株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

地方による葬儀の習慣の違い(その1 関東と関西の違い)

2015年4月20日 13:32

地方によって葬儀の習慣に違いがあります。

今回は、関東と関西(主に川崎と京都)の違いについてお話しします。京都の話は丁稚時代の実体験です。

京都では、自宅やお寺で葬儀を行うことが多かったので、幕張りというのをよくしました。これも慣習の一つだと思います。ほとんど白一色にしました。

 

基本的な張り方は天張り、バック幕、横張り、館前、壇前、焼香前で、あとは部分部分で凝った装飾を行います。

 

長さの違う幕を左右対称に同じ装飾で行います。使いやすいようにそのつど切れば簡単ですが、次に使う際に使い辛くなるので。幕の長さも重さで検討をつけます。

 

香奠袋も関東では、白黒や銀色が主流ですが、関西では黄色と白の水引きの袋が主流です。薄墨です。家紋も薄墨です。

 

特に違うのは、関東では造花の花環(丸い)をその飾りにしていますが、関西では樒(縦長)に名札書きして外に飾ります。

 

慣習なのか、京都では一般の自宅葬でも焼香順位を読み上げて焼香します。関東では大型葬以外で読み上げ焼香はあまりしません。

 

私が京都で担当していた時は、通夜よりも葬儀の方に多く会葬に来られ、通夜はあくまで近親者だけという感じでした。

川崎では通夜の方が多くお参りに見え、葬儀ではその通夜に弔問に来られた数の三分の一以下の会葬になります。

川崎では、通夜のあと、通夜振る舞い、お清めなどという言い方で、会葬者に立食で料理を用意します。

 

川崎での前の慣習では、15年~20年くらい前まで、「放鳥の儀」というのを当社でも行っていました。鳩を出棺時に解放すことをします。

また、自宅や自治会館でのお葬式では、庭飾りといい、入口に水車やつくばい、龍彫、小岩、飛び石、白黒の玉石、行灯などを装飾し、アジロ張を立て当家の家紋入り提灯を飾りました。

その前にかがり火もつけます。(これは今でも行うこともあります)

今はほとんど庭飾りは飾らなくなりましたが、葬具類は当社にたくさん保管しています。

 

思い返しますと川崎でも、ご納棺時に綺麗な着物を入れると、道中追剥ぎに会うということで、糸止めをしないで入れたり、裾をほぐしたりもしました。

 

 

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

即日に香奠返しをする場合の金額について

2015年4月1日 04:30

即日返しにすると、あくる日の葬儀では、礼状とお塩を渡すケースが多いです。
なかには、通夜に香奠を持参され香奠返しのお返し物をお渡しし、あくる日の葬儀にその方がお焼香だけ来られた場合は、ハンドタオルと礼状とお塩を渡す当家もおります。ご丁寧です。

即日返しにする場合のお返しする品の金額は2000円~3500円が多く、香奠の金額に関係なく一律の返礼品で対応します。

(カタログには全般的なお返し物を記載していますので10000円までの品を載せています。
カタログチョイス式の返礼品は2500円~50000円まであります。後日の香奠返しでは結構出る商品です。)

高額な香奠または、お見舞い金、供花物などを頂いた場合は、その合算になりますので、当然、改めてお返しした方が良いと思います。

当日お渡ししたものがあるので差額分のお返しも考慮して宜しいかと思いますが、おそらくダブル返しの場合は、それなりの金額の方と思われますし、それなりの関係のある方だと思います。

親戚や大変お世話になった方などは、商品券などを渡してお心をお伝えした方が丁寧だと思います。

仮に1万円の香奠を持ってこられて、15000円の供花を頂いたとすると、合算して25000円となります。すでに即日返しで2500円の物を返していましたら、5000円でお返しを改めて検討された方が良いと思います。金額で引き算してあといくらというより、あくまでもお気持ちで返された方が良いです。

香奠が2万円でも、5000円位でお返しを検討されて良いと思います。
もし、会葬御礼で1000円以下の返礼品を用意され、香奠を2万円頂いたら、10000円以下の何か品物というように検討されたらどうでしょう。

 

関連ブログ

会葬御礼と即日の香奠返しについて

即日の香奠返しについて

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター