株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

神式の葬儀について ~通夜祭、葬場祭~

2014年4月28日 16:04

前回まで3回にわたり、仏式の葬儀についてお話してきました。今回は神式の葬儀についてお話ししたいと思います。

神式の葬儀では、ご逝去されてから故人の前に用意する仏式の線香ろうそくの前机の内容から変わってきます。線香ろうそくではなく、水、酒、塩、米をお供えします。

当社では自宅用の神道専用の葬具を用意してあります。小さい入れ物で、三方も小さいものです。(当日の祭壇で使う葬具の三分の一から四分の一くらいの大きさです。)

魔除けの刀は神道用の紫色のものを用意します。

仏式の仏衣に相当する、神道用の男性用、女性用のご用意もあります。

御神葬衣(男) 男性用       御神葬衣(女) 女性用

自宅にお寝かせする際は北枕。これは仏式と同じです。

葬儀の呼び方も違いまして、通夜は通夜祭告別式は葬場祭と呼びます。

通夜祭の時は、御霊を霊璽(レイジ)に移す儀式があり、式場全体を真っ暗にします。(霊璽とは、仏式の位牌に相当するものです。)

霊璽1x 霊璽2 中の木主に霊号を書きます

現場では、神官(祭主)が祭壇一番後ろの柩まで回り込むので危なくないように神官の足元の明かりは確保しておきますが、初めて参列される方は「停電??」って思うかもしれません。

次回は、仏式のお焼香に相当する玉串奉奠についてお話しいたします。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

宗派による葬儀の違いとマナー

2014年4月23日 16:03

葬儀は宗派によって違いがあります。

例えば焼香のタイミング。お経はわかりませんが、だいたいは「ゴコウシユイシ~」や「ブッセツアミダキョウ~」の後に行いますが、宗派によっては違ったりします。

また、釘打ちの儀がなかったりもします。

この様に宗派によって違いがあったりするので、参列する場合に宗派がわからなくて心配される方もいらっしゃいます。けれども数珠を持参されていれば、行く前に宗派を知らなくてもご心配無用です。その葬儀のやり方に合わせて、数珠が必要なければ出さなければいいのですから。

また、自分の宗派に合わせてお参りする方は少ないですが、焼香の所で焼香をせずにお祈りされる方もいれば、一輪焼香台に置かれて帰られる方もいて様々です。 絶対にこうしないといけないという決まりはないと思います。

それよりも一番のマナーは、「焼香を早くしろ」とか「焼香台を増やせ」と言わないことだと思います。 お寺様によって焼香のタイミングなどいろいろ打合せであるのですから。

しかし数珠の持ち方にはマナーがありまして、右利き左利き関係なく左手に持つのが基本と知っておいていただくといいでしょう。

仏教の葬儀のしきたりについて少しお話ししますと、葬儀では右側が遺族、左側が親族、というように右側が上になることが多いです。 当社では、右大門、左時間札みたいに、右側には色物(濃い色)の果物や御菓子をお供えします。

通常は、国旗など左が上席ですが、葬儀の場合は、故人様の目線(祭壇側)を基本としてますので、当社では何でも右側が上というようにしております。

しかしこれはあくまでも、基本的なことですので、自宅や集会場でおこなった場合は、会葬者の動線を考えて、遺族親族の場所、友人、町会、来賓の方の場所を考えます。

さて最後に、葬儀は宗派により違いがあるとお話ししましたが、弊社はすべての宗教宗派に対応しますのでご安心ください。 葬具類も豊富にあります。 今ある倉庫だけでは足らず、千葉には一軒家を丸ごと借りて、あまり使用しない葬具をしまってあります。川崎ですと倉庫だけでも高額なので。

そこには、創業当時の祭壇の赤龍祭壇、黒龍祭壇もあります。それは組み立ての祭壇ではないので、ものすごい重い祭壇なんです。本当は処分しなければいけないのでしょうが、もし葬儀博物館があれば展示されそうな昔の葬具がたくさんあるのですよ。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

葬儀の基本的な流れ(仏教・告別式)

2014年4月15日 15:43

前回は、通夜の基本的な流れについてお話ししました。今回は告別式(仏教)の基本的な流れについてお話しします。

<葬儀の基本的な流れ> 時間は、10時~11時の葬儀の場合を例としています

9時45分に遺族親族は式場に着席頂きます。

10時に僧侶の方が式場にご入席されお経が始まります。

葬儀の場合は、火葬時間が決まっていますので、時間通りに行う必要があります。 (菩提寺が地方からお出ましになり、その地方のやり方などがあって1時間はしっかりお経をあげられるとなりますと、15分くらい早めて開式する場合もあります。)

ご遺族ご親族の焼香はお寺様の方でご案内があり(またはこちらにお任せの場合は引導文が終わり)お焼香となります。 一般の方のご焼香は通夜と同じです。

10時40分にはお経が終わり僧侶がご退席されてから、弔電を代読し、閉式します。

その後は、お別れのご準備をしてお別れに入り、供花の花を取り、その花を故人様にお手向けしてお別れします。

柩のフタをしめる際、皆様の手でフタを持って頂き、そっとおろしてもらいます。
「釘打ちの儀」(柩に金釘を打ち、小石で叩くこと)は、最近はお客様のご意向に沿って行います。
(宗派によっては行わないこともあります)

10時55分にご出棺のご挨拶を行い、所定のお車にご乗車頂きまして11時に出棺します。

ちなみに京都では、ご出棺時に喪主になりかわり司会者が会葬者に挨拶することが大半でした。

最近私が司会をすることは少ないのですが、司会の仕方については京都で学んでいる時に、かなり研究していました。(声の大きさ、かすれさせ方、強弱、喉で声を出すように、ナレーション内容やタイミングなどなど) 今は司会専門の方に依頼しますが、前は葬儀担当者が司会をすることが多かったんです。

以上がおおよその通夜葬儀の流れになります。

<関連ブログ>

葬儀の基本的な流れ(仏教・通夜)

家族葬の流れ

一日葬の流れ

直葬の流れ

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

葬儀の基本的な流れ(仏教・通夜)

2014年4月14日 17:13

仏教の葬儀の基本的な流れについてお話ししたいと思います。今回は通夜の流れについてです。

 

<通夜の基本的な流れ> 時間は、18時より通夜の場合を例としています

17時45分に遺族親族は式場に着席頂きます。

18時になりますと僧侶の方がご入席されます。

お経が始まり、会葬者が少ないようですと遺族親族の焼香が終わってから一般会葬者(ご弔問者)のご焼香になります。

しかし会葬者が大勢おみえの場合は、お経が始まり次第一般の焼香を進め、その後20分くらいして遺族親族のご焼香を拝受します。(ご焼香の順番は、お寺様との事前打合せの際に会葬者の人数を見て決めておきます。)

ご遺族ご親族が焼香する際には、一般のご会葬者がある程度落ち着いている場合は、ご遺族ご親族が終わるまで待って頂きます。(ご親族が大勢の場合は、喪主やご遺族が終わるまで待って頂きます。)

おおよそ45分くらいでお経が終わりましてから、説法に入りまして、19時に僧侶が式場よりご退席され終了となります。

あくまでも上記の流れは一般的な流れですので、お寺様によってお経の時間や焼香のタイミングが様々です。その為、式前にお寺様としっかり打合せをします。

次回は、告別式の流れについてお話しします。

 

<関連ブログ>

焼香の仕方

葬儀の基本的な流れ(仏教・告別式)

家族葬の流れ

一日葬の流れ

直葬の流れ

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

直葬の流れ

2014年4月3日 15:23

「家族葬」「一日葬」の流れについてお話ししてきましたが、最後に「直葬」の流れについてご紹介したいと思います。

前回までと同様に見積もり例に沿って、11時出棺の場合のおおよその流れをご紹介いたします。

 

<直葬>

10時00分   来社してお線香やご対面などをしてもらいます。

霊安室 布団 仏衣 旅支度 納棺の儀

お棺焼香台

 

10時45分   お花などがある場合はゆっくりお別れをしていただきます。

11時00分  ご出棺

洋型霊柩車

 

11時30分 火葬場へ到着(かわさき南部斎苑)

火葬場控室

 

13時00分 ご拾骨予定

納骨容器

 

13時15分 火葬場にてご解散

 

※自家用車がない場合は、当社でお供のお車の手配もいたします。

送迎用シャトルバス

 

※事情により火葬場にて待ち合わせをすることもありますが、当社では、なるべく直葬でもゆっくりとお別れをしていただきたいので、ご来社頂き、葬列を組んで火葬場までいくようにご案内しております。

 

 

 

<関連ブログ>

家族葬の流れ

一日葬の流れ

ご葬儀全般

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター