株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

通夜・告別式のマナー(喪主側の喪服と、弔問者の喪服・バッグや小物の色・メイクについて)

2014年8月27日 16:39

前のブログにも書いたとおり、>弔問をする際の正式な服装は、男性の場合は、通夜葬儀と黒の礼服が多いです。黒い靴、黒いネクタイ、白いワイシャツ、黒い靴下です。

女性の場合は、黒のワンピースにジャケット、黒のスーツが多いです。ストッキングも黒です。

喪主側の服装は、男性の正装はモーニングの黒です。しかし社葬や合同葬以外の一般の葬儀でモーニングの方は少なく、略式にはなりますが黒の礼服が一般的です。

黒のスーツの方もいらっしゃいますが、礼服とスーツでは生地の色の濃さが違うので分かります。(もちろん絶対に礼服ということではないので、黒いスーツの方もいらっしゃいます。)

喪主側の女性の正装は和装ですが、着慣れないと気分を悪くされることもあるので強制はしません。しかし女性は、喪主又は喪主の奥様等は今でも和装の方はいらっしゃいます。

黒のワンピースにジャケットでも良いと思いますが、社葬などの大型葬の場合は和装がふさわしいと思います。

通夜も喪服が良いと思いますが、仕事帰り等でダーク系のスーツに黒いネクタイの方もいらっしゃいます。喪服の色が黒ではないということで、たまに黒い腕章をつけてこられる方がいらっしゃいますが、逆に目立ちますので私的には賛成しません。お手伝いの方々には、腕章をつけて、受付、案内等があります。今では、胸にバッチになっていますが。

以上、通夜・告別式の服装についてお話ししましたが、女性の場合はヘアやメイク、持ち物にも気をつけましょう。

派手にせず、地味にしていた方が無難です。髪の長い方は、まとめたりするのも一つだと思います。

ネイルも派手なのは避け、アクセサリーも結婚指輪以外は外した方が良いです。真珠のネックレスは1重だけのものにします。

バッグ等の小物も黒が圧倒的に多いです。

素材としては、バッグは布製が多いです。革製は少なく感じます。当社からのレンタル用のバッグも布製です。靴は革製の黒で良いと思います。

傘は派手な色でなければ黒以外は不可ということではありません。実際に皆様がさしてこられるのを見ますと、透明傘や、紺色、地味な柄物も多くみられます。

当社でお客様に使用している傘は、青白のパラソルのような色合いの傘で、通常の大きさの1.5倍あります。雨の日に濡れないように傘をささせていただくので、その方が使い勝手が良いのです。青白ですと、間違えてもって帰ってしまうお客様もいらっしゃいませんし。

男性の腕時計は、あまり会葬者の時計までは意識して見ていませんが、キンキラ金はやめた方が良いと思います。

香水は、汗臭いよりは、かすかにでしたら良いと思います。つけすぎたりして強く香らないようにしましょう。あくまでも、ご葬儀の場です。他の場所でたくさんつけた方良いでしょうね。

<関連ブログ>

 ・通夜・告別式のマナー(喪服ついて / 男性用・女性用・こども用)

 ・通夜・告別式のマナー(弔電について)

 ・通夜・告別式のマナー (お香典について)

 ・通夜・告別式のマナー (弔問はどちらに?)

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

通夜・告別式のマナー(喪服ついて / 男性用・女性用・こども用)

2014年8月27日 16:32

喪服はレンタルよりも持っていた方が良いと思います。

黒礼服でしたら今では1万円位から購入できます。レンタルでも1万円ですので。

余談ですが、葬儀があってからは新調しないということがよく言われます。なので、当社も貸衣装がよくでるのでしょうね。

戦前は白の喪服が一般的でしたが、最近では、仏事の時は礼服として遺族以外の会葬者も黒服を着ることが多いです。

戦後は物資的に白布白糸を誰でも簡単に入手するというのは難しかったのだと思います。

れに白ですと汚れますしね。

戦後の道は平らではなかったようですが、リヤカーを押して葬具を貸し出したり、棺を運んでいたそうです。

当社は親戚に寺院がおりまして、昭和初期の話ですが、葬具が足りない時は親戚のお寺からも借りていたようです。

地方によっては、家族も白装束になる地域もあったようです。

また余談ですが、当社の社員の制服はチャコールグレーです。

白い手袋とバッチはつけていますが、黒服だと手を前に組むと後姿では一般の会葬者と見分けられなくなるので、色を変えてお客様から一目で葬儀スタッフとわかるようにしています。また社員の動き方も良く分かりますので。

さらに今は、当ホールでは薄いグレーから薄いイエローの制服にしました。もっとよく分かりますので、お客様が声を掛けやすいと思います。

DSC_1643

 

弔問をする際の正式な服装は、男性の場合は、通夜葬儀と今は黒の礼服が多いです。(黒いスーツの方もいらっしゃいます。)黒い靴、黒いネクタイ、白いワイシャツ、黒い靴下です。当然ながら仏式では、数珠は必ず忘れずに。

女性の場合は、黒のワンピースにジャケット、黒のスーツが多いです。ストッキングも黒です。会葬者の方の和装はお見かけしません。

子供の服装は、喪主側であっても会葬者側であっても同じで、制服があれば制服が無難です。もっと小さい子でしたら、白いシャツに黒か紺の短パン、パンツが多いですかね。お子様の場合は、派手な服装ではなく、地味な服装で弔意を表せば良いと思います。

 

<関連ブログ>

 ・通夜・告別式のマナー(喪主側の喪服と、弔問者の喪服・バッグや小物の色・メイクについて)

 ・通夜・告別式のマナー(弔電について)

 ・通夜・告別式のマナー (お香典について)

 ・通夜・告別式のマナー (弔問はどちらに?)

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

通夜・告別式のマナー(弔電について)

2014年8月11日 16:07

通夜や葬儀に参列できない方が、ご遺族に電報でお悔やみの言葉を伝えることを弔電といいます。
局番なし「115」番やD-MAILで申し込みをし、通夜に間に合うように出します。

弔電を受け取ったら通夜時には祭壇に奉奠し、あくる日の葬儀で読み上げます。
よって喪主に葬儀までに読み上げの順番を決めて頂きます。

弔電の字は一昔前はカタカナでしたが、今では漢字なので読み方の確認も大切です。
簡単な字でも確認をしないと、思い込みの大間違いがありますので注意です。
“澤”「さわ」なのか「ざわ」なのか、”幸雄”「ゆきお」なのか「さちお」なのか等々。

昔、私が司会の時、「頂きました弔電の一部を、ご披露いたします」と申し上げましたところ、葬儀後に「お祝いじゃないんだから、披露はないでしょ」と遺族から注意された苦い経験があります。
それからは、「・・・・弔電をご代読申し上げます」と言っています。

おおよそ5通くらいは本文と名前を、残りの10通くらいは名前のみを読み上げます。
その他は時間の関係上割愛させていただきます。

カタカナの時はよく斜め線を箇所箇所に入れて私流に読みやすく区切っていました。
私的には、漢字より、読み方の確認をしなくていいぶん楽でした。

また、弔電の御礼は、香奠やご供花の御礼と合算ですることが多いので、弔電だけ出していただいた方にそれだけでの文面での御礼をすることは少ないです。もちろん弔電だけの御礼文もありますが。
もし、気になるようでしたら、お電話での御礼も良いと思います。

弔電は通常喪主宛てに送りますが、フルネームが分からない場合は、○○家で出すようにします。

当社にもよく、弔電を出すので喪主の名前をフルネームで教えてほしいという電話が入りますが、喪主に確認してから先方へお伝えしています。葬儀後のセールス業者かもしれませんし、個人情報なので。

送り場所は、喪主の自宅、葬儀をする場所が良いですが、葬儀を施行する葬儀社に送ってこられることもあります。自宅に送った場合は、葬儀場まで持参していただきます。

弔電の送り方は、上記にもあるように115番やD-MAILで送りますので、その指示通りに行います。
D-MAILを見られると分かりやすいと思います。

台紙は2500円くらいまでのが多いですかね。プラス文章料です。
造花付やお線香入りは川崎では少ないです。

頂く文面は、決まっている文面が多いです。
もしオリジナルでつくるようでしたら、決まっている文面から文章を変えた方が作りやすいと思います。
弔電独特のかたい表現がありますので。

参考HP
D-MAIL → http://www.ntt-east.co.jp/dmail/

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

通夜・告別式のマナー (お香典について)

2014年8月5日 15:55

以前にも述べましたが、本来は「香奠」と書きます。

この「奠」という字の意味は、敬う、供える、儀式という意味があり、お香をお供えします、ということです。

お香を持参して焚き、そのままおいてお供えする、今では、そのお香が金銭という形になりました。

当社では、庭飾りの提灯には必ず家紋と薄墨で「奠」と記していました。これは、当社ではご葬儀を敬う気持ちを持って施行させて頂きますということです。

家紋幕の代わりに、「奠幕」というのもありました。当社の同じ気持ちを表します。

今回は、お香典に関するマナーについてお話しします。

 

~お香典の金額について~

お香典の金額は決まっていることではなく、あくまでも目安としてですが、

私の見方ということでいうと、

町会では3000円~5000円

一般会葬者は5000円~10000円

会社関係などは10000円

身内は10000円~30000円

が一般的だと思います。

余談ですが、葬儀委員長を頼んだ場合のお礼の額、例えば町会長、市議会議員、県議会議員、国会議員、会社取引先の社長の場合ですが、当社で施行のお客様に聞かれたときには参考までにということでお伝えします。みなさん違いますから。

 

~お香典に使うお札について~

「香典に新札はを入れてはいけないと」いう習俗的なことは聞かれます。実際にもそうだと思います。新札を入れる方は少ないですね。受付会計も、新札は間違いやすいですし。

 

~香典袋の書き方~

一般的には御霊前と書きます。(浄土真宗の場合、当社では御佛前で渡しています。)

水引きの下には名前を書きます。

また余談ですが、水引きが一つの結界という意味合いがあります。

~香典も持参日について~

通夜、葬儀と両日参列される際は、通夜時に香奠を出される方が多いです。

あくる日の葬儀では、香奠を持参されず(通夜時に香奠を出されていますので)、お焼香(仏式の場合)だけをされることが多いです。

香奠を渡し、焼香後、返礼品を頂きますが、あくる日の葬儀に再度参列されますと、ハンカチ又はハンドタオル、又は礼状と塩のみというようになります。

 

~受付でのマナー~

香奠は袱紗に包み、受付でひらくと丁寧ですが、必ずしもそうではなく、そのままポケットやカバンから出される方もいらっしゃいます。

受付では、「ご愁傷様です」「お願いします」と言って香奠を渡されることが多いです。

受け取る方は、今の時期ですと「お暑い中、有難うございます。」になります。

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター