株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

枕花・供花の生け方と、どちらを贈るか

2014年9月30日 16:58

枕花は、通夜までの間、故人様のそばにお供えするものですが、切り花ですと家族様が花瓶などを用意しないとならないので、手間をおかけするよりアレンジ花が良いです。

通夜時の祭壇の横に飾られる生花(供花)は、スタンド花です。
川崎では二段ではなく一段のスタンド花が一般的です。

では、枕花と供花、どちらを出すかですが、

兄弟、孫、いとこ、親友、会社で特に親しかった同僚などは、通夜の時に祭壇の横に飾る生花(供花)が一般的ですし、やはり良いと思います。

しかし会社関係でも故人様と親しい仲であった方は、会社名で枕花をお出しされる場合もあります。
枕花を出して、通夜の時に生花をもう一度出される方もいらっしゃいます。
「どちらかでいいんじゃない?」という思いの方は生花にされ、枕花を出される方は少ないです。

枕花は本当にお気持ちの問題だと思います。出さなきゃいけないというものではないと思います。

枕花は自宅安置ですと、そのまま後飾り壇の横に飾られる方もいらっしゃいますし、葬儀会場へ移動を希望される方もいらっしゃいます。
当社の霊安室で飾られた場合は、葬儀場に移動します。

子供や孫からの枕花は、そのまま供花として飾っても良いですが、枕花は小さいものなので、喪主は枕花とは別に通常の生花も出された方が良いと思います。

 

<関連ブログ>

枕花とは

供花とは

 

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

通夜・告別式のマナー(喪主挨拶・告別式)

2014年9月16日 15:59

喪主挨拶は、告別式の出棺の時に次のような内容を5分くらいでお話しします。

 

①本日集まって頂いた御礼 ②故人生前中の御礼 ③残された家族に対するご指導のお願い ④二日間の御礼

あとは通夜での喪主挨拶と同様に話しやすい内容で、伝えたいことを整理して、故人様のお話しなども入れられれば良いです。

 

挨拶の際、言ってはいけない言葉がありまして、「重ねて」「重ね重ね」「度々」「ますます」などは、避けた方が良いです。

また、「本日ご出席賜りました」「本日ご臨席賜りました」などとおっしゃる方がいらっしゃいますが、葬儀の際は「本日ご会葬賜りました」の方が適切です。

具体的な言葉の「死亡」「死」も避けて、「亡くなり」「逝去」の方が良いです。

キリスト教などは、「冥福」とは使わないので「お悔やみ」「哀悼の意」と言います

 

ただ、言葉ばかり気にすると言葉につまることがありますので、事前にとったメモを見ながらでもおかしいことではありません。

大切な方を亡くされ、気持ちも定まらないのがふつうですので、その時に流暢に挨拶されるのはなかなか難しいことであると思います。

葬儀に挨拶というのは、一生の内に何度もないことですので。

 

以前も話したと思いますが、私が京都での丁稚奉公の時は、出棺時の挨拶はほぼ葬儀社の司会者が喪主代行挨拶をしていました。(そのマニュアルもあります。)

こちらにもどってみると川崎では喪主及びご当家の方々が挨拶をされるということで、皆様とても上手に話されるなぁ~と感じました。

 

ちなみに当社での出棺時の挨拶文・精進落としの挨拶文は当社オリジナルで、神道、無宗教でも使用できるようにしております。

 

告別式での喪主の挨拶は、喪主がご高齢などの理由でできない場合には、代わって長男がされたり、親戚代表で挨拶されたりします。

親戚代表で挨拶される場合、本家とかをたてないとならない方の場合は、精進落としの席での挨拶を頼むというのも一つのやり方です。

 

精進落としの席での挨拶では、

①本日集まって頂いた御礼 ②故人生前中の御礼 ③ご供養のお膳の用意の事 ④お偲び頂き召し上がってください

というような内容をお話しします。

しかしご当家によってそれぞれ違いがり、そのまま献杯しないで召し上がるケースもあります。

 

初七日の際は、始めの挨拶(または献杯)をされますが、終わりの挨拶もされるケースが比較的多いです。

 

当社には挨拶の例文などをご用意しておりますので、どうぞご相談ください。

 

 

<関連ブログ>

通夜・告別式のマナー(喪主挨拶・通夜)

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

通夜・告別式のマナー(喪主挨拶・通夜)

2014年9月9日 15:37

喪主の挨拶は、告別式だけでなく通夜でも必要です。

今回は、通夜での挨拶についてお話しします。

 

通夜お式が終わりますと、喪主や近い方は、受付の方々などお手伝いに携わった方々に御礼まわりします。

挨拶まわりする方以外のご遺族様やご親族様は先に会食室に移られます。

喪主を待たずに会食を自然と始められる当家と、喪主が戻るのをずっと待たれる当家があります。

喪主が会食室に戻るのを待たれているようでしたら、一言挨拶がないと始められないので喪主の挨拶が必要になると思います。

 

挨拶内容は、

①本日集まって頂いた御礼 ②故人生前中の御礼 ③ご供養のお膳の用意の事 ④お偲び頂き召し上がってください

の構成で、あとは故人のお話しなどを付け加えたり、話しやすいようにされたら良いと思います。

 

通夜の席ですと、会食前に挨拶をするケースが多いです。

会食後はご親族もそれぞれ随時帰られることが多いので、通夜終了時の喪主の挨拶はほとんどありません。

 

しかし若い方がご逝去しますと、そのお友達が通夜終了後にご対面されることが多く遅くまで残られるので、その際は一言「本日は、○○の為にご弔問賜り有難うございました。」というように挨拶された方が良いと思います。

また会食後、席に残っている方が多く長くなりそうな時も、同様に喪主が挨拶して終わりにするようにし、明日の葬儀にそなえられた方が良いと思います。

 

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター