株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

お盆について ~地域による違い~

2014年6月30日 16:10

お盆行事は、土地柄や地方慣習によって異なります。地域特有のお盆行事を一部ご紹介します。

<福島県>
ご先祖様を墓地まで迎えに行き、家に背負って帰ります。
途中に転んだりして背中にまわした手をほどいてしまうと、最初(墓地)からやり直しになります。
仏壇の前で背中からご先祖様を降ろします。

<新潟県 佐渡島>
“あのひのごんせん”という船を藳で造ります。
迎え盆と送り盆の両日には海へ行って船に火をつけて、沖へと運びます。
船を送って浜に泳いで帰ります。

<愛媛県 青島>
大漁踊りという盆踊りを行います。
8月14日には赤穂四十七士の扮装をして踊ります。
赤穂からの漁師達が住み着き、その先祖様の供養の為に始めたものです。

<福岡県>
“そうめん飾り”を飾ります。
長さ1mのそうめんを切らずに茹でて食べます。
先祖様の供養と、現在生きている人達が元気で長生きするようにとの祈りを込めて頂きます。

<和歌山県>
新盆を迎える時は新棚を設けます。
桧と竹で網を造り中央に窓をあけ、その前に棚を設けます。
新仏の位牌を安置し、好物などを供えます。

 

この他にも地方によって、提灯に明かりを灯して墓前まで送り迎えをしたり、道しるべとして墓地から家までの間に明かりを灯したりなど、さまざまな風習がある様です。

また、霊供膳の献立や供物も地域による違いがあるので、各家庭や菩提寺のやり方を大切にしましょう。

お盆明けに先祖の霊を送り出す“精霊流し”“灯籠流し”などは各地で行われてきた魂を送る行事ですが、現在では環境問題などの理由で行われなくなってまいりました。

(“精霊流し”“灯籠流し” :お盆飾りを川に流すものから、真菰や藁や竹などで小船を造って美しく飾りたてて流すもの、灯籠を流すものなどがあります。)

各家庭でしたら塩で清めて心の内で感謝を込めてから、ゴミの回収の時に出すなどして処分します。

 

<関連ブログ>

お盆について ~お盆の準備・スケジュール~

お盆について ~お盆とは・お盆の期間~

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お盆について ~お施餓鬼とは~

2014年6月27日 11:31

7月(8月)14日・15日にお施餓鬼(おせがき)をします。

お施餓鬼は「餓鬼に施す」という意味で、自分だけがおなかがいっぱいになるのではなくみんなで分かちあい、平等に幸福になりますようにとお祈りし、ご法事をつとめることです。これにより、餓鬼道という地獄に落ちていた人も苦しみから救われるのです。

以下に、さらに詳しくご紹介します。

施 餓 鬼(会)

施餓鬼(せがき)とは「施餓鬼会(せがきえ)」「施食会(せじきえ)」「冥陽会(めいようえ)」等という、餓鬼道に落ちて苦しむ一切衆生に食物を施し供養する行事です。

施餓鬼は文字通り、餓鬼をはじめとする悪い死後(六道:天界、人間界、修羅、畜生、餓鬼、地獄 のうちの人間より下の世界)に堕ちて飢えや渇きのために苦しんでいる人々に飲食を施す仏教行事です。

本来期日の定められているものではなく、お彼岸などにも行い、必ずしもお盆だけの行事ではありませんが、お盆には先祖様の霊と共に供養される事の無い無縁仏や餓鬼も訪れてくると考え、こうした施しや供養がされるようになりました。

寺院では「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と「施餓鬼会」は別のものであるという考えから、内陣(ご本尊が安置されている結界の内)で盆供養を行い、その後外陣(結界の外で、通常の法事等で座る一般の人が立ち入ってよい場所)で施餓鬼供養を行う事が多いようです。

寺院での「施餓鬼会」の方法は宗派によって多少の違いもあります。

一般的には1m程の高さの四脚台の四隅に笹竹を立て、五如来の名号を記した五色の幡(はた)を立てます。
中央には「三界万霊有縁無縁の霊」の位牌を置き、その前面と左右に百味飲食を意味する飯食(ばんじき)・素麺・野菜などを八手の葉とかに敷いて供えます。
さらに、前机には飯食・香・香水・みそはぎの小枝を奉書で包んだもの等を置きます。

三界の緒霊は笹竹により降り、百味の供物の供養を受けて満足し、五如来の威力によって滅罪離苦の功徳を得ます。
この間に「施餓鬼法」が行われ、飯食を手向け、香をくゆらし、萩の葉で洒水(しゃすい)して香水を捧げます。
このようにして、亡者の霊は成仏すると考えられています。

五如来

五如来とは施餓鬼の本尊とされています。

宝勝如来(ほうしょうにょらい)、 妙色身如来(みょうしきしんにょらい)、 甘露王如来(かんろおうにょらい)、 広博身如来(こうはくしんにょらい)、 離怖畏如来(りふいにょらい)
で、その名号を唱えると餓鬼の苦しみから救われるとされています。

 

<関連ブログ>

お盆について ~お盆の準備・スケジュール~

お盆について ~お盆とは・お盆の期間~

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お盆について ~お盆飾り(3) 新盆・初盆~

2014年6月26日 10:28

亡くなった方が初めて迎えるお盆を「新盆」と言います。

これは七七日忌(忌明け)が過ぎている場合に当てはまる事で、七七日忌が済んでいない場合は翌年を待って新盆となります。

新盆を迎えた家には、葬儀に参列した人々の中でも特に親しい人、お世話になった人が提灯や供物を贈る風習があります。

つい最近まで家族の一員だった人に対して追慕の気持ちが強いものです。特別にもてなしてやりたいという思いから、新盆の習慣が始まったのではないかと言われています。

新盆の家では普段のお盆よりも盛大に供養するため、親族や親しい友人を招いて法要を営みます。僧侶に棚経(盆棚の前であげるお経)をあげて貰った後に精進料理(現在ではあまり精進料理に拘らない様です)でもてなします。

先のブログ「お盆飾り(1)」でふれましたが、お盆飾りで使用する提灯は通常は絵柄の入った物を使いますが、新盆の家の場合は白無地の提灯を使用します。(吊るすタイプの提灯と、置くタイプの提灯があります。)

提灯は、ご先祖様が戻ってこられる目印になるのです。

新盆用の白い提灯は、お盆が終わると焚き上げる(燃やす)かお寺に収めます。
以前は「精霊流し」といって川などに流しましたが、最近では河川を汚染する問題があることから、「送り火」を行った後、庭先で燃やすようになりました。
けれども川崎あたりですと、マンションも多く燃やすのも大変です。なので、形だけ少し燃やすというか焦がして、袋に入れてゴミの回収の時に出すなどして処分します。

翌年のお盆の時には、綺麗な装飾がされている回り提灯などにして、こちらは毎年使用していきます。

当社では、ご施行させて頂きましたお客様に新盆用の提灯を無料でお渡しします。

浄土真宗など宗派によっても飾らないところもあります。しかし浄土真宗では絶対飾ってはいけないということはないようで、実際は飾っている方も結構いらっしゃいました。

<関連ブログ>

 

お盆について ~お盆飾り(2) 霊供膳・十三仏の掛け軸~

お盆について ~お盆飾り(1)~
お盆について ~お盆の準備・スケジュール~

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お盆について ~お盆飾り(2) 霊供膳・十三仏の掛け軸~

2014年6月24日 12:31

前回のブログ「お盆飾り」の中にあげた「霊供膳」「十三仏の掛け軸」について詳しくご紹介します。

<霊供膳>

お盆期間中(7月13日~16日)は一日に三度の霊供膳を供えます。
地方によって細かく献立が決まっている場合もありますが、通常は一汁三菜です。

霊供膳

 

<十三仏の掛け軸>

お盆には仏壇の扉を閉めて、盆棚に十三仏の掛け軸を祀ります。
これは室町時代あたりから伝わる風習で、初七日~三十三回忌までの忌日に配当した仏様の姿が描かれています。

十三仏の掛け軸

***十三仏***

初七日  不動明王(ふどうみょうおう)
・・・火を背にして憤怒(いかり)の相をしています。悪を断じて善を修し成仏させます。

二七日  釈迦(しゃか)如来(にょらい)
・・・釈迦族の王子ゴウタマ・シッダルタで仏教の開祖。苦行の末に悟りを開いて生涯を布教に捧げました。

三七日  文殊菩薩(もんじゅぼさつ)
・・・智と慧の徳を悟り「悟りに智慧のシンボル」とされます。智慧の猛威を象徴する獅子に乗っています。

四七日  普賢菩薩(ふげんぼさつ)
・・・理と定と行の徳を司り「理智」を現します。仏教徒を守護する為に六本の牙の白象に乗っています。

五七日  地蔵(じぞう)菩薩(ぼさつ)
・・・人々を救済する為に無数の分身に変化します。賽*の河原で子供達を救う説話が有名です。

六七日  弥勒菩薩(みろくぼさつ)
・・・釈迦の入滅より56億7千万年後の世に現れて人々を救済するとされ、 慈氏菩薩(慈悲の権化)とも呼ばれます。

七七日  薬師(やくし)如来(にょらい)
・・・東方浄瑠璃世界の救主で薬師瑠璃光如来とも言います。人々の病気と迷いを取り除き悟りへと導きます。

百ヶ日  観世音(かんぜおん)菩薩(ぼさつ)
・・・またの名を観自在菩薩(ものの本質を分別し照見する)。 世間の音声(世音)を観じて慈悲を持って救済します。

一周忌  勢至菩薩(せいしぼさつ)
・・・観世音菩薩の大慈悲の勢力を得て世間の人々に悟りを得ようという気持ちを起こさせます。

三周忌  阿弥陀(あみだ)如来(にょらい)
・・・西方極楽世界の教主で時空を超えて光輝いています。この光明に会う者は迷いから救われます。

七回忌  阿閃(あしゅく)如来(にょらい)
・・・東方阿比羅提世界の教主で煩悩の無い「智」を現します。怒りの無い動かざる心に導きます。

十三回忌 大日如来(だいにちにょらい)
・・・宇宙の本体、すべての存在と認識の根源を仏格化したもので、「理徳」と「智徳」を現す密教の教主です。

三十三回忌 虚空蔵(こくうぞう)菩薩(ぼさつ)
・・・福と智が大空のように無量で広大無辺であるという意味の仏様です。

**備考**
賽(さい)の河原」とは、小児が死んでから苦しみを受けるとされる冥途の三途の河原。石を拾って父母供養のため塔を造ろうとすると鬼が来て壊す、これを地蔵菩薩が救うという。

 

<関連ブログ>

お盆について ~お盆飾り(1)~
お盆について ~お盆の準備・スケジュール~

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お盆について ~お盆飾り(1)~

2014年6月23日 14:59

飾り方は 各宗派や地方により異なります。一例としてご紹介します。

お盆飾り

お盆飾り2

盆 棚

・精霊棚、盆棚、霊棚、魂祭り棚などと呼び先祖の霊を迎える場所になります。
(ご先祖様がお泊りになるところです。感謝の念)

・盆棚を組んで四方に“しの竹”(精霊の依しろ)を立てます。

・真菰(まこも)のゴザを敷いて設けます。

・十三仏の掛け軸を掛けて位牌を並べます。

・三具足(火立て、花立て、香呂)とリンを置きます。

・花を飾ります。

・閼迦水(あかみず)とは仏に供える水のこと。蓮の葉に少量の水を垂らす。

・水の子(刻んだ茄子と洗米を清水に浸す)を供える。
“一器の浄食と浄水を和して施す”という施餓鬼の修法が盆の習慣に結びついたもの。

・季節の野菜、果物と菓子や故人の好物を供えます。

・先祖の霊の乗り物として胡瓜で作った馬(これに乗って早く来て下さい)
と茄子で作った牛(これに乗ってゆっくり帰って下さい)を供えます。

・日に三度の霊供膳を供えます。
(地方によって細かく献立が決まっているる場合もありますが、通常は一汁三菜です)

提 灯

・先祖様の帰ってくる目印として盆棚の左右に飾ります。

・通常は絵柄の入った物を使いますが、新盆の家の場合は白い提灯を掛けます。
(白い提灯はお盆が終わると焚き上げるかお寺に収めます)

迎え火・送り火

・皿などの上に麻の茎の皮を剥いたオガラを井ゲタに積んで燃やします。

・合掌して先祖様の霊を迎える。(迎え火と送り火は同じ場所で行う)

近年は住宅事情などから盆棚を設けず、仏壇の前に小机を置いて簡素に済ませることも多い様です。

いずれにしても各地方や各家庭と菩提寺によって慣習が違いますので、分からないことがあったら、お寺や中原屋にお問い合わせ下さいませ。

 

次回は、霊供膳十三仏の掛け軸について詳しく説明します。

 

<関連ブログ>
お盆について ~お盆の準備・スケジュール~

お盆について ~お盆とは・お盆の期間~

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お盆について ~お盆の準備・スケジュール~

2014年6月20日 11:20

お盆行事の準備から迎え火、送り火・後片付けまでのスケジュールは次の通りです。

 

7月(8月)1日    釜番の一日(黄泉の国の扉が開く日)。
            先祖の霊が里帰りするために旅立ちます。
            提灯を飾ります。

      7日    仏具や先祖の霊に供える食器を洗って準備する日。
            お墓のお掃除もします。

     12日    盆花を採取する日。
            お盆の花は野山の花を摘んできて生けます。

     13日    お盆の入り。
            盆棚の飾りを済ませます。
            お墓参りに出かけて迎え火を焚きます。
            提灯に火を入れて先祖の霊を迎えます。

 14日・15日    僧侶に読経を依頼します。
            お施餓鬼をします。
            お客様をお迎えします。

     16日    お盆明け。
            送り火を焚いて先祖の霊を送ります。
            精霊流し・灯籠流しを行う(お盆の飾りを川に流す)

7月13日の夜に迎え火を焚き、16日に送り火です。

その間はご仏壇を綺麗にして、ご先祖様の位牌を仏壇より出して、食べ物を供えます。

仏壇の中や、仏壇周りをしっかりと綺麗にするということもお盆の大事なことです。

「迎え火」は、年に一度お帰りになるご先祖様が道に迷ったりしないよう、目印のために庭先や玄関先で焚きます。

迎え火を焚く期間は、13日午後から夕方までの間です。
 ※お墓参りをして来た場合には、玄関等の前で、ほうろくの上でオガラを焚きその上を外からまたいで中に入ります。
※お墓参りをして来ない場合には、上記と同じようにするか、玄関または門の前で内側から外にむけて行います。

「送り火」は、16日昼頃まで、玄関等の前で、ほうろくの上でおがらを焚きます。

迎え火は、ほうろく(素焼きの皿)の上に麻の茎の皮を剥いたオガラを井ゲタに積んで燃やします。そして合掌して先祖様の霊を迎えます。

※迎え火と送り火は同じ場所で行います。

<私が毎年行っていて注意していること>

迎え火や送り火の火で、お線香に火をつけ、仏壇にそのお線香をあげます。

ですから、迎え火や送り火は、風の強い日などは飛んで行ってしまわないようにすぐに火を消します。

また、お線香を持ったまま片付け作業を行うと、短くなってしまうので注意が必要です。

 

 

<関連ブログ>

お盆について ~お盆とは・お盆の期間~

 

 

 

 

 

 

 

 

盆棚とは 飾りかたは

→こちらも添付を参照下さい。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お盆について ~お盆のはじまりに纏わるお話し~

2014年6月19日 09:33

お釈迦様の弟子目連(もくれん)様は神通力(超能力)をお持ちのお坊様でした。

ある時、目連様が神通力を使って死者の世界をご覧になると、地獄に落ちてやせ衰え目をくぼませて水や食べ物を探して歩くお母さんの姿が見えました。

驚いた目連様は、神通力を使ってお母さんの元へ行き水や食べ物を届けたのですが、お母さんが手に取ろうとすると水も食べ物も火となって燃えてしまうのです。それは、何度持って行っても同じことでした。

悲しむ目連様にお釈迦様がおっしゃいました。

「お前の母は、お前には優しい母であったが、我が子かわいさのあまり他の子供達には冷たい心で接していた。そのわがままな心をあらためるため、今、地獄にいるのだ。7月の15日(旧暦では8月15日)、多くの弟子達が修行から帰ってくる。その時みんなで母のことを祈ろう。お前は母の代わりに修行僧に供養し、他の人々にも慈悲の心で接するとよい。やがて母は救われようぞ・・・。」

目連様の供養が亡きお母さんを地獄から救ったという話は時と共に人々に広まり、この季節(お盆)になると、亡くなった人たちが餓鬼道のような苦しみの世界に落ちることのないようにと、目連様がなさったことと同じことを誰もが実行するようになったのです。

 

<関連ブログ>

お盆について ~お盆のはじまり~

お盆について ~お盆とは・お盆の期間~

お盆の時期は忙しい…

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お盆について ~お盆のはじまり~

2014年6月18日 11:16

 

お盆は、「先祖の霊が帰る」という日本古来の俗信と仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」とが一緒になった風習です。また、仏教は中国を経て日本に伝わりましたので、中国における先祖崇拝(大切にする思い)の影響も受けていると考えられます。

「盂蘭盆会(うらぼんえ)」とは「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」を典拠にする仏教行事です。

中国で成立した仏教の経典である盂蘭盆経には、次のような説話が書かれています。

釈迦の高弟である目連は、亡き母が餓鬼道(地獄)に落ち苦しむ姿を見て釈迦に救いを求めました。目連が釈迦の勧めにより僧侶達に施しをしたところ、母は救われました。

お盆行事の元は、僧侶に食物を振る舞ったのが謂れです。

次回は、このお話しをもう少し詳しくご紹介します。

 

※ 目連⇒目犍連(もくけんれん)。釈尊(釈迦)十大弟子の一人。神通第一と称された。

 

<関連ブログ>

お盆について ~お盆とは・お盆の期間~

お盆の時期は忙しい…

 

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お盆について ~お盆とは・お盆の期間~

2014年6月17日 16:07

<お盆とは>
盂蘭盆会(うらぼんえ)といい、7月15日を中日として行うご先祖様の供養です。
ご先祖様の霊を家にお迎えし、また浄土へお送りするという儀式です。

<お盆の期間>
7月13日~16日(地方によっては15日)までの期間を“盆”と呼び、「地獄の蓋が開く日」とか「先祖の霊が帰ってくる日」等と言われ、先祖の霊を供養する期間とされています。

お盆には農作物の初物を供えるという風習があるため、作物の収穫時期に合わせて行う場合もあります。旧暦の7月に当たる8月13日~16日、或いは8月の下旬に行う地域もあります。

川崎では7月15日を中心に13日夜に迎え火を焚き、16日に送り火を焚きます。
地域によっては8月15日を中心に考えるところもありますから、お盆の帰省ラッシュは、ご先祖様への挨拶も含め里帰りされる方が多いからではないでしょうか。

京都の大文字焼きは大きな送り火の一つですね。
私が京都で修業をしていた時、余裕がなく一度も観光はしませんでしたが、大文字焼きは仕事中の車(寝台車)の車窓から唯一見ました。
恐らく先代のご先祖様が見せてくれたのかなと思った思い出があります。4代目も頑張らなければと・・・。

 

<関連ブログ>

お盆について ~お盆のはじまり~

お盆の時期は忙しい…

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

ペット葬について

2014年6月11日 10:14

 

ペット葬について、お問い合わせをいただくことがあります。

けれども当社ではペット葬は行っておりませんので、そうお応えするとドライアイスだけを購入に来社されるお客様はいらっしゃいます。

以前は当社でもペットの火葬の予約をしておりましたが、今はしておりません。 

ペット専門の業者がありますので、そこに依頼すると引き取りにきていただけます。

 

ペットが好きだった食べ物や小さな愛用品、お花など、一緒に火葬したいものがある場合には前もって業者に問い合わせるとよいでしょう。(ただし金物やプラスチック類などは火葬できません。)

 

遺骨は、ペットを納骨できるお寺又は霊園に納骨します。

仏壇の下に安置する方もいらっしゃいますが、やはり納骨された方がよいと思います。

 

納骨後は、納骨されているところに、お線香をあげに行かれたり、お花をお供えしたりして供養します。

お経も上げていただければよいと思いますが、気持ちでご自分の宗旨のお題目でも良いと思います。

 

ペットの火葬・埋葬の費用は体の大きさにもよりますが、3万~4万円くらいです。

当社が以前利用していた業者は、川崎市の王禅寺のほうのペットの業者でした。

 

最後にペットが亡くなった場合の届け出についてですが、犬が死亡した場合は保健所に鑑札及び狂犬病注射票を添えて飼い犬登録の抹消手続きをする必要があります。

 

実は、先月5月6日に長年飼っていたボストンテリアが急死してしまいました。

まだ心の整理がつかない状態です。病気とかではないので、いつもいつも思い返し、亡くなった事実を受け入れられません。

私の実際の供養の仕方は、納骨し、お水をお菓子をお供えしております。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター