株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

家族葬、一日葬、現代の葬儀の形…

2012年9月27日 08:35

当社のある神奈川県川崎市のお葬式は、“通夜と葬儀は同じ会場で行う”が今までの通常の形式でした。

通夜と葬儀を別の場所で行うケースとしても、ご自宅で家族だけの時間を過ごし→翌日には式場へ移動し葬儀を行う、というものです。

そのような折、通夜と葬儀を完全に別々の場所で行いたいというご相談をお受けしました。

詳しくお話を伺ってみると…

それは、ご近所の方が高齢になられており、たとえ送迎バスを用意したとしても乗って来て頂くことは難しい。それならば、生前親しくして頂いたご近所の方のために、自宅で通夜を。しかし、自宅に会社の方々をお迎えするのは気が重い…。 ⇒ 葬儀は全く別の式場で行いたい、というものでした。

また、最近増えてきた、通夜をしない“一日だけのお葬式”を選ぶ理由のひとつとして、集まる親戚が高齢のため、夜出歩くことができないから。とお聞きしたこともあります。 本当に、なるほどです。納得です。

故人さまの生前のおつきあい、見送る方々の状況、考慮しなければならないことは、千差万別、ケースバイケースです。

たくさんのお話を伺って、心のこもったご葬儀を提案させていただくこと、そのためにも、当社では“事前相談”(=生前相談)を行っております。

ご本人の葬儀についてのお話だけではなく、ご葬儀一般に関するマナーや知識などのご質問にも専門スタッフがお応えしますので、どうぞお気軽にご連絡下さい!

http://www.nakaharaya.co.jp/before1.html  ← 「生前相談」

「家族葬」・「お別れの会」・「エンディングノート」、高倉健さん主演の映画「あなた」で話題になった「ご散骨」・・・。

葬儀法要に関する様々なスタイルがマスコミでも多く取り上げられる昨今、私どもはそれを丁寧にお伝えすることができているでしょうか?

http://www.anatae.jp/ ← 映画「あなたへ」

当社が企業理念に掲げている「文化の創造」。

「時代とともに変わっていくものと、変わらない想い。 より良い文化を創り、次世代へつなげていく担い手でありたい。」

ちょっと表現がオーバーでしたか?(笑)。

しかし、本当に、心の底から、そうありたいと、日々願っているのです。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お盆の時期は忙しい…

2012年9月16日 00:12

生まれてきた限り、人はいつか亡くなるものです。
生まれてくる日を選べない様に、亡くなる日も選ぶことはできません。

となると、当然、葬儀屋に忙しい時期・暇な時期はないと思われるかもしれませんが、実は1年を通してみると、夏と冬は忙しい季節になります。
温度・湿度の関係やウイルスの流行等様々な要因があるのかもしれません。

特に、7月、8月のお盆の前後は葬儀が立て込みます。

お葬式の件数とお盆の時期とは、関係ないこととは思いますが、なぜか忙しいのです。

お盆とは仏教用語の「盂蘭盆」の省略形で、供物を先祖の霊にお供えし、冥福を祈るという仏事のことです。この期間に先祖の霊が帰ってくると言われ、霊を迎えて供養する期間になります。

特に、人が亡くなって49日法要が終わってから最初に迎えるお盆を初盆(はつぼん)または新盆(しんぼん、にいぼん、あらぼん)と呼び、家の門口や、お墓に白一色の提灯を立て、仏壇の前には精霊棚を作り、普段の盆より丁寧な供養を行います。

供養というと、春と秋のお彼岸の頃は平均的な件数です。

忙しいと言っても、一つ一つが故人様を見送る大切な儀式。ご遺族様の「想い」を叶えるために、少しでもお手伝いができればと日々取り組んでいます。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター