株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

即日の香奠返しについて

2015年3月27日 12:34

今までは香奠返しは忌明けに行うもので、49日の法要で、納骨されることが一般的でした。
「・・・皆様のお力添えのもと葬儀を終え、納骨も無事にすみました。・・・」という報告も含みます。
ですので、忌明け時に香奠返しの品物を送ります。
当家によっては、日程の都合やお寺や家族の事情で35日を忌明けにされる方もおられます。

しかし近年では、改めて香奠返しを行うのが手間ということもあり、1万以下でしたら2000円~3500円くらいの品物を、即日返しということで葬儀当日にお返しする品物で終わらせる方が増えてきました。

(余談ですが、昔は葬儀後にお返し物の業者が、どこで情報を入手するのか分かりませんが、当家へ返礼品の押し売りの訪問や電話がよくありました。最近では個人情報ということで、あらゆるところでシャットアウトしていることと、即日返しが増えたということで、当社の方へよせられる困ったという問い合わせが減りました。)

川崎では、家族葬で葬儀を行う当家の場合はそれぞれですが、通常に通夜・葬儀を行い、一般会葬者にお声掛けをする当家の場合には、即日返しにする方が増えたのは事実です。
即日返しがこれからも増え続けるのかというとそれは分かりません。

(また余談ですが、家族葬で行う当家には、4時又は5時から通夜をする方もいらっしゃいます。昔は、6時又は7時からというのが一般的でしたが、会社関係や、一般の方が来られない家族葬で行う場合には、4時や5時からお通夜をする方が、良いのかもしれません。実際に、当家のご年配の親族の方からは早い時間の通夜で良かったという声を聞きます。それも葬儀文化の創造なのですね。)

関連ブログ

会葬御礼と即日の香奠返しについて

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

会葬御礼と即日の香奠返しについて

2015年3月18日 13:21

会葬御礼で返礼品をお付けするとしましたら、1000円~1500円以内の品物が多いです。
“お持たせ”という意味合いで粗供養品としてお渡しします。

即日の香奠返しとなると、2000円~3500円位以内の品物が多いです。
香奠返しということなので、「即日返し文面」を入れます。
その文面のおおよそ内容は、
「この度の葬儀に際しましては・・・、つきましては、拝受致しました御厚志に対して供養の印に心ばかりの品でございますが、香奠返しに代えさせて頂きます。本来ならば親しく拝顔の上御礼申し上げるべきでは・・・。」と続きます。

その場で香奠返しの品物をお渡した場合には、忌明けの時(納骨後)の香奠返しはしません。
しかし、あくまでも香奠返しは半返し、三分の一返しとすることが多いので、香奠が1万円くらいまでは2000円~2500円の品物で対応しますが 香奠が2万円以上になるとダブル返しをしなければならないと思います。
さらに「お見舞い」や「供花物」を頂いた方ですと、すべての合算の半返し、三分の一返しをすることが一般的です。

家族葬など、お身内だけで行う場合には香奠額もまちまちなので、あまり「即日返し」という形でのお返しはお勧めしません。
それに特に親しい顔の分かる方ばかりですので、きっちり半返しという形ではなく、生前お世話になっていたので多めにお返しするという親戚の方もおられると思います。

金額的には、2000円~3000円の返礼品を返しても、それを「即日返しの品物」という扱いにする方は少ないです。
喪主のお考えにもよりますが、身内さまだけの家族葬ということで、特に礼状も品物もいらないという方と、地方からわざわざ来られるので形だけはしっかりしておくという方がいらっしゃいます。塩(宗派により)+礼状+品物という形です。

次回も、即日の香奠返しについてのお話しを続けます。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

実家と離れて暮らしていた人の葬儀(実例)

2015年3月11日 13:22

例えば菩提寺が実家の近くにあり、亡くなられた場所まで遠くてお寺様に来ていただけない場合は、同じ宗派のお寺様を当社でご紹介して、俗名で葬儀をします。
または実家近くの菩提寺に戒名(法名)だけいただき、葬儀をすることもあります。

俗名で葬儀をしましたら、実家に戻られた際に改めて菩提寺に戒名(法名)を頂戴します。

または、実家のお寺様の知り合いが亡くなられた場所の近くにいる時は、そのお寺様に直接お願いされることもあります。

このようなケースで、昔の失敗談を一つ。田舎のお寺様に怒られた苦い経験です。
「戒名をファックスでいただけますでしょうか」とお話ししたら、「戒名はファックスで送る物ではない!」と怒られたことがありました。
戒名を気軽に扱うなということです。反省しました。(*_*;)

それからは「戒名をいただけましたら宜しくお願い致します」というような感じにしてお
ります。入手手段、方法は言いません。(・-・)

<関連ブログ>

実家と離れて暮らしていた人の葬儀(葬儀はどこで行うか)

実家と離れて暮らしていた人の葬儀(ご遺体の搬送の仕方)

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター