株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

実家と離れて暮らしていた人の葬儀(ご遺体の搬送の仕方)

2015年2月25日 18:02

離れて暮らしていた方の葬儀を実家の方で行う場合、ご遺体を搬送しなければなりません。
今回は、搬送の仕方についてお話しします。

ご遺体は、当社の寝台車で実家まで搬送します。その際、長距離の場合は、安全のため2名で運転を交代しながら休憩を取りながら搬送します。
お客様が一緒にご乗車されている場合でも、一緒に途中休憩しながら向かいます。
搬送料金プラス高速代がかかります。
棺には納めなくても良いですが、距離がある場合はドライアイスのお手当をします。

時間的に早く帰りたい場合は、空輸での搬送の方が早いです。
空輸の料金は重さになりますので、100㎏で約5~6万です。
その場合は納棺してないといけないので、棺も必要になります。ドライアイスのお手当もします。
また空港までは寝台車で搬送しますので、その料金もかかります。
お客様も空港チケットを購入して同じ飛行機に搭乗します。
到着地においては受入れの葬儀社に待機して頂き、現地の空港から目的地まで搬送します。

当社のエスティマで搬送する場合には、運転手が2名乗車し、予備席を出せばお客様も2名乗車が可能です。しかし少し狭いので、長距離は難しいかもしれません。

現地までの道のりの雪や雨、台風や渋滞などの状況情報も念入りに入手しルートを立てます。
(その寝台車が帰社したら、すぐ次の搬送に使えるように時間目安を立てます。時間のロスを少しでも少なくしたいので・・・)

 

<関連ブログ>

実家と離れて暮らしていた人の葬儀(葬儀はどこで行うか)

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

実家と離れて暮らしていた人の葬儀(葬儀はどこで行うか)

2015年2月18日 17:50

実家と離れた土地で暮らしている人が亡くなった場合、葬儀は暮らしている場所でする方がいいのか、あるいは実家近くでする方がいいのか悩まれる方もいらっしゃると思いますが、決してこうしないといけないというルールはありません。(仏語で「上下左右無し」です!)

亡くなられた場所で社会的な立場(会社関係、友人など)があり会葬に来られる方が多い場合や、友人がその場所に多くいらっしゃる場合などは、通常通り訃報の連絡を各方面にし、亡くなられた場所で一般の葬儀を行います。
実家の方には火葬してから帰ります。この場合は、実家近くにお住まいの親戚の方などには葬儀をする場所に来ていただきます。

亡くなられた場所では火葬だけして、あらためて実家の方で葬儀を行う場合には、会葬者でお焼香される方は出棺の際にお別れ、お焼香していただきます。

また、亡くなられた場所では火葬もせず、知り合いの方にはお別れとお焼香だけをしていただき、そのまま実家まで搬送(陸送でも空輸でも)し、実家の方で葬儀を行うケースもあります。

実家に帰られて葬儀を行うという方は、比較的お若い方が多いです。
実家(田舎)から出てきてこちらで長く住まわれている方などは、こちらで行うことが多いようです。

搬送する場合、送り先の現地の葬儀社の紹介をしてほしいというお客様もおられます。その際は信用できる葬儀社をご紹介します。
その場合、こちらも紹介した責任がありますので、「青年フューネラルフォーラム」という同業者の会がありまして、そのメンバーに直接連絡することが多いです。とても素晴らしい方々ばかりですので安心なのです。しかも全国におりますので。 (^0^)V

次回は、ご遺体の搬送方法についてお話ししたいと思います。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター