株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

お葬式で使っていはいけない言葉

2014年11月18日 14:47

通夜・葬式のマナーとして使ってはいけない言葉がありますので、ご紹介します。

「死亡」「存命中」「生きている時」などの直接的な表現は避けます。
代わりに、「ご逝去」「ご生前」「お元気な時」などと言います。

「重ね重ね」「返す返す」「たびたび」「くれぐれも」などは、二度続く感じ、不幸が続く感じがするため使用は避けます。
同様に、「重ねて」「続いて」「追って」「再三」「再び」も次に続いていくイメージがあるため避けます。
あとは、「再三」「引く」というのも避けています。ですから当社では値引きとは言わず、サービスという言葉に置き換えています。

お悔やみの挨拶で、「ご冥福をお祈りします」もよく使いがちですが、仏教用語ということを意識してふさわしくない場では避けます。
「ご冥福をお祈り申し上げます」というのは、「最後のお旅立ちをし、その旅を無事に終えられ成仏して下さい」ということですから、仏式でのことです。神道、キリスト教では使えません。また、仏式でも、旅立ちがない浄土真宗、創価学会などは使いません。
他に「供養」「成仏」「往生」も仏教用語なので、神道やキリスト教の葬儀では使いません。

数字の「九」と「四」は心情的に「死」「苦」を連想されるからでしょうか、避けましょうというのを聞きます。
けれども特に絶対避けないといけない数字というわけでもないと思います。
葬儀日程でも4日14日は、普通に通夜葬儀を行っていますので。
ちなみに当社の電話番号も4343です。

ここからは、言葉というよりもご遺族への声かけの仕方について気をつけたいことになります。

病状や死因などを聞くのは、慎重にした方が良いです。事故、自殺などもありますので。
よく知っている友人などは、そういう会話ができる間柄に限ると思われます。

もうひとつ慎重にしたいのは安易な励ましの言葉です。
「元気を出して」「頑張って」などとは声掛けはしない方が良いです。どんなに親しい仲でもです。
大切な方が亡くなって、元気が出せるわけがありません。また、頑張れるわけもありません。
そういう心情を察しての接し方が大切です。
もし自分であったら、そんな風に声掛けされたらどう思うかを考えられて話しをされる配慮が必要ですし、大切なことです。

あとは、「お疲れ様でございました」です。「お疲れが出ないようにして下さいませ」の方が良いと思います。

 

<関連ブログ>

お葬式でご遺族にかける言葉について ~ご愁傷とは~

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お葬式でご遺族にかける言葉について ~ご愁傷とは~

2014年11月12日 11:08

お葬式の場でよく使われている挨拶に「この度はご愁傷様でございます」という言い方があります。

ご愁傷とは「悲しむ」という意味ですので、ご遺族様にお声掛けする時に使います。
相手を気遣い「悲しいことでございます。」という意をお伝えするのです。
私の師匠である天野先生から、「ご愁傷様」というのは、亡くなった遺族だけに掛ける言葉ではなく、生きている方に掛けることもありますよ。と言われたことがあります。

ほんの少し話がそれましたが、ご遺族様にかける言葉は、「ご愁傷様です」で良いと思います。
当社でもお客様には「この度は、ご愁傷様でございます」と返答しております。
他には「この度は、お悔やみ申し上げます。」「心からお悔やみ申し上げます。」という場合もあります。

当社では、最後に「お疲れがでませんように」と添えることもあります。

そして、「ご愁傷様でございます。」と声をかけられたご遺族様は、「お気遣い頂きすみません」「お気遣い有難うございます」と返事をします。
お気持ちを伝えればよいことですので、絶対にこう返事をしないといけないということはありません。
「大変恐れ入ります」というのも会話の流れ的に言いやすいのではないでしょうか。

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お葬式に備えて~親から子へ伝えておきたいこと、子が親に聞いておきたいこと~(その2)

2014年11月6日 09:15

どんな葬儀をしたいか、確認しておきたいことに葬儀の形もあります。

例えば、社葬か、合同葬か、一般葬か(ご近所や会社関係など呼ばれる)、家族葬か(ご家族様と近い親戚の方のみ)。
どのような葬儀か、又は、お別れ会形式で行うかなどという希望を聞いておくといいと思います。

葬儀を行う場所はどこにするか。
サービスが行き届く民間のホールで行うか、火葬場と併設している式場で行うか、菩提寺で行うか、今まで暮らしていた自宅、近所の公民館や集会所、自治会館で行うかなどです。

会葬者の人数によっても選択枠が絞られますが、家族葬で家族だけでというのに、自宅や近所の集会場ですと、訃報を流さなくても知れ渡ってしまうので、家族葬にならなくなる可能性があります。そういう見解からも施行場所の選択は重要です。

また、もしもの時はどこまで知らせるのかも把握しておく必要があります。

親戚はどこまでお伝えするか、ご近所、ご友人、会社関係などはどこまで訃報を流すかということです。
それにより、料理の数や返礼品の数も変動してきます。

遺影写真を作成する為、気に入ってた写真などもあれば聞いておきましょう。

親指大くらいあれば大丈夫です。免許証も大丈夫です。集合写真からも切り取りできます。
着せ替えもできますが、今は、そのまま着ていらした服のままつくられる方が多くなってきました。
100歳になると川崎では肖像画がもらえますので、それを遺影の代わりにする方もいます。

時間のある時に、気に入った写真があるか、アルバムを見ながら話をしてみるのもいいですね。

 

最後に、葬儀会社や霊園などが、遺族のためにしているサービスを紹介しておきます。

中原屋アフター事業部では、

●お位牌・お仏壇のご注文を承ります。

●ご返礼品のご用意を致します。

●法事案内状・各種お礼状・喪中ハガキを作成致します。

●霊園・墓石のご紹介を致します。

中原屋で葬儀をされたご遺族様には、後日、アフター事業部 担当が、
「なにかお困りなことはありませんか。」とお伺い致します。

 

<関連ブログ>

お葬式に備えて~親から子へ伝えておきたいこと、子が親に聞いておきたいこと~(その1)

 

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お葬式に備えて~親から子へ伝えておきたいこと、子が親に聞いておきたいこと~(その1)

2014年11月4日 11:45

突然親が亡くなって葬儀の準備をする際、わからないことが色々とあって困ったということにならないよう、

「生前に親から子へ伝えておきたいこと、子が親に聞いておきたいこと」について2回にわたってお話ししたいと思います。

今回は、宗派や納骨に関係するお話しです。

宗旨、宗派の確認をしておきましょう。

仏教なのかキリストなのか神道なのか、

さらに仏教などですと、浄土宗なのか、真言宗なのか、

真言宗でも○○派まで、わかる範囲で確認します。

 

こちらで葬儀をして、田舎にもどって納骨されるということもあります。

田舎の方のお寺様がこちらまでこられることもあります。 (その際は、宿泊の準備も整えないとなりません)

 

又、戒名(法名)をその田舎のお寺様から頂戴して、当社から同じ宗派のお寺様をご紹介するということもできますし、俗名で通夜、葬儀をあげられ、納骨の際に戒名(法名)をつけてもらうという様々なケースがございます。

 

決まり事などがあれば聞いておくと安心です。

 

納骨される場所の確認も必要です。

 

霊園なのか、菩提寺があるのか。

菩提寺がある場合は、そのお寺様に葬儀の依頼をし戒名(法名)を頂戴します。

 

霊園でも今までお付き合いのあるお寺様がおられれば、そこに葬儀を依頼した方が、安心かもしれません。

 

<関連ブログ>

お葬式に備えて~親から子へ伝えておきたいこと、子が親に聞いておきたいこと~(その2)

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター