株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

火葬場と葬儀

2012年11月28日 10:26

近年、ご葬儀のやり方や慣習が地域で変化してきた要因の一つとして、“火葬場”の影響が大きいと思われます。

ここ川崎でも、火葬場が川崎区夜光町に、“かわさき南部斎苑”という名称で運営を始め、火葬場と併設する式場が6つも出来ました。 そのころから、ご自宅での施行、自治会館等での施行が減ってきたように思えます。 その背景には、“家族主体の葬儀”を望む方が増えてきたことも、否めませんが…。

現在、“友引きの日”は火葬場はお休みですが、もし、友引きの日でも火葬場が休みでなかったら、おそらく、“友引きの日に葬儀はしない”という日本の慣習も、薄れていくのではないでしょうか。

では、365日24時間火葬場が運営していたら…。 現段階では、あり得ない話しかもしれませんが、もしものお話しです。 そうすると、通夜も葬儀も、さらに変化していくことでしょう。

開始時刻でいえば、通夜はさほど変わらなくても、葬儀・告別式の時間が変わるのではないでしょうか。

通夜に会葬者や親族が集い、あくる日の葬儀・告別式は、火葬場に行くことが主たることになっていくのでは、と思います。

例えば、通夜は18時~ 、“葬儀・告別式”が“火葬日時”という表記で、21時出棺。 または、他に知られたくないという方は、午前0時出棺。というようなお話でしょうか。

そうすると、葬祭業者側(生花部、贈答品部、車輛関係などに携わる方々)は、完全にいままでとは、違った業務形態になりますね。

実際に、訃報を通常通り流せば、会葬が1000人は来られるであろう方も、先日、家族の方10名のみで、お通夜もされず終えられました。 おそらく、その方の訃報を知ったら驚く方が大勢いるだろうな、という気持ちを持ったまま、お手伝いをさせて頂きました。

昨今は、そういう方々が増えてまいりました。 ご遺族の想い、故人のご遺志、いろいろなご家庭の事情があることでしょうし、もし火葬場が24時間運営していたら、深夜に絶対に人に知られずに葬儀を行いたい、という方も多いのだろうな。 と、ふと考えてしまいました。

 

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

葬祭ディレクターをご存じですか?

2012年11月19日 19:30

以前にも、葬儀に関して、事前にご相談に来られるお客様がいらっしゃる。=「生前相談」とお話ししましたが、最近は、突然おみえになるケースも増えてきました。

前もって「いついつ行きたい」とご連絡頂ければ、当社の“葬祭ディレクター”(=厚生労働省認定の資格です!)を待機させ、お話しをお聞きすることができるのですが、通常は、職業柄スタッフ全員出ていることが多く、現場から呼び戻す。という対応にならざるを得ません。

そうなると、お客様をお待たせすることになってしまいます。 おそらく、お客様の方も急いでおられることでしょうし、事務所にいる者ですぐに対応できるよう、きちんとしたマニュアルはございます。

しかし、すべてのお客様の思いは、本当に千差万別、様々ですので、なかなかマニュアル通りというわけにはかないものです。

ご相談にいらして、一番多いご質問は、料金のこと(葬儀費用、お布施、料理など)。

いわゆる“相場”が難しいもので(料金が不透明というわけではありません。) 私どもは、文字通り、お一人お一人に“相”応した“場”、をご提案(=お話をお聞きして)はじめて、ご納得いただける説明や回答になるのでは。 と考えております。

次に多いのは、“一連の流れ”についてです。 葬儀そのもの、しかも当事者として考えなければならないとなると、不安や疑問が生じて当然のことですよね。 段取り一つをとっても、次に何をしたらよいか、知っているのと知らないのとでは、気持ちの有り様がまるで違ってくることと思います。

体験や経験にもとづく専門スタッフのアドバイスやご提案があってこそ、お客様がご納得できるお話しができるのだと思います。

「知らなくて当たり前」の葬儀に関する様々な事柄を、懇切丁寧にお伝えすることができればと思っております。 これからも、事前にお越しになられたお客様の、「事前にお話ししておいて、聞けて良かった!」というお言葉を糧として、仕事に邁進致します。

 

http://www.nakaharaya.co.jp/soudire.html ←葬祭ディレクター

 

http://www.nakaharaya.co.jp/before1.html ←生前ご相談

 

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

【なかはらや倶楽部】へのご入会に際して・・・反省・・・改善に努めます

2012年11月8日 10:02

先日のことでした。

当社の、【なかはらや倶楽部】へのご入会申し込みがあり、会員証を送付させて頂いた時のことです。 大変申し訳ない失敗をしてしまいました。

というのも、当会員証を送付する際に、「なかはらや倶楽部」というロゴの入った封筒で送ってしまったのです。

先方様は、ご家族には内緒で会員になったお方様だったようです。

もちろん、その旨お聞きしていれば、無地の封筒を使う、イベント案内はしないようにする等、きちんとご相談し、こころ配りができたと思うのですが、その確認をしていなかった。。。

そこが大問題です。失敗でした。

今までにも、同じように配慮の欠けた対応をしたことがあったのではないか? 自省の念にかられています。

“葬儀”という、精神的にとてもデリケートな部分を触るために、通常では特に問題ないことでも大きい問題になってしまうことがあります。

全てのことに対して、もっと、もっと、もっと丁寧に、そして、しっかりとその後の余波を想像できるよう、プロ意識を高めていかなければ!

この大きな反省を、全スタッフで共有し、自分のこととして捉え改善に努めること。

それが最も大事なことだと思っております。

http://www.nakaharaya.co.jp/commu.html  ←「なかはらや倶楽部」

 

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お布施について (お寺様に渡すタイミングは?)

2012年11月1日 08:57

ご葬儀に際し、お寺様にお布施をお渡しするタイミングは? という質問をよく頂きます。

そのご質問には、「お通夜に渡すことが多いです。」とお答えしています。

18時からのお通夜を例にとりますと、こういった感じです。

17:40頃、お寺様が式場に到着なさいます。

喪主と他1名の計2名ほどでご挨拶にお伺いします。

その時にお布施をお渡しし、戒名等の説明をして頂きます。

ここで、含みの言葉と致しまして、「明日の初七日まで、どうぞ宜しくお願い致します。」と言うと、

= ”そのお布施には初七日代も含んでおります”、ということを意味します。

基本的な流れはこうですが、お寺様によって、いろいろなケースがあります。

例えば、通夜式前に頂くと、「金庫がないと心配だから、通夜式後にして下さい」とか、

住職の代行の場合、「直接お寺にご持参下さい」といった具合です。

ご喪家の菩提寺の場合は、遠慮なく色々とお寺様にご質問して頂いて良いと思います。

が、当然分からないことだらけですし、何となく聞きづらいということが、この件以外にもあるかと思います。

当社からご紹介したお寺様の場合などは、きちんと私共が間に入ってお寺様にお聞き致しますので、どうぞご安心ください。

http://www.best-manner.com/manner/sougi/ofuse.html#44

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター