株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

やすらぎホール中原屋のご紹介

2013年11月25日 17:26

みなさまにお使いいただき、ご好評をいただいております「やすらぎホール中原屋」には、数々の「こだわり」があります。

今回は、こちらホールのご紹介をしたいと思います。

当社のメインホールの一つ「やすらぎホール中原屋」は、杉山昌司先生に設計をしていただきました。

杉山昌司先生は、私も入会しております「日本葬送文化学会」の常任理事でいらっしゃいます。先生は、葬送全般についての造詣が深く、機能的で、合理性があり、なおかつ利用者のメンタル面にも充分に配慮した施設作りに定評があります。

 1981年 赤羽法善寺葬斎場の設計を手始めに、東京板橋戸田火葬場、及び、東京・埼玉・神奈川・千葉・山梨・長野・栃木・新潟の各地葬斎場の設計をされた実績をお持ちです。

杉山先生が設計されたということで、当社のホールには多くの同業者の方々が見学にいらっしゃいました。

全国はもとより韓国や中国からもいらっしゃいました。

我々が使いやすいのは当然ですが、ご遺族様、ご会葬者の方々にもとても優しいホールです。

設計のみならず、ご遺族様、ご会葬者様に気持ち良く過ごしていただけるよう私共がこだわっていること・知っていただきたいこともたくさんありますので、以下、お読みください。

やすらぎホール外観

<いつもピカピカ☆>

2005年に建設されてから8年になりますが、メンテナンスの回数は必要以上にいれ、定期的に大掛かりなクリーニングもしておりますので、皆様から「ピカピカで、できたばかりのようですね」と驚かれます。

<自慢の装飾品>

建物の外装には華美な装飾はしておりませんが、ホールの中は、装飾を施し常時綺麗にしています。

 たとえば、各所にシャンデリアがありますが、エントランスには某大使館にあるものと同じチェコのスワロフスキーのシャンデリアがあります。

DSC00173 DSC00174

ホールのあちらこちらには、多数の胡蝶蘭のロングを飾っております。

また、2階の会食室に行くまでのエントランスには、有名な方々の絵画がいくつも飾られてます。どのような絵画が飾られているのか、ぜひ一度ホールのご見学にいらしてください。すべて本物です!ですから絵画をよくご存じの方はびっくりされます!

DSC00181 DSC00176 DSC00175

DSC00179 DSC00181

 寺院控室には、人間国宝の○○○まで床の間に飾ってあります。その横に茶碗があるのですが、それはもう世界に一つだけの茶碗です。寺院控室なので、一般の方は入れず、ご覧いただけないのが残念ですが・・。DSC00172 DSC00186

 各所を彩る花は、その都度、花屋さんに新しい花を活けていただいています。

<快適な空調>

空調の循環に気を配り、会葬者がどちらにいらしても、同じ温度に感じられるようにしております。

10月には、夜間出入り口にもう一枚ウッドの扉を取り付けたので、冷暖房も格段アップしました。

また、24時間365日空気清浄してます。

<静かな空間>

国道の横ということで、ホール内にひびく騒音が心配されがちですが、そんなことはありません!

ご見学いただくとわかりますが、とても静かです。

 エントランスはタイルですが、式場内は足音が響かないようにジュータンにしています。

お寺様の袈裟の音まで聞こえるようです。

<やさしい階段>

 エレベータはありますが、階段も着物をお召しになられた方が歩きやすいように段差を最小限にしています。手すりは、ご年配の方向けに上下ダブルで取り付け、グリップは小さくして握りやすくしています。

<ご遺族様の利便性>

遺族控室には、通夜室という別の部屋が設けられています。

この部屋は、通夜が終わったあとに故人様をお連れして一晩中一緒にいれれる部屋とつながってます。

 扉がありますから、同じ家族の方でも、体を休まれる方は電気を消して就寝され、一晩中夜を通す方はその続きの間でそばにいられるのです。

 疲れをいやしていただけるよう、マッサージ機も用意しています。

遺族控室専用の公衆電話があるので、携帯電話のない方は、直接外からの電話を受けられます。

<安全面への配慮>

防犯面では、香典などがあるわけですから金庫はもちろん完備し、防犯カメラもあります。

そして何よりも心強いのがホールの真ん前が幸警察署なのです。よくパトカーでパトロールされてます。(出庫入庫が目の前ですから)

安全面でもう一つ。ホールの建物(2階建て)の基礎は23メートルの杭が25本入っております。耐震に強い建物であり、大型の自家発電機も完備してます。実際に2011年の計画停電中に通夜をやりました。他が真っ暗の中、ホールだけが明々とついていて、会食も通常通りにおこなえた実績があります。

非常袋も完備しております。

まだまだお話しすることが山ほどありますが、長くなりますので、この辺りにしておきます。

ご興味を持っていただけた方は、ホールまでぜひお問い合せください。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

本位牌の種類と選び方

2013年11月13日 11:51

四十九日の法要までに準備をする”塗りの位牌”(本位牌)には、漆を塗ったものや、黒檀、紫檀など様々な素材のものがあります。形も猫丸型、勝美型、春日型などたくさんありますので、一度仏壇店などでご覧になって選ばれた方が良いです。当然大きさもたくさんありますし、値段も違いますから。

宗派によって位牌の形が変わることは無く、基本的に購入される方の好きな形のものを選びます。

位牌が決まったら、表に戒名と没日、裏に俗名と年齢をいれます。

位牌書き方1

戒名がない場合には、俗名で本位牌を作られる方もいらっしゃいます。

例えば無宗教で葬儀を行ったけれども、何か手を合わせる対象物が欲しいということで位牌を注文される場合です。

(当然位牌だけでなく、今は手元供養品もたくさんありますので、そちらに手を合わされてもいいでしょう。)

また、費用の関係でお寺にお経はお願いしたけれども戒名は頂かなかったという場合にも、俗名でお作りになります。火葬場の炉前でのお経だけという方も最近は増えましたので。

ところでこの位牌、家によっては多くなってしまって扱いに困る場合があります。このような場合には、札が何本も入っている「繰り出し位牌」にしてまとめてしまうという方もいらっしゃいます。

※最後に、浄土真宗の場合についてお話しいたします。

浄土真宗の場合、葬儀で白木のお位牌は使用しますが、塗りの位牌は用いません。

過去帳に書き示したり、仏壇に法名軸の掛け軸をされるのが通常です。

しかし実際には、浄土真宗の方でも塗り位牌を購入される方はいらっしゃいます。

◆◆◆ナルホドばなし◆◆◆

通夜の説法でお寺さんがよく「この世あの世は、位牌の厚さ、つまり表と裏」というお話をされます。

どういうことかわかりますか?

この世とあの世は、表面と裏面で「一体」。

表があるから裏があるように、お互いに別々ですが、二つがあって初めて完全になる。

つまり、この世とあの世はつながっているのですよということです。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

”白木の位牌”(仮位牌)と”塗りの位牌”(本位牌)について

2013年11月6日 14:43

位牌とは何か、どういう意味をもつものか、ご存知ですか?

位牌とは、仏教の葬儀で霊を祀るために使われる木製のふだで、死者の霊が宿るものとされます。

白木の位牌は通常、僧侶にお経をあげて頂く時に必要で、葬儀社が用意します。(当社では、札の大きさが30センチのものを用意しています。)

通常は、表に戒名や法号・法名・死亡年月日が書かれ、裏面に俗名や年齢などが書かれます。

位牌書き方1

お寺にお経はお願いしたけれども戒名は頂かなかったという方は、俗名でお作りになる方もいらっしゃいます。例えば、火葬場の炉前でのお経だけという方も最近は増えましたので、そのような場合は俗名でつくります。

以前にもお話ししましたが、四十九日法要までは”白木の位牌”(仮位牌)を用い、四十九日を過ぎたら”塗りの位牌”(本位牌)にします。

白木の位牌は、塗りの位牌に変えるまでの間、四十九日(三十五日)までの間に用いるので、「仮位牌」と呼びます。

川崎では、ご位牌を持つ方は喪主です。そして別の方が、遺影写真と、火葬場からの帰りには骨瓶を持ちます。

この仮位牌は、葬儀後の仮祭壇に、お骨と遺影写真と共に安置します。

そして四十九日法要の際に、お寺に納めます。(当社でも「お焚き上げ」を行っております。)

それと同時に、塗り位牌への魂入れもします。

本位牌は、仏壇店で購入できます。(当社でも販売しております。)

次回は、本位牌の種類と選び方についてお話ししたいと思います。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター