株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

喪服での外出・寄り道について

2015年8月26日 19:08

遠方から葬儀に参列の場合、ホテルに喪服で到着し、斎場へ出発されることが多いですが、式場の更衣室にて着付けをされる方もおられます。

ホテルで着替えるか、斎場で着替えるかは都合の良いよい方で良いと思います。
自宅で着付けをされる方もいらっしゃいますし、早めに式場に来られて更衣室又は、控室にて着付けされる方もいらっしゃいます。

さて、葬儀帰りの寄り道についてです。
久しぶりに会った友人知人と帰りにどちらかに行かれる方は多いです。
会葬者の場合は略式の黒礼服や、女性ですと黒のワンピースですので、そのままレストランや喫茶店に行かれます。「ふれあい文化の創造」です。

<関連ブログ>

葬儀の際の宿泊場所について(宿泊施設の手配と、斎場での宿泊)

通夜の晩を斎場で過ごすかどうか・・・

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

葬儀の際の宿泊場所について(宿泊施設の手配と、斎場での宿泊)

2015年8月26日 19:05

亡くなった方のご両親やご兄弟、ご親戚が遠方から葬儀にいらっしゃる場合の宿泊場所については、葬儀場近くの宿泊施設を葬儀社の方で紹介しています。
(今はネットで探して予約されることが多いようですが・・)

その紹介施設の予約は、遠方より来られる方が直接予約されるケースが多いですが、喪主がお気遣いされ予約されるケースもあります。

宿泊代は、喪主側で出される当家もいらっしゃいますが、宿泊された方が直接支払うこともあります。

当社で代行予約することもよくあります。
しかし、その際に気を付けていることがあります。
当日になっての人数変更や、部屋数の変更、その時になってのキャンセルなどということがあった場合、代行予約をするとその負担を担わないとなりません。
特にドタキャンというケースは、先方に請求できず当社負担ということもありますので、特に注意しております。

ホテル側から「夜になってもまだ到着されませんが・・」という問い合わせもあるので、予約されたご本人と宿泊施設側とで直接連絡を取り合った方が良いこともあります。

斎場に宿泊できる場合もあります。

当社のホールは、宿泊していただけます。ただし10人くらいまでです。
お風呂、マッサージ機など完備しております。
夜食の用意もあります。朝食は、必要があればご用意しております。

他の斎場の場合、宿泊できるところとできないところがありますので、その都度斎場への確認が必要です。

 

 

<関連ブログ>

通夜の晩を斎場で過ごすかどうか・・・

喪服での外出・寄り道について

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター