株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

国内での旅行先、出張先で家族が亡くなったと連絡を受けたときには・・・(その2)

2015年5月27日 15:23

前回に引き続き、国内での旅行先や出張先で家族が亡くなったと連絡を受けた場合の搬送についてお話しします。
頭の片隅にでものこしておいていただければ、いざという時にあわてずにすみますね。

遠方でご家族が亡くなった場合、前回もお話ししたように、寝台車の配車ができればお迎えに行く事も可能です。
(運行管理者の有資格者もおりますので、寝台車や霊柩車の車輛数も多く、ある程度配車には余裕があります)

逆に川崎から地方に戻って葬儀をされたい場合には、その到着地で葬儀社に受入れして頂いた方が良いです。
処置やお線香などの葬具類の準備や、お寝かせする場所の確認や布団等の準備も到着前にしていた方が良いですので。

地方から川崎に搬送された時も同じで、当社の方でお迎え入れの準備を整えます。
「今、出発しました」、「今○○高速のインターを降りました」「あとおおよそ○○分くらいで到着します」など連絡はまめに取り合います。

長距離搬送の場合は、運転手二名が交代で運転することが必要になります。途中で何回かインターで休憩をしながら搬送します。法定速度内はもちろんですが、故人様をお乗せしてますのでゆっくり運行しますので、通常かかる時間以上はかかってしまうと思って下さい。

長距離の場合、車の振動などで体液や血液などが噴き出すことも考えられますので、ある程度処置をしてから搬送した方がが安心です。
場合によっては納棺してから搬送した方が安心な時もあります。納棺することにより、振動によって揺さぶられることも軽減し、ドライアイスも効きやすくなります。とは言っても、あくまでもご遺族様のご意向に添う形にします。

自家用車と並走して搬送することもできますが、距離が長いと離れてしまうことがありますので、ある程度の地点での待ち合わせを考えながら、又は、連絡を取り合えるようにして並走します。あくまでも交通規則通りに安全運転でということです。

<関連ブログ>
国内での旅行先、出張先で家族が亡くなったと連絡を受けたときには・・・(その1)

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

国内での旅行先、出張先で家族が亡くなったと連絡を受けたときには・・・(その1)

2015年5月20日 14:56

まずはご遺体の搬送の準備が必要かと思います。

例えば地方でご逝去し川崎まで搬送するというと、当社(川崎)からお迎えにいくケースと、現地の搬送業者に直接依頼してご希望地まで搬送して頂くケースとがあります。

当社から行くと往復になるから高い料金になるのではと考えがちですが、当社の場合の実車計算は、あくまでも実際に故人様を搬送している距離計算をします。
よって現地に行くまでは空車扱いで料金は加算しません。例えば川崎までお帰りなる場合には、現地から川崎までの距離計算で料金の算出をします。(プラス高速代)

搬送は葬儀をする葬儀社にお願いした方が良いです。
しかし当社からのお迎えの場合は、場所や距離により到着時刻が変動します。
よってこちらからお迎えに行く時間が長く待ちきれない場合は、搬送業務だけを現地の業者に依頼するのも方法です。

けれども現地の業者にお願いする場合、どういう業者が分からないので心配な部分もありますね。
インターネットだけでの検索では不安だと思います。
病院や老人ホームなど現地の施設の方で、葬儀社を紹介してもらったほうが安心だと思います。
料金については、その業者に聞いてみてください。ぴったりな予算は出なくてもおおよその料金は聞けば分かると思います。それが仕事ですから。それでも言わないとなると怪しいですね。
分からない場合は、当社に一報くださればと思います。

搬送には、空輸という方法もあります。
陸送と空輸では航空チケット代などを入れたりすると、陸での搬送が可能ならば寝台車での方が安いかもしれません。しかし北海道や沖縄など空輸でないと無理な場合は選択しようがありませんけど。

( ..)φメモメモ

搬送の際、必要なものとして死亡診断書があります。お忘れなくm(__)m

死亡診断書は、現地で診て頂いた医師に書いてもらいます。

医師が死亡診断書を出せないとなると、神奈川県の場合は警察が関与し、死体検案書という形で出して頂きます。
長距離搬送の場合は、この診断書または検案書と一緒に故人様を搬送します。

火葬埋葬許可書は、死亡場所又は故人様の本籍又は申請人の現住所でとることができます。

(余談ですが、火葬埋葬許可書ですが、外国人の場合の本籍欄にはその方の国籍だけを記入すれば大丈夫です。しかし申請者が外国人の場合は外国人証明カードと一緒に役所に持っていかないとなりません。)

 

 

<関連ブログ>

国内での旅行先、出張先で家族が亡くなったと連絡を受けたときには・・・(その2)

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

地方による葬儀の習慣の違い(その2 各地の葬儀)

2015年5月13日 13:58

前回は、関東と関西の葬儀の違いについてお話ししました。

今回はその他の地方による葬儀の習慣の違いについてご紹介します。
これはあくまでも聞いた話ということでご了承ください。
私がその地方に行って葬儀を施行担当したわけではないので ^_^;

北海道では、香奠に対して領収書を頂く。

東北の一部では、男性が2人で訃報を知らせに行ったり、焼香盆に小銭を入れたりする。

青森では先に火葬し、お葬式をする。

岐阜県の一部では、神道が8割と仏式よりも多い所があり、火葬場でも神道祭壇が常備されている。

他に、出棺時に棺を三回廻す (◎o◎;)
仮門を作り、出棺時には壊す ((+_+))
これは帰ってこないで迷わず成仏するということを意味します。

出棺時に、送り火を焚き、茶碗を割ることで、浄土では再生される。
この世とあの世では反対ということを表す。(これは今でも行っています)

胸元の魔除け刀を宗派によっては置きますが、その際、刃の部分を見せるように袋からわざと出すところもある。

沖縄の新聞の訃報欄は多いです。私自身沖縄の結婚式にも参加したことがありますが、親戚、友人、知人などものすごい人の数でした。
招待の範囲も慣習なのでしょうか。

 

 

<関連ブログ>

地方による葬儀の習慣の違い(その1 関東と関西の違い)

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター