株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

「直葬」の流れと費用について

2013年10月29日 22:46

近年、注目されている葬儀スタイル「直葬」について詳しくお話ししたいと思います。

故人の希望で、お通夜や葬式などのセレモニーは行わず、葬儀を身内だけで簡単に済ませたい場合、この「直葬」という葬儀スタイルを選択されます。

「直葬プラン」を用意している葬儀社も多く、一般的な「直葬」の流れは次のようになっています。

臨終→安置(病院、自宅、葬儀社の安置所など)→打合せ(日時や火葬場予約)→親族に訃報連絡→納棺の儀→出棺(お焼香やお別れ)→火葬(死後24時間を経過した後)→収骨→遺骨安置

ご希望により、安置場所に僧侶を招いて枕経をお願いしたり、火葬炉の前で簡単な炉前法要を行います。(お布施がかかります)

セレモニーを行わない分、葬儀費用が抑えられ、10万~50万円くらいで葬儀を行うことができます。

当社の直葬プランは、189,000円で承っております。(川崎市在住で、川崎市立の火葬場の利用限定)

お棺、布団、仏衣、旅支度、火葬料、納骨容器、霊柩車、ドライアイス、寝台車での病院までのお迎え(10キロ以内)で189,000円です。

霊安室のご利用(何日でも可)、コールドルームのご利用(何日でも可)、火葬場の案内スタッフ、焼香具一式、諸手続き、葬儀後のサポート、これらを全部入れてです。明瞭ですね。

ちなみに家族葬では、おおよそ53万(消費税抜)円です。(バス、ハイヤー、料理、返礼品、お布施の費用は別です。)

 

しかし「直葬」を選択されるケースの中には、葬式をあげるのは経済的に困難だからという理由の方もいらっしゃいます。この場合は、上記の費用でも高すぎるでしょう。

それでは、経済的に困難で葬儀社の直葬プランを使えない場合には、どうすればいいのかについて、次にお話ししたいと思います。

 

火葬は、葬儀社を通さなくても、火葬場に直接電話をして予約をすることが可能です。

病院(あるいは自宅、亡くなった場所)から安置場所までの搬送および、火葬場までの搬送には、通常、以前ブログでもご紹介した寝台車を使います。

寝台車は、ストレッチャーに寝かせたまま楽に車にお乗せできるように改造してあります。

 

しかし、病院からの搬送は自家用車でも「死亡診断書」を持っていれば可能なのです。

もしも自家用車で行うなら、抱きかかえてお乗せすることになるので、亡くなった方が体の大きい方の場合はとても大変です。搬送中も、ご遺体が動かないようにバンドで固定するなど注意も必要です。

 

さらに火葬場までの搬送も、自家用車でも大丈夫です。納棺は必要ですから、お棺が入る車種が必要です。

でも実際は、自分達で搬送するのは不可能のように思えます。(私の知る限り、自分達で搬送されたケースはありません。)

 

納棺も棺さえ入手できれば、納めることだけは可能かもしれませんが、旅支度が必要な時はそのやり方も分からないとなりません。

 

経済的な理由から葬儀をできずに家族のご遺体を放置したという悲しいニュースも何度か耳にしています。どうしても経済的に困窮している場合には、例えばお住まい近くの役所などの市民相談などに一度相談されてみてもよいと思います。

 

<過去の関連ブログ記事>

病院からの搬送について  http://nakaharaya.co.jp/blog/?p=228

洋型霊柩車について あれこれ (霊柩車の内部もご覧ください)  http://nakaharaya.co.jp/blog/?p=388

宮型霊柩車から洋型の霊柩車へ・・・  http://nakaharaya.co.jp/blog/?p=319

納棺師による納棺の儀式と、旅支度について  http://nakaharaya.co.jp/blog/?p=293

家族葬についてよくいただく質問と、密葬・直葬との違い  http://nakaharaya.co.jp/blog/?p=261

病院からの搬送について  http://nakaharaya.co.jp/blog/?p=228

火葬場と葬儀  http://nakaharaya.co.jp/blog/?p=106

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

洋型霊柩車について あれこれ (霊柩車の内部もご覧ください)

2013年10月15日 21:40

前回のブログで霊柩車についてお話しいたしましたが、今回は洋型の霊柩車についてもう少し詳しくお話ししたいと思います。

霊柩車

霊柩車は、トヨタ、日産などの通常の車をベースに改造します。
改造専門の会社があり、霊柩車や寝台車に改造してもらいます。それは、日本車でも、外車でも可能です。
ちなみに、霊柩車や寝台車にする車種はおおよそ決まっています。後部のハッチの大きさ等が重要になるので、すべての車種が可能というわけではありません。救急車を想像して頂くとわかると思いますが、ストレッチャーというのを乗せるので、それだけの長さや幅のスペースが必要になるのです。

霊柩車内装

じゃあ、軽自動車で寝台車はないのか?というと、実はあります。当社も営業ナンバーを取得し所有しており、ホールまでの搬送などに使用しております。細い道などどこにでも行けるので、大変便利なんです。

ご遺体の病院からご自宅への移動や、ご自宅からホールの移動等で使用する寝台車の改造はシンプルです。

しかし霊柩車の場合は、火葬場まで行かれる最後のお車で、葬送の意味を含んでおりますので、出来る限り綺麗に加装しております。
見栄えは宮型以外はあまり寝台車と変わらないので、一見は分からないように思えますが、お柩をお寝かせする所の内装や、電装などとても凝っています。

当社の霊柩車の外装は、レザーを使用しております。昔から当社では改造依頼の際にレザーにこだわっております。
特にベンツは白いレザーなので、とても手入れが大変です。

霊柩車座席

車を知っている方なら分かると思いますが、レザーは劣化が激しく、固くなったり、変色したり、縮んでしまったりしますのでメンテナンスが大変なんです。
しかし、故人様の最後の送り車として、最高のしつらえをしております。偏見ですが、レザーはとても良いです。
霊柩車の出棺時に鳴らすホーンも改造しています。電子ホーンで、とても良い響きです。

ご遺族の方は、霊柩車の助手席に1名乗っていただけます。ベンツは後部座席にも席を設けていますので、特別に2名乗ることが可能です。
寝台車は2名で移動に伺いますので、後部座席に1名のみ乗車できます。

因みに霊柩車を運転するのに特殊免許は必要ありません。普通免許があれば、運転できます。しかし当社では、営業ナンバーの為、ベテランのみ運転させています。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「ご葬儀後」 目次

2013年10月11日 15:11

- 「ご葬儀後」 目次 -

本位牌の種類と選び方

”白木の位牌”(仮位牌)と”塗りの位牌”(本位牌)について

お墓と納骨について (合祀墓、永代供養墓、散骨、霊園という選択も)

位牌と供養の形について

全体拾骨と一部拾骨 (関東と関西の拾骨文化の違い)

葬儀後のお客様アンケート

年賀状とお葬式

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「ご葬儀全般」 目次

2013年10月11日 14:58

-「ご葬儀全般」 目次 -

真冬の葬儀(コートの種類と防寒のための服装について)

真冬の葬儀(コートに関するマナー)

葬儀場での写真撮影やビデオ撮影について(葬儀中の撮影マナー)

年末年始の葬儀について (葬儀の日程と費用について)

年末年始の葬儀について (火葬場・役所・葬儀社の運営日)

家族葬を滞りなく行うために (費用について)

家族葬を滞りなく行うために (香典・供花・供物の辞退と、自宅への訪問の対応)

家族葬を滞りなく行うために (親族・友人への連絡で気をつけたいこと)

お葬式で使っていはいけない言葉

お葬式でご遺族にかける言葉について ~ご愁傷とは~

枕花・供花の金額

枕花・供花の宗教による違い

枕花・供花の木札(名札)の形と、連名の場合の名前の書き方

枕花や供花の手配の仕方と注意点

枕花・供花の生け方と、どちらを贈るか

通夜・告別式のマナー(喪主挨拶・告別式)

通夜・告別式のマナー(喪主挨拶・通夜)

通夜・告別式のマナー(喪主側の喪服と、弔問者の喪服・バッグや小物の色・メイクについて)

通夜・告別式のマナー(喪服ついて / 男性用・女性用・こども用)

通夜・告別式のマナー(弔電について)

通夜・告別式のマナー (お香典について)

通夜・告別式のマナー (弔問はどちらに?)

川崎市の火葬場

火葬場と斎場

キリスト教での葬儀について ~知ってきたいマナー~

キリスト教での葬儀について ~通夜式、葬儀式~

神式の葬儀(仏式の葬儀との違い)

神式の通夜祭・葬場祭での作法(玉串奉奠)

神式の葬儀について ~通夜祭、葬場祭~

宗派による葬儀の違いとマナー

葬儀の基本的な流れ(仏教・告別式)

葬儀の基本的な流れ(仏教・通夜)

直葬の流れ

一日葬の流れ

家族葬の流れ

焼香の仕方

焼香(しょうこう)・抹香(まっこう)とは

供物について

枕花とは

供花物についてあれこれ・・・

供花とは

葬祭ディレクターとは

”白木の位牌”(仮位牌)と”塗りの位牌”(本位牌)について

「直葬」の流れと費用について

洋型霊柩車について あれこれ (霊柩車の内部もご覧ください)

宮型霊柩車から洋型の霊柩車へ・・・

喪主の役割について (葬儀に関する事の決定と喪主挨拶)

喪主と施主の違いについて

納棺師による納棺の儀式と、旅支度について

遺影写真の選び方 (集合写真からの作成や着せ替え加工もできます)

菩提寺がなかったり、遠方だったり…葬儀の読経とお布施について

家族葬についてよくいただく質問と、密葬・直葬との違い

安置場所についてと、安置から葬儀までの過ごし方について

病院からの搬送について

感謝からの展開

全体拾骨と一部拾骨 (関東と関西の拾骨文化の違い)

会葬者用の送迎バスをめぐって・・・

通夜振る舞い

ベンツ クラウン 霊柩車の種類

火葬場と葬儀

お布施について (お寺様に渡すタイミングは?)

終活(葬儀をプロデュース)、家族葬について

彼岸を過ぎて (中原屋の理念、葬儀のお手伝いの形)

家紋と冠婚葬祭

家族葬、一日葬、現代の葬儀の形…

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「ご葬儀 事前相談」 目次

2013年10月11日 11:59

-「ご葬儀 事前相談」 目次 -

年末年始の葬儀について (葬儀の日程と費用について)

年末年始の葬儀について (火葬場・役所・葬儀社の運営日)

お葬式に備えて~親から子へ伝えておきたいこと、子が親に聞いておきたいこと~(その2)

お葬式に備えて~親から子へ伝えておきたいこと、子が親に聞いておきたいこと~(その1)

「なかはらや倶楽部」について

冠婚葬祭互助会と「なかはらや倶楽部」会員制度の違い

事前相談について (参考:葬儀前に確認しておく事柄)

終活(しゅうかつ)のひとつとして…生前相談

葬祭ディレクターをご存じですか?

【なかはらや倶楽部】へのご入会に際して・・・反省・・・改善に努めます

終活(葬儀をプロデュース)、家族葬について

家族葬、一日葬、現代の葬儀の形…

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

宮型霊柩車から洋型の霊柩車へ・・・

2013年10月7日 16:15

以前は、川崎市で所有していた宮型霊柩車を1500円で借りることができたので、宮型霊柩車を頻繁に見かける時期がありました。
しかし今では、川崎市で霊柩車を所有しなくなり、民間の霊柩車会社より借りる、又は、各々の葬儀社の所有する霊柩車を使用するようになったことから、川崎市では宮型霊柩車をほとんど見かけなくなりました。
もちろん、宮型の霊柩車を希望されるお客様もいらっしゃいますので配車は可能です。
でも圧倒的に洋型の霊柩車の需要の方が多くなっています。
時代の流れでしょうか、年配の方になりますと宮型が良いという方もまだいらっしゃいますが、一般的にはキンキンキラキラの宮型霊柩車よりも落ち着いている方が良いと言われます。

当社もベンツの霊柩車を購入しまして、お客様に大変喜ばれております。しかも色は白です。
私が言うのもおかしいですが、素晴らしい霊柩車です。
当社の所有する洋型の霊柩車は2台で、それぞれ42000円と52500円でご利用いただいております。
霊柩車
時間がとれる時には、私も霊柩車を運転して火葬場までいきます。
道中、霊柩車の中で喪主の方とと必要な限りいろいろとお話しをさせて頂いております。
会話から、これからのヒントになることもたくさんありますし、サービス面で役立つ事もたくさん聞くことができます。

火葬場には、霊柩車でないと入れないということはありません。
小さい棺の場合は、霊柩車は使わず、ご両親の膝の上に乗せて火葬場までいくことが多いです。

寝台車タイプの車で行くこともあります。(寝台車タイプというのは、病院へお迎えに行く時に使用する車です)
寝台車

マイクロバスの形で、柩と遺族の方8名くらいのれる車を斡旋していたこともありますが、川崎では不人気でした。

ではここで、ちょっとブレイクタイム。
霊柩車と言えば、迷信のような話を聞くことがありますが、みなさんは信じていらっしゃいますか?
例えば、「霊柩車を見たときには親指を隠さないと親の死に目に会えない」とか。
私は、信じるもなにも実際運転しているので指を隠していたら仕事になりません。(~_~;)

他にも「霊柩車も追い抜くと、死を急ぐ」というのもあるそうですね。
こちらも聞いたことありますが、実際には、霊柩車を運転していると、他の車はどんどん抜いていきますよ。こちらは葬列を組んで走っているため、ゆっくりですので・・。

迷信の他で、霊柩車にまつわる話といえば、
「名古屋は赤い霊柩車が人気」というのを聞いたことがありました。予約もなかなか
取れないと。

以前の関連ブログ記事↓
ベンツ クラウン 霊柩車の種類  http://nakaharaya.co.jp/blog/?p=153
病院からの搬送について  http://nakaharaya.co.jp/blog/?p=228

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

喪主の役割について (葬儀に関する事の決定と喪主挨拶)

2013年10月2日 15:58

「喪主」は、基本的には代表様ですので、葬儀社の決定から葬儀に関わるあらゆる事の決定、判断をします。

葬儀社は、やはり知っている会社の方が安心だと思います。

親族、本家などへの連絡は、もちろん喪主の方がされた方が良いと思います。菩提寺があればそちらの方にも喪主から連絡します。

葬儀後の問合せについては、当社では喪主の了解がないと、お伝えしません。
例えば、請求額の問合せや、様々な再発行に関してもです。

また「喪主」は、葬儀の時に遺族を代表して挨拶も行っていただきます。
当社では喪主挨拶例文をご用意していますので、どうぞご活用ください。出棺用挨拶や精進落し挨拶の文例もあります。

余談ですが、当社の出棺時の挨拶文は私が作成したのですが、仏教、キリスト教、神道などすべてに使える挨拶文なのです。
(会葬礼状は、すべての宗教の文例で対応いたします。)

さらに余談ですが、私が京都の葬儀社で修業をしていたときには、葬儀社の司会が喪主代行で出棺の挨拶をしていました。九分九厘以上は喪主が挨拶することはありませんでした。
そのおかげで、川崎にもどりまして出棺時の挨拶の司会をしている際、喪主が急につまってしまい挨拶ができない場合などには、得意の喪主代行挨拶を何度もさせていただきました。
そうすると「初めから、やってもらえばよかった」と言われますが、それは違います。私の決まった言葉よりも、喪主の一言の言葉の方が重みや、伝わる感じが違うと思います。

喪主挨拶は、通夜のお斎の前の挨拶、出棺時の最後の挨拶、火葬場で精進落しをする場合には、その時の挨拶があります。

ちなみに家族葬の場合は、気心が知れていますので、省略されることが多いです。

あまり会わない親戚が参列された場合は、放送設備は使用しないで、口頭でほんの少し儀礼的な挨拶をされることもあります。

挨拶のポイントは、昨日と本日の葬儀にご会葬頂いたこと、丁重なるご高配を預かったことへの御礼です。

皆様のおかげで、葬儀が滞りなく済んだことに御礼します。
そして、友人、会社、町会などに対し、生前中に賜ったご指導ご鞭撻に御礼し、残された遺族に対する変わりなきご指導ご鞭撻のお願いをします。
最後に本日の御礼をします。

このような構成を基本にして、あとは皆様にお伝えしたことを挨拶に取り入れれば良いと思います。
あまり長い挨拶は避けた方が無難だと思います。

中原屋サイトの遺族代表挨拶文例はこちら → 文例

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター