株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

受付で!? 焼香の列で!? 知っておくと安心なチョットしたこと

2016年1月22日 08:20

葬儀の受付で香奠を渡す際は、両手でお渡しする方が良いです。
また、受付の方が直接手で受け取らない場合は受付盆(黒塗り盆)がありますので、封筒の向きを先方へ改め変えてそちらに置きます。

香奠を包んでいた袱紗の扱いに迷う方もいらっしゃるかと思いますが、カバンと一緒に手荷物台に置かれてはいかがでしょうか。そして香奠は両手でお渡しします。
男性の方は、上着の内ポケットでもしまいやすいと思います。

そして香奠を渡す際には、「この度は御愁傷様でございます」「お悔やみ申し上げます」と伝えた方が良いと思います。
大きな声ではっきり言うべきことではないので、小さな声の方が多いですね。

焼香は、参列者を順に案内しております。
焼香台に進む時は通路の中央を歩かないというマナーを聞いたことがあるかたもいらっしゃる様ですが、実際にはスタッフの指示に従って焼香台まで進んで頂けるとありがたいです。
人数が多い際は列をしっかり作らせて頂きます。その際に「3人様でお並び下さいませ」などと案内もしますので、自然と次にお焼香される方は焼香台の真ん中に並びます。

焼香後は右か左へ進みます。
焼香後に真ん中から後ろに戻られる方がいないように、こちらで横に進まれるように案内しております。後ろの方とぶつかるようなことはありません。

会葬人数が少ない場合は、それほど細かくは縦横列を作りません。
会葬者の人数が少ない場合は、お寺様と相談し、すぐには焼香させず開式後15分くらいしてからの案内または、親族焼香が済んでからの案内にし、ためてから御焼香をします。

焼香案内のスタッフの指示に従って頂けるとありがたいです。
会葬者の人数を見て焼香台の数や焼香回数などを調整させて頂いたりもします。

焼香の後、返礼品を「ご会葬(ご弔問)有難うございました」と渡されますが、たいていの方は「有難うございます」とか「すみません」とかおっしゃって受け取っておられます。
「有難うございます」と言って受け取るのはどうかな?ということでしたら、「恐れ入ります」というのはいかがでしょうか。中には一礼されるだけで無言の方もおります。お話しされながら引き換え券だけ渡される方も。

<関連ブログ>

通夜・告別式のマナー (お香典について)
焼香の仕方
葬儀の基本的な流れ(仏教・通夜)

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

弔電について —遺族側—

2016年1月13日 15:11

弔電をいただいたら・・・私はお礼のお手紙も電話もいただいたことがありませんが、お礼状を出すのが礼儀と聞きました。

 

弔電を頂いた方への御礼は香典返しの際にお礼状を付けると良いです。弔電以外に御供花や御供物を頂戴した場合も同じです。

 

葬儀当時に行う即日返し(当日返し)の場合は、ご供花物の御礼も含め、弔電を頂いた方へはお礼状をお書きした方が丁寧かと思います。

 

よくお会いする方には直接感謝の思いを伝えるのも良いと思います。

また仲の良い知り合いには電話で感謝のお気持ちを伝えるのも良いと思います。

 

 

<関連ブログ>

弔電について —送る側—

通夜・告別式のマナー(弔電について)

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

弔電について —送る側—

2016年1月13日 15:09

葬儀に参列できない時に、ご遺族様に弔意を表すために電報を送ります。

 

深いお付き合いのあった方の中には、参列されていても弔電を出す方はいらっしゃいます。

 

葬儀日に司会者が頂いている弔電の代読を致します(家族葬の場合は省略される方が多数)。

よって弔電はそれまでに届いていないと代読はできません。読み上げる順を決める準備もありますので、通夜までに届くのが良いです。

一晩ありますので読み返すことができます。そして司会者は1通ずつ読み方の字の確認をします。(昔はカタカナでしたので不要でしたが・・。)

 

自宅にお届けするか、自宅の住所を知らない場合は施行されている葬儀社に届ければ当家へ渡して頂けます。その際、一筆添えられた方が丁寧かと思います。

 

通常は喪主名で送ります。

喪主が分からない場合またはその家族が知り合いで直接喪主を知らない場合には、その知り合いの方がそのご家族のどの位置なのかにもよると思いますが、知り合いの遺族の方の名でも良いと思います。

又は「故人名様ご遺族様」という形ではいかがでしょうか。

 

弔電は台紙の種類によってずいぶん料金がかわります。

いただいた弔電は弔電だけにして祭壇に御奉奠させて頂きますので、弔電と一緒になっている大きい品(例えば造花等)は外すことが多いです。弔電と一緒になっているお線香や塗盆はそのまま付けておくこともあります。

 

その弔電を喪主に渡して読み上げる順や読み方の確認をしますので、品物が付いていると確認

し辛いという点もあろうかと思います。

 

 

<関連ブログ>

弔電について —遺族側—

通夜・告別式のマナー(弔電について)

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター