株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

納棺師による納棺の儀式と、旅支度について

2013年8月27日 17:30

「納棺師とは、どのようなことをしてくれるのでしょうか」という質問をいただきます。
映画「おくりびと」の題材にもなった納棺師。映画の反響はすごく、お客様の方で納棺はあのようにするというイメージがついてしまったようです。

当社では、これまでは当社社員が納棺の儀式を行っておりましたが、今では納棺師による湯灌(湯船を用意してシャワー、入浴)、着せ替え(俗に言うおくりびとスタイル)、メイクのみというオプションをご用意しております。
納棺師に行っていただきますので、お顔の修復も可能です。メイクでは顔色が良くなります。
湯灌は、「おくりびと」の映画が公開される前にもございました。湯船が置けるスペースがあれば、ご自宅でも行えます。
別途料金が発生しますので、あくまでもオプションです。必ず必要というものでもございません。

今でも当社社員による湯灌(入浴)・着せ替え・メイクも行っておりますが、納棺師が入りますとお任せしております。
当社で行う場合は無料ですが、納棺師を手配しますとそちらにお支払いする料金がかかります。

ご遺族の方々がメイクを行うこともあります。ご生前のイメージがあるので、お化粧のいできる女性がいらっしゃるならその方が良いと思います。お弔いの一つであり、ご生前を偲びながら、語らいながら、ゆっくりと・・・
綺麗になればいいというだけでなく大切なお時間でもあると私は思います。

関連して「旅支度とはどのようなことをするのでしょうか」というご質問もいただきます。
旅支度というのは、手甲を付け、足袋をはき、すねに脚絆を付けます。杖をそえ、お数珠をおつけし、笠、草履などをご用意します。ちょうど、旅に出るような様相にすることを言います。
当社では、旅支度のご説明をしながら行っていきます。
浄土真宗や創価学会など旅支度がない宗派もございます。
そしてお棺には、一緒に入れて差し上げたいもの(副葬品)をお入れください。ただし、副葬品として入れられない物がございます。貴金属、ゴム製、ガラスなどの不可燃物はご遠慮いただいております。また、厚い本や果物なども入れない方が良いです。迷信ですが、生きている方のお写真やお薬も入れないことが多いです。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

遺影写真の選び方 (集合写真からの作成や着せ替え加工もできます)

2013年8月18日 13:58

ご葬儀の打ち合わせで伺い、遺影写真のご説明をすると、どのような写真がいいでしょうか、
というご質問をいただきます。
そのような場合、ご本人様らしさのある写真が1番です、とお話ししています。

その方らしい表情。ご遺族様や会葬に来られた方々が、
「そうそう、いつもこんな感じで、まさにそのまま」というのが良いですね。

普段着でいいでしょうか、と気にされる方もいらっしゃいますが、
今は技術が発達していて、ご希望に応じて、和服や洋服などに着せ替えもできます。

昔のような取って貼ったような感じではなく、着せ替えた事自体、分からないくらいですが、
着せ替えをしないで、そのままの服を遺影写真にされる方が多いですね。

遺影写真というのは、その方を想い語らいご生前を偲ぶこと。
その方らしい衣服のままでとお考えになられているのだと思います。

背景もお好みに変えることができます。たとえば、ご本人様が海が大好きだったとか、
山歩きが好きだった等で、
海、山、お花畑にと、希望される方もいらっやいます。

アドバイスさせて頂くと、あまり明るくないバック色の方がお顔が良く映ります。

高齢の方が亡くなられ、最近の写真の中に、一人で写っている写真が無い場合も多くあります。

ピントがあっていれば、集合写真からでも、ご本人様だけ引き伸ばすことができます。

大きさは、親指大くらいあった方が良いでしょう。免許証の写真からもお作りすることは可能です。
写真の原板、ネガ、データ何でも大丈夫です。

ご本人様が残された写真の中から、たった1枚を選ばれるのは、様々な想いもあり、
大変なことだと思いますが、
その探すということも供養の一つと考えます。

その方らしさとは何か、生前、どのような感じの表情だったかなど、
想いを馳せることがお葬式だと思います。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

菩提寺がなかったり、遠方だったり…葬儀の読経とお布施について

2013年8月11日 12:29

日本では実に95%が仏式でお葬式が執り行われているといわれています。
(キリスト教2%、神道1%、その他2%)

当社でも「葬儀はどのような宗教形式で行いますか?」と伺うと、「仏式」でと
お答えになる方が多いのですが、
菩提寺がなかったり、あっても遠方だったりする方が数多くいます。

そのような方の場合は、ご宗派を教えていただき、
通夜・告別式で読経をお願いする宗教家を紹介致しますし、
特に決まった宗派が無い場合は、いろいろお話を伺いながら、アドバイスをさせていただきます。
まずは、葬儀社に相談しましょう。

最近ではご家族だけの葬儀が多くなり、読経は、通夜か告別式、
どちらかだけでいいという方もいらっしゃいます。

どちらかだけでということであれば、告別式の日に読経して頂いた方がとお話ししております。
それは、あくまでも通夜というのは夜伽(よとぎ)ということで傍でお籠りをされる日だからです。
儀典的な要素ですと葬儀(告別式)に読経が通常です。

また、田舎にお寺があり、そこに納骨されるという方がいらっしゃいますが、
その際は、しっかりとその田舎のお寺さんとお話しをしましょう。
勝手にこちらで葬儀をして、田舎に戻ってトラブルになるケースがあります。
すべて段取りが大切です。後のトラブルを引き起こさないために、
しっかりとその辺のアドバイスをさせていただきます。

菩提寺がある場合も、無い場合も、僧侶に来ていただきますとお布施をお渡しすることになります。
「金額は」「いつお渡しするのですか」というご質問も多くいただきます。

「金額」については、お布施は「御経料、御戒名料〈御法名料〉、御膳料、御車代」等を
含む場合がありますので、依頼する寺院にご確認下さいとお話ししています。

当社が紹介させていただく場合は、ご依頼時にお話しします。

又お渡しするのは、当社では、お通夜の時に、菩提寺様がお越しになられ、
最初のご挨拶の時に渡すようにご案内してます。
現金なので、防犯上の心配がありますので、その辺は施設での注意が必要です。

又、菩提寺様によっては、通夜の読経が終わったら下さいとおっしゃる方、
お寺の方に御持参下さいとおっしゃる方もおりますので、
絶対に通夜ということではございません。

中には、用意を忘れてこられる喪主の方もおりますので、その時は、葬儀の際にお渡しします。

以前にお寺さんに「お布施を頂いてないが、お忘れになってないか」と
尋ねられたこともありました。

御葬家の方では、なかなか気を回せないこともありますので、
その辺はしっかりと当社でフォローしますので、御安心下さい。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

家族葬についてよくいただく質問と、密葬・直葬との違い

2013年8月3日 07:36

近年多くなりました家族葬について、お客様からよくご質問いただく内容についてお話しいたします。

 

Q.1 家族葬とは、親戚のどこまで声をかければいいのでしょうか。また人数の制限はありますか。

A.1 先日、当社の家族葬ホールにて、ご家族3名でお葬式をされました。

お寺様を手配され、小さめの祭壇もお花で飾りました。

とても温かい素晴らしいお葬式でした。

気兼ねをせずに、お弔いに心をしっかりと傾けていらっしゃいました。

そのご様子に、我々にできることは精一杯いたしますと心で呼び掛ける思いでした。

お弔いの志に「定義」や「ルール」または、「絶対」というものはないと思います。

よって、親戚の範囲は感覚でこの方はお呼びしたいという方をお呼びになればと思います。ただし、後になって「何で声をかけてくれなかったの?」とおっしゃる方もいらっしゃいますので、注意は必要です。人数制限はございません。

ちなみに曾孫さんまでいらっしゃる方など、あっという間に40名を軽く超えるご家族もいらっしゃいます。

 

Q.2 家族葬で香典や供花を、いただいてもいいですか。

A.2 喪主の方、又はご家族と相談の上、どちらでも結構です。

当社で施行される方は、家族葬でもたいてい頂戴されています。

 

Q.3 家族葬にしたのですが、自宅に近所の方がお香典をもって来てくださいました。辞退しても失礼になりませんか。こういう場合、お線香だけでもあげていただいたほうがいいのでしょうか。

A.3 香典辞退の方もいらっしゃいます。失礼にはあたりません。

どちらにしても、お線香はあげていただいてはいかがでしょう。

 

Q.4 密葬・家族葬・直葬の違いは。

A.4 【密葬】は、ごく身内でお葬式を行います。一般の方々には後に行う本葬に来ていただきます。(しかし密葬だけで何百人というケースもあります。)
社葬や合同葬を行う際に、密葬と本葬に分けるケースが多いです。

【家族葬】は、ご家族及び親しい方、友人知人で行います。

【直葬】は、火葬だけの範囲で行います。

 また最近では、通夜はせずに、告別式のみという方も多くなっています。
「1日だけのお葬式」「ONE DAY セレモニー」として当社でも行なっておりますが、
例えば、家族(喪主含)も親族もご高齢で暗くなってからは外に出られない、
家族葬で、通夜、葬儀と両日は集まれないので葬儀だけにされる、
葬儀費の軽減、等いろいろな理由があります。
10件に1件は割合的に現在ございます。

 

Q.5 家族葬をしたいので、亡くなったことを近所に知られないようにすることは可能ですか。

A.5 可能です。けれども今は、知りたくても知らなかったという近所の方が大半なのではないでしょうか。

当社もお客様から、「近所の方には知られないようにお願いします。」とのご要望があれば、徹底して知られないように行います。

例えば、病院から直接当社の霊安室に安置いたします。

寝台車でご自宅に伺う際は、日が暮れて目立たなくなってからお迎えに参ります。また、ご自宅に伺う時の車は、社名の書かれていない車を使用します。

お問合せには一切答えない統一を図るなどなど、対応はいろいろございます。

 

Q.6 葬儀が終わった後に亡くなったことを知人やお世話になった方へお知らせしようと思います。どのようにお知らせすればいいでしょうか。

A.6 49日の法要が終わりましたという文面を奉書やハガキで送って告知する、

年末ならば喪中ハガキを送るなどいろいろな方法がございます。

町会へは掲示版に貼る又は回覧板で告知する方法もございます。

お知らせの際には、「故人のご遺志(遺言)により、近親者のみで家族葬にて行いました。・・・末筆失礼とは存じますが欠礼させていただきました事おくみとり下されますようお願い申し上げます。」のような感じの雛型がございますのでご活用ください。

 

<ご参考>

中原屋の家族葬   ご家族様だけの、心温かいご葬儀をお手伝い致します。

           http://www.nakaharaya.co.jp/enforcement.html

ご葬儀の流れ(ご葬儀全般)

           http://www.nakaharaya.co.jp/flow.html

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター