお付き合いのあった方などは、お見えになります。

ご弔問に行く方側にすると「家族だけで行いたいのだから、そっと静かに見守りたい」という方もあれば、「私達は家族同等であり、家族葬うんぬんよりもお亡くなりなったことをお知らせ頂いたのだからいく」という方も。

完全に家族葬で誰もお付き合いがないので連絡しないという当家の場合は、当然ご弔問の方はいらっしゃりません。
訃報を流さなければ分からないことなのです。

葬儀が終わってから「欠礼案内」を流される方もおります。(当社にはそのフォームもあります)
または、流さずに知らせないという方もおります。

町会の方から「この頃は町会にも教えない」というお言葉を良く聞きます。
当社は業者ですから、お客様のご意向の元、葬儀を行ったことが外部へ漏れないようにする守秘義務があります。
後から地元の方に「なんだよ、知っていたなら教えてくれればよかったのに。」と言われることが度々ありますが、業者だから余計にお話しできないんですよ。と答えます。
「〇〇さんには特に教えないですよ」とブラックジョークをします。それが信頼なのです。

密葬・家族葬・直葬でも「せめて香奠だけでも」「せめて焼香だけでも」と言ってこられることがあります。
受け取る方は、どのような形式のお葬式でも受け取りますし、一般葬でも香奠やご供花を辞退される方はおります。

上手な渡し方というか、当家の判断で行います。
良くご存知で、どうしてもお世話になった方だからということで、香奠をお渡ししたいのならば、喪主だけの時に(一切誰も周りにいない時に)渡されると受け取って頂ける事が多いです。

密葬・家族葬・直葬といっても、その家族とのお付き合いの度合い、かかわり方によって本当に様々なので、知らせを受けた時にこうするのが通常ですとかは伝えにくいです。

そんなに知らない、付き合いもない方が家族葬にご弔問することは、おそらく遠慮されるであろうと思いますし、良くご存知で生前の付き合い方が深い方は、家族葬でという知らせであってもすぐにご弔問に伺う方もおります。

知らせを聞いた方が感じ行動に起こすことが正解のマナーのように感じます。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「密葬」「家族葬」「直葬」の違いわかりますか? その② 弔問の人数の違いではないのです。

2016年10月4日 11:43

「密葬」は近親者だけで行いますが、親戚でもこの方は呼ばないといけない、友人でも家族ぐるみでの付き合いがあったなどを考え、ご家族で呼ぶ方の範囲は決められます。

絶対にここまでは声掛けしないとならないとか、これ以上の付き合いの方は後日の本葬があるので呼んではならないということはないです。

ちなみに、密葬を行って本葬を行うケースなどは、密葬といっても200名位のご弔問の方が来られるケースはめずらしくありません。
当然本葬では、何千単位の会葬者です。

ですから「密葬」は何人までで、それ以上は「家族葬」というみたいなことはありません。
当家によっては、密葬でも大勢の方のご弔問を受ける方もおりますし、完全に家族5名位の家族葬を行うこともあります。

密葬と同様、家族葬でも親しかった方を呼び、100名くらいの家族葬になってしまう方もおります。当然家族葬で行わなかったら、かなり大勢の方が来られるケースです。

何人・・というのは「直葬」でもいろいろなケースがあります。
直葬後にお別れ会を行ったり、又は“お骨でのご葬儀”を行ったり。
また直葬でも出棺時のお別れの時に、友人の方や会社関係の方など50名位こられるケースもあります。

こちら(関東)で「直葬」にして、地方に戻って葬儀を行う場合などは、職場の方が最後のお別れをされにくることがあります。
直葬でも受付は作ります。香奠もお持ちになられる方もおります。
当家によっては、少ないがお返し品も用意しておいてほしいという方も当然ながらおります。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「密葬」「家族葬」「直葬」の違いわかりますか? その①

2016年9月28日 16:57

「密葬」とは、近親者だけで行い、友人知人、会社、近所などには案内しません。
(よほど親しかった方だけは、呼ぶケースもあります。)

後日、本葬という形で行い、その際に皆様へ訃報の案内をして来て頂くことがあります。
もちろん近親者だけの密葬で終わらす方もおります。

「家族葬」とは、家族主体で葬儀を行います。
100才という高齢の方ですと、家族だけで50名近くなることもあります。

親戚の方も親しい範囲で呼ぶことはあり、その範囲に制約や規律はなく、家族の方が相談して決められます。

家族葬で行って、予想以上の会葬者が来られたということはよくあるケースです。

まわりの方に家族葬でも言わないとまずいかもしれないということで、「この度は家族葬で行います」と訃報を流すことがありますが、とても親しかった方(家族ぐるみでの付きあいなど)はそれでも弔問に来られることがあります。

今では、町会の掲示版や回覧板で家族葬で行いますというと、たいていはご遠慮されますが、訃報を流すということは、相手に来ないでくださいとは案内できないので、よくご存知の方はご弔問にお見えになることもあります。

家族葬で行い葬儀後に「この度は故人の意志により身内のみで行いました。」と流す方もおります。

もちろん、完全に家族葬で行う場合で、他に誰も呼ばないケースは、ご案内を一切流さないという方もいます。

「直葬」とは「直送」のことで、火葬場に直接送っていくということの言い回しが「直葬」になったと聞きました。戦後の話しだそうです。
よって今でも、火葬のみの場合は「直葬」といいます。

でも炉前での読経や、出棺の際のお花などのご注文、家に飾る遺影写真の注文はあります。
当社では、家族葬や直葬で行った方のアフターサービスは、より丁寧に行って、当家にご不便がないようにしております。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「法要」「法事」の違いわかりますか? ②法事とは?

2016年9月15日 13:44

法事は、僧侶を迎え、読経、焼香、法話があり法要を終えると会食となります。
この法要から一連の流れを総じて法事とされます。

会食は精進料理で、殺生をしない料理で肉や魚を避けましたが、今ではあまりこだわりません。中華風の松花堂もあるくらいです。

飲食を行うことと人との交わりは切り離せないもので、葬儀以外でも家族で、会合で、新年会、忘年会、暑気払いなどでたくさんあります。
葬儀でも故人様との交わりを大切にする表れでもあり、「陰膳」として故人様にもお供え致します。

また飲食は、死者の魂を鎮め死の穢れを祓う力があるともされています。
宗派によりますが、葬儀に携わった方がお清めという形で飲食するということもあり、それと共に、ご弔問頂いた方へのお礼の気持ち、お手伝い頂いた感謝の気持ちもあります。

会食のことは「お斎」とも言いますが、他の言い方では、「精進上げ」「仕上げ」「忌中祓い」「お清め」などいろいろあります。
よく○○斎場という葬儀会場がありますが、この斎場という「斎」も、この会食する「お斎」できるということの名残です。よってよく「○○斎場」という葬祭会館があるのが分かります。

神道では、帰化祭、十日祭、五十日祭、百日祭、一年祭、式年祭などがあります。
キリスト教では、追悼ミサや記念式という形です。
無宗教などでは、お別れ会や偲ぶ会などという形のお食事会になるのでしょう。

 

<関連ブログ>

「法要」「法事」の違いわかりますか? ①法要とは?

葬儀・法要の際の不祝儀袋について(表書きと金額の目安)

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「法要」「法事」の違いわかりますか? ①法要とは?

2016年9月14日 18:06

法要とは、以下の法要を行うことです。

中陰の初七日、二七日(ふたなのか、ふたなぬか、14日目)、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日(満中陰)、百ヶ日、一周忌、三回忌(満2年)、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十五回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌と続きますが、途中は省略されることがあります。

一般の方は、通常三十三回忌で弔い上げとし、それ以降の年回忌法要は営みません。
33年も経つと施主側の方も高齢となり、それ以降は次の世代に引き継いていくのが難しいと思われます。(寺院の方の法要は、100回忌や500回忌、600回忌などと続きます。)

弔い上げをもって仏壇から戒名を記した塗位牌を片付け、「○○家先祖の霊」になります。

人は輪廻転生すると考えられ、上記の中陰期間の49日(次の生を得る間の期間)に、ご遺族様が法要をして故人を弔いご冥福を祈ります。

今では7日事に法要を行う方は少なくなり、初七日後は49日の満中陰の忌明け法要を行うことが多いです。

しかも葬儀当日の初七日法要を行うことが大半です。

法要はこの他に、故人様の命日(祥月命日)や月の命日(月忌)、お盆やお彼岸などもあります。

 

<関連ブログ>

「法要」「法事」の違いわかりますか? ②法事とは?

葬儀・法要の際の不祝儀袋について(表書きと金額の目安)

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「弔問」「会葬」「参列」の違いわかりますか? ②会葬/参列とは?

2016年9月11日 07:11

「ご会葬」というと、あくる日の葬儀式、告別式に来られた方々を言います。
ですので、本来の返礼品の挨拶状には「ご会葬御礼」と記載しております。

(もちろん今では通夜に来られた方々にも返礼品をお渡ししております)

余談ですが、当社の完全オリジナル礼状の表面には「御会葬御礼」と印刷されています。
なんと!私の書き下ろしです(^^)
オリジナルでしたので「お別れの言葉」、「感謝のことば」、「お別れのしおり」「こころの言葉」などなど表現の選択がたくさんありました。
その中で、当社は「御会葬御礼」という言葉に統一しました。
葬儀式、告別式にお越しになられた方々は会葬者であり、目新しい言葉を作らず、「ご会葬にお越し頂いた方に対しての御礼」というようにはっきり表現しております。

司会でも葬儀告別式では「ご会葬賜りまして・・」と表現します。

よって会葬は、あくる日の葬儀式、告別式にお越しになられる方に対して使用しています。

「参列」という言葉は、葬儀に限られたことだけでなく、建設や式典等幅広く使われていると思われます。
他にも、参席、列席、参加など多くの表現の仕方があります。
意味は同じですよね。

でも使われる場によっての言葉を区別しているのではないでしょうか。
葬儀であえて「本日はご参列賜り誠に有難うございます。」とは言わず、「本日はご会葬賜り誠に有難うございます。」と言った方が、今までそうしていただけに心にしっかり入り込む感じがします。細かい理屈とかでなく・・。
何の根拠もありませんが、「会葬」という字を見ても「会いそして葬る」です。
「葬儀」の「葬」の部分は草と草の間に遺体と書いてあり、火葬は火で葬ること、土葬は土に還し葬ること、そして会葬はお会いし(葬儀式、告別式に参列し)葬るという意味で受け止められるような気がします。

 

<関連ブログ>

「弔問」「会葬」「参列」の違いわかりますか? ①弔問とは?

会葬御礼と即日の香奠返しについて

 

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「弔問」「会葬」「参列」の違いわかりますか? ①弔問とは?

2016年9月10日 19:13

前回まで3回にわたり
「葬儀」「葬式」「告別式」の違いわかりますか?
という内容でブログを書きました。
今回と次回は【違いわかりますか?】シリーズ第2弾 (^u^)
「弔問」「会葬」「参列」の違いについてお話しします。

ご弔問・・・お通夜に来られた方に「ご弔問」という言い方をしています。
亡くなられた人の遺族にお弔いのお言葉を掛け、ご心情を察し、故人様に対し安らかにと願い祈ります。

「通夜」という字は夜を通すと書き、正に一晩そばにお籠りされ、お線香を絶やさずそばに寄り添いお弔いをすることであります。

本来通夜というとご遺族様だけ、又は近所のとても親しい方のみで、通夜でご遺族様にお悔やみを申し上げる場であるので、「弔問」という言い方をしております。
一般の方々は葬儀に向かわれました。

通夜の司会を行う際、私の場合「本日ご弔問頂きました皆様方~・・」と通夜に来られた方には「ご弔問」という表現をして区別しています。

しかし今では一般の方々は葬儀よりも通夜に向かわれることが多くなり、それが通常になりました。
昼よりも夜の方が都合がつくということがあり、通夜に行き、葬儀には来られない方も多いです。
上記で話した弔問という事ではなく、葬儀に行けないので通夜に行くという感覚であるように思えます。

実際にも、翌日の会葬者より通夜の方が大勢お越しになられます。よほどお付き合いが広く、深い方である場合以外は、あくる日の葬儀の会葬者の人数は通夜のおおよそ3分の1かそれ以下の人数です。
正に文化の変化であると思います。

今では、お通夜を自宅で行うことが少なくなり、ホール、会場、式場などで行うケースが増えてきました。

以前は自宅での通夜と同じように一晩中ろうそくの火をともし、お線香をあげられるホールなどもありましたが、今ではそういうホールなどは少なくなり、ある一定の時間で電気線香や電気ろうそくに切り替えます。

次回は「会葬」「参列」についてお話しします。

 

<関連ブログ>

「弔問」「会葬」「参列」の違いわかりますか? ②会葬/参列とは?

通夜・告別式のマナー (弔問はどちらに?)

通夜振る舞い

葬儀日程が延びる場合(気をつけることと、葬儀前の弔問について)

通夜・告別式のマナー(喪主側の喪服と、弔問者の喪服・バッグや小物の色・メイクについて)

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「葬儀」「葬式」「告別式」の違いわかりますか? ③告別式とは?

2016年9月8日 12:42

先のブログでもお話ししましたが、「告別式」は、一般の知り合いである会葬者の方々が別れを告げる場とした社会的な儀礼であります。
しかし今では葬儀式並びに告別式というように一度に行う形になっています。

儀礼としては分けるべきとは思いますが、実際の現場では、会葬者のお焼香が遅かったり待たせたりすると、会葬者から「早くしろ」「焼香台を増やせ」などと言われることがあります。
事前にご寺院様との綿密な打ち合わせの元、遺族焼香と一般焼香と儀礼的に分けているのに・・。悲しいです。

告別式では、棺の蓋をあけ、最後のお別れということでお花入れを行います。
宗教的なお焼香の供養のお別れと実際に御拝顔致してのお別れもございます。(一般の方の御拝顔のお別れは、ご遺族様のお気持ちの元ですので、行わない場合もあります。)

 

<関連ブログ>

「葬儀」「葬式」「告別式」の違いわかりますか? ①葬儀とは?

「葬儀」「葬式」「告別式」の違いわかりますか? ②葬式とは?

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「葬儀」「葬式」「告別式」の違いわかりますか? ②葬式とは?

2016年9月8日 12:24

昔は自宅などでの出棺後は葬列をくみ(野辺の送り)火葬場又は土葬場まで行きました。

「葬式」つまり「葬儀式」では、宗教的な儀礼を行い、お焼香をしてお弔いをします。
「告別式」は、一般の知り合いである会葬者が別れを告げる場とした社会的な儀礼であります。

今は、個人葬、一般葬の場合は1時間の中に葬儀式と告別式を一度に行うことが多く、社葬の場合や寺院葬の場合には葬儀式と告別式を分けて行う方もおられます。
一般の会葬者への通知はこの告別式の時間でお知らせします。

社葬の場合は、密葬とは別にご遺族様にゆっくりと儀式に臨んでもらうということもあると思えます。
寺院葬では宗教的な儀礼で行うことで分けることが多いです。

よく行われる「お別れ会」や「偲ぶ会」などは、一般の知り合いの方々にゆっくりお別れをしていただく告別式を主とした考え方が軸になっていると思えます。

当社は、ご弔問の方が記帳する会葬カードには「通夜」「葬儀」ではなく「葬儀式」としっかり書いております。

<関連ブログ>

「葬儀」「葬式」「告別式」の違いわかりますか? ①葬儀とは?

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「葬儀」「葬式」「告別式」の違いわかりますか? ①葬儀とは?

2016年9月8日 02:40

「葬儀」とは「葬送儀礼」の略です。

「葬儀」には、
社会的な役割(例えば死亡届を役所に提出したり、相続の手続きなど)、
物理的な役割(ご遺体を火葬したり、埋葬したりなど)、
御霊を祈り鎮める役割(例えばお寺様を呼んでお経をあげたり、仏壇を用意してこれから先の先祖供養を行ったりなど)、
ご遺族様の感情的なことの役割(死を受け入れると共に、悲しみ・心の痛みを永い時間をかけて和らげる)
以上の意味があると良く言われます。

当社では、次の様に心しています。
「古代より人々に受け継がれている葬送儀礼とは、お弔いを行う儀礼であり、御霊を鎮め祈り願うことである。 そのことからも儀礼文化の中で葬送儀礼は人間の尊厳に一番近い部分である。」

ですので、我々はその生業に携わる者であるということの理解と誇りを肝に銘じて全力で成すことと当社の展望で毎朝斉唱しております。

葬儀とは衣食住を含む人の総合文化であると思われます。

 

<関連ブログ>

「葬儀」「葬式」「告別式」の違いわかりますか? ②葬式とは?

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター