株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

「数珠(念珠)」とは (構成と珠の素材)

2015年9月30日 14:47

「数珠」と「念珠」は言い方が違うだけで同じものです。
そもそも数珠は念仏を唱える回数を数える仏具です。

その珠の数は108個(108ッの煩悩ですね)が基本ですが、長くて持ちにくい為、 54個、27個、18個と作られています。
両手にかければ人間の持つ煩悩や欲望などを手に封じ込めるとされています。

数珠は地珠、点珠、親珠などの珠によって構成され、
地珠の場合、半分は菩提業を行うことによる徳を、
親珠は阿弥陀如来の徳を意味し、
数を数える時は地珠の数だけを数えます。

今は腕輪の数珠もあり、魔除けやお守り的な感覚で身に着けている方も多いですね。

素材も木の実(菩提樹など)、天然石(水晶、翡翠、虎眼など)、香木(沈香、伽羅、白檀など)、紫檀、黒檀、琥珀、象牙、珊瑚などたくさんあります。

私もいろいろな種類の腕輪数珠を変えてきましたが、今は白檀の12ミリ珠に落ち着き5年も身に着けています。
色が黒光りして、すごく味があります。それはまるで寺院の磨きこまれた廊下のようです。
香木ですので、夏でも腕が汗臭くならず、軽いですし気に入ってます。V(^ー^)

しかしゴムは年月が経過すると劣化して伸びて柔らかくなりますので、定期的に変える必要があります。

今まで私が身に着けている腕輪の数珠はいくつか切れ落ちることがありました。
それは「厄落とし」ということで、また拾って修理せず、「ありがとうございます」と念じて処分してきました。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

通夜の晩を斎場で過ごすかどうか・・・

2015年9月2日 11:31

葬儀場に泊り、一晩中そばにおられる方もいらっしゃれば、自宅に一度かえって体調を整えて あくる日の葬儀に備える方もいらっしゃいます。
久しぶりに会った遠方からの親戚の方と一緒に一晩過ごされる際は、気疲れすることも考えられます。

地方性で一晩中飲んでわいわいにぎやかに語り合うという方々もいらっしゃいますが、ここ川崎では、心静かに故人様をお偲び頂きたいと思います。

当社のホールは、控室に通夜室というのも併設しており、故人様と一緒に一晩過ごされる方と、ふすまで仕切られた奥の控室でお休みになる方と分かれることが可能になっています。

川崎にはかわさき南部斎苑という火葬場があり、式場が6式場備えてあり、その控室でも一晩お籠りすることが可能です。
けれども当社で施行したお客様で、6式場すべて使用していたにもかかわらずその当家以外は泊りがいなく、落ち着かなかったというお客様もいらっしゃいました。

 

<関連ブログ>

葬儀の際の宿泊場所について(宿泊施設の手配と、斎場での宿泊)

喪服での外出・寄り道について

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター