株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

真冬の葬儀(コートの種類と防寒のための服装について)

2015年1月28日 14:58

コートの色は、やはり圧倒的に黒が多く、ダーク系の色が一般的です。ダーク系でも茶色の方はあまりいらっしゃいません。

コートの素材は、毛皮はまずいらっしゃらないのですが、皮のコートの方はいらっしゃいます。

 

通夜・葬儀の服装については、「絶対にこうでなければならない」という決まりはありません。

大切なことは、お悔やみの気持ちを表しているかどうかということです。

また、相手に不快な思いをさせないことです。

 

寒い時には、喪服の下にセーターや防寒のシャツを着たり、タイツやパッチをはいても良いと思います。(私ごとですが、今年は、頑張ってはきませんでした。一度はくと、ワンシーズン脱げなくなりますので。)

 

受付のお手伝いの方はコートを脱ぎますので、使い捨てカイロをたくさん身につけているといいと思います。

昔、当社のサービスの一環で、会葬者の預かったコートのポケットに「お寒い中ご会葬有難うございます」と一筆添えて、使い捨てカイロを入れてお返しするサービスをしていたこともありました。

 

寒い日はきちんと防寒対策をして、心から手を合わせる……。

それが冬のお参りの基本だと思います。

<関連ブログ>

真冬の葬儀(コートに関するマナー)

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

真冬の葬儀(コートに関するマナー)

2015年1月28日 14:55

寒い今の季節、ホール内では、受付に香奠をお出しする時にはコートを脱いでいらっしゃる方が多いです。

ホールなどでは冷暖房が完備されていますので、ホール内に入ればコートを脱ぎ、クロークに預けます。

 

寺院や、集会場など外での受付の際は、着たまま記帳し、香奠を出される方が多いです。

当然お焼香の際は、コートを脱ぎますが、たいていは手荷物置き場がありますので、そこにお手持ちのバックやコートを置いて焼香します。

 

焼香の列に並んでいる時は、外の場合はコートや温かい服装で並んでいただいてかまいません。

以前、お寺でのご葬儀で大変寒い日があったのですが、外でのお焼香でしたので喪主の了解をとり、 「本日は大変お寒いですので、コートを着たままのご焼香とさせて頂きます。」とアナウンスをしたことがありました。(;^-^)

 

出棺待ちの際は、寒い外ではコートを着ている方が多いです。

 

喪主挨拶の際は、ホール内ではコートを脱いだ方が良いのですが、外で寒い場合は体調がくずれるといけませんので着たまま挨拶を受けられる方もいらっしゃいます。

寒ければ着ていて、寒くないようなら脱いだ方が良いと思いますが、周りの方に合わせるということも大切です。

 

外でのお清め会場では、コートを着たまま召し上がっています。

外のテント内は本当に寒いのです。ジェットストーブはありますが、風が強いとあまり効力はありません。ちなみに寒い時のお清めは、おでんが多く出ます。

 

受付のお手伝いをされている方は、コートは着ておりません。

外の道案内の方は、着て案内しております。

 

よく、葬儀の入口に大門や提灯や庭飾りがあったと思いますが、コートなどはその提灯を超える時に脱ぐのが一般的でした。一つの結界であるような気がします。

今ではホールなどが多く、提灯や庭飾りはほとんど飾らなくなりましたが・・。

<関連ブログ>

真冬の葬儀(コートの種類と防寒のための服装について)

 

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

葬儀場での写真撮影やビデオ撮影について(葬儀中の撮影マナー)

2015年1月21日 15:47

撮影禁止というわけではないので、祭壇を撮影される方はいらっしゃいます。
白木祭壇より生花祭壇を選択される方が増えましたので、綺麗に装飾された祭壇を撮影されています。

お客様の中には写真撮影を希望される方もいらっしゃいますので、その場合はアルバムにしてお渡しします。

社葬などの場合はビデオ撮影や写真撮影はよくあります。
記録として会社に保存しておくという考え方があります。
人の様子はもちろんですが、頂いた生花や花環なども撮影して記録します。

個人葬でも私が京都にいたころは、当家全員の集合写真を良く撮影されていました。

しかし川崎ではあまり個人葬での写真撮影はありません。
葬儀ですので記念にということはありません。

返礼品も口にして無くなる品物が多く、今でもお茶やのり、クッキー、紅茶などがでます。
または涙をふくハンチやタオルも多いです。
結婚式と違い、残る品物でお皿やガラスコップなどは選択されません。

携帯電話の普及に伴い、携帯のカメラで撮影される方は増えましが、撮影する方が増えたかというとあまり変わらないように思います。

葬儀の場ですので、久しぶりに会った友人と記念撮影などはありません。
常識の範囲で、そういう会葬者は見かけません。あくまでも葬儀という場ですので。

記録撮影の場合でも、あまり故人様のお顔は撮影されません。
撮影してはいけないということではないですが、お顔が入らないように撮影されます。

また当社のスタッフも入らないように気配りしています。

一般の会葬者で撮影されるのを嫌う方もいらっしゃいますので、焼香されている会葬者を撮影するのは注意が必要だと思います。

当社の写真撮影の依頼をしないで、友人や知人に通夜と葬儀の様子の撮影を頼む方もいらっしゃいます。当然、お経中も写真撮影されます。親族焼香の場面など。

フラッシュはたいてもかまいません。撮れないといけないので。

撮影される場合には、葬儀という悲しみの場であるということの認識とその場にいらっしゃる方の心情を察することが大切です。
当家も当然ですが、お参りにいらっしゃる方も皆様悲しまれていらっしゃいますので。

葬儀での撮影は、記念ということではなく、記録という意味あいでの撮影だと思います。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター