株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

安置場所についてと、安置から葬儀までの過ごし方について

2013年7月26日 16:57

【安置場所と準備について】

 弊社の霊安室をご利用いただく場合は、24時間受け入れが可能です。

また、長い間お預かりできるように保冷設備もございます。

ご面会時間は、基本的には9時~17時までとさせていただいており、その時間帯であればご対面いただけ、お線香もお上げできます。(時間外でも事前にご連絡いただければ対応いたします。)一晩中付き添うことはできません。

ご自宅で安置される場合には、今まで使用していた布団一式(敷布団、掛け布団、枕)をご用意下さい。

掛け布団は薄めのものの方が良いです。枕が無い場合は、タオルケットを畳んで使用します。

安置後、使用した布団等は、弊社でお焚き上げができます(有料)。

ご自宅の間取りの状況によりますが、仏式ですと、北又は西に頭を向けてお寝かせします。

介護などで使用していたベッドをすぐに撤去手配が出来ない場合があるので、介護ベッドにお寝かせすることもできます。

お線香やろうそくなどは弊社でご用意させていただきます。葬具品が違うキリスト教、神道も対応いたします。

神棚があれば、半紙を貼り、仏壇は扉を開けて半紙を表に貼ってもらいます。(宗派ではなく、お寺様によって、開けるように又は締めておくようにと様々ですので、弊社ではそのように対応させていただいております。)

守り刀も弊社でご用意いたします。

お籠りされる方がいない場合、お休みになられる際は、ろうそく、お線香は消して頂くようにご案内しております。

他の葬儀社様にお願いされる場合には、安置施設が無い葬儀社もありますので、安置場所について事前に確認されることをお勧めいたします。

施設の無い葬儀社ですと、一般に誰でも利用可能な公的施設に安置するケースがあります。その際は、葬儀社側ではなく、その所有する施設側の制約があるので、注意が必要です。例えば、面会方式や面会時間等についての制約です。

公的施設の料金は、1日の料金で、川崎市のかわさき南部斎苑は1000円(川崎市内の方)、3000円(川崎市外の方)です。
※かわさき南部斎苑は葬儀社立会いの元でないと面会不可です。

臨海斎場ですと、港区区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区在住の方は3000円、それ以外の方は5000円です。

他に、各地域の自治会館や、お寺にご安置するケースもあります。
ただし、自治会館やお寺ですと、受け入れ時間帯等の制約がありますので確認が必要です。

ちなみに、当社の安置料金はなんと無料です。地域にご奉仕しております。

【葬儀までの間に弔問客がいらしたら】

 お線香等を上げていただき、ご供物があればお供えいただきます。ご弔問の方のご芳名は記帳しておきます。

通夜・葬儀に参列できない方が、香典を持参されるケースもあります。

【葬儀までのすごしかた】

 打合せから葬儀まで時間がありますと、知人や親戚からいろいろなアドバイスをいただき、喪主が戸惑うケースがよく見受けられます。

弊社がお客様にお話しする上で、「絶対にこうしないといけない」ということはございません。「前後左右無し」とお話しします。

喪主のお考えをしっかりとお伝えいただき、困ったことは弊社にご相談下さい。

「葬儀とはなんですか?」というお話しに、弊社では一貫して「お弔いする心です」と申しております。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

事前相談について (参考:葬儀前に確認しておく事柄)

2013年7月19日 10:38

今は、事前にご相談にいらっしゃる方が大変多いです。

電話でのお問い合わせも当然ありますが、言い間違いや聞き間違いがあるといけないし、こういう大切なお話しですので、なるべく弊社にお越しいただくようにしております。

その方が資料もございますし、何よりどういう会社であるのかよく見えるので、お客様に安心していただけると思います。

お葬式は、セミナーや勉強会で理解できるというものではなく、もっともっと個人的な話しが多いものなので、その方によって全然違います。
ですから、しっかりとお話しをさせていただき、納得していただけるまでご説明します。
一生に一度の大切なご葬儀を依頼するわけですから、弊社は当然のことだと思い対応させていただきます。

今は、インターネットで事足りる世の中ではありますが、私は、温かい人間くささを感じていただくことを大切に思っております。

また、事前のご相談ですので、何社にも伺った方が良いと思います。
葬儀社はその会社によって価格帯が違いますので、料金的なことでも参考になると思います。
当然近い葬儀社の方が良いのではないでしょうか。評判も分かりますし。
近いと「○○がないから、すぐ持ってきて」という対応も弊社の場合は可能です。

弊社では、事前相談に来社された方に料金的なこと、流れなどを事細かくご説明します。
その中で、パンフレットに記載している「事前に確認しておくこと」というポイントがあります。
とても実践的でお客様には喜ばれておりますので、ご紹介いたします。

 

<<事前に確認しておくことと>>

○宗旨、宗派の確認 (仏教、キリスト教、神道など)

○葬儀の形 (社葬、合同葬、個人葬、家族葬、お別れ会など)

○葬儀を行う場所 (会葬者などの予測人数やご葬儀の形などを考慮して)

○もしもの時の連絡先 (親戚、友人、町会など)

○宗教家への御礼の額 (お布施等の額)

○納骨される場所 (墓地や霊園)

○喪主(代表者)の決定

○故人様の安置場所 (自宅以外にも中原屋にてご安置も可能です)

 

事前相談で、分からないことがなくなるだけでも、安心度がかなり違うと思います。

事前に相談されることが大切です。

弊社では、事前相談にお越しいただいた方に電話や後日連絡などは一切しておりませんので、ご安心ください。

今は家族葬が多くなりましたが、弊社には、社葬、合同葬、寺院葬などの規模の大きい葬儀など、多くの実績がございます。

 

まずは弊社に何でもお聞きください。

 

中原屋の事前相談窓口(24時間受付)

電話 0120-30-4343   メール info@nakaharaya.co.jp

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

病院からの搬送について

2013年7月12日 10:40

病院でお亡くなりになると、ご自宅又はどちらかの霊安室にご遺体を搬送しなければなりません。

(近年当社の場合、霊安室にお預かりするケースが8割~9割ほどで大変多くなりました。)

 

搬送は、病院に出入りしている葬儀社に依頼をしなければいけないということはありません。

知っている葬儀社に連絡をすれば良いのです。

 

搬送料は、当社の場合は10キロ17220円ですが、それぞれの葬儀社によって陸運局に届けを出している料金が違うので、確認が必要です。

 

病院からの搬送の車には、1~2名が同乗することができます。

搬送は、深夜でも、早朝でも行います。ちなみに、午前2時~4時の搬送が不思議に多い気がします。

 

搬送の車は通常「寝台車」というもので、車種的にはエスティマやプレサージュのような形状の車、色は目立たない白色や黒色の車になります。

 

ちなみに火葬場へ向かう車は「霊柩車」で、寝台車よりも加装してあるものです。

昔みたいなお宮の霊柩車は少なくなり、寝台車タイプの車の受注が多くなりました。

 

ご遺体を病院から自家用車で搬送することも可能で、この場合、死亡診断書又は死体検案書を所持している必要があります。

実際にお客様で、自家用車でお連れしていかれた方もいらっしゃいましたが、通常は、特殊装備してある寝台車を利用される方が多いです。

寝台車ですと、救急車と同じく寝かせたままストレッチャーの上に担架を置き、お乗せしますので、故人のお身体をさほど動かさずに搬送できます。

自家用車ですと、小さいお身体の方でしたら可能かとは思いますが、大きいお身体の方の搬送は、難しいと思われます。

 

中にはご遺体を遠方まで搬送されたいケースもあるでしょう。

この場合には、空輸という飛行機での搬送もあります。

空輸の段取りは当社でいたします。運賃的に空輸と陸路で大差はありませんが、空輸の場合は、お棺に納棺する必要があったり、身内の方が同じ飛行機に乗るためのチケットを購入したりしますので、その辺りの費用がかさんできます。

 

最後に、搬送後の葬儀についてですが、病院に出入りしている葬儀社に搬送だけお願いし、葬儀は別の会社が行うというケースも多いにあります。

搬送も葬儀も、どちらの葬儀社に依頼するかは、お客様の自由選択なのです。

 

中原屋の寝台車

関連ブログ

ベンツ クラウン 霊柩車の種類 → http://nakaharaya.co.jp/blog/?p=153

 

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

感謝からの展開

2013年7月4日 14:06

最近では家族葬や直葬が多くなっていますが、弊社は企業の社葬、寺院葬や合同葬等のご用命をいただくことが多く、実績も数多くあります。

過去にご施行した資料たるものは数えきれないほどの量となり、膨大なデータを保存しています。

世代交代したお客様より、「前(昔)はどうだったっけ?」のような質問がありますと、「任せて下さい!」とばかりに、何十年前にご施行した際の資料を出し、その時の状況をお伝えします。「へぇ~、そうだったの」とお客様から言っていただくと、存在価値というか存在意義を感じます。私どもしか分からないことがあり、喜んでいただけることは私どもの嬉しさ、遣り甲斐となっています。

大阪の阿波弥さん(※1)を目標に、これから先100年、200年と頑張ります。熊田さん(※2)から「200年早い」と言われそうですが、一歩一歩を大切にしていきたいと思います。

温故知新という言葉の通り、昔があっての今であり、ご先祖様に感謝しております。当社の信条に掲げている「感謝からの展開」を毎朝の朝礼で斉唱しています。

自分の先祖を大切にできるからこそ、お客様のご先祖様を始めとする弔いを担うことのできる葬儀社であると思います。

 

※1 株式会社阿波弥様 : 1745年創業 265年以上の伝統と実績がある葬祭業の老舗

http://www.awaya-ceremony.jp/index.html

※2 熊田昭夫様 : 株式会社阿波弥 代表取締役社長

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター