株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

こどもが葬儀に・・・香奠はどうする? 持って行く?行かない?

2016年10月26日 18:09

年齢にもよりますが、こどもが通夜や葬儀に行く場合は、だいたいは親が一緒ですので、こどもではなく、親が香奠を持参されることが多いです。

友達ということで、小学生、中学生、高校生はお焼香だけの方がほとんどで、香奠は持参されることはありません。
親同士(大人)のお付き合いならば、5000円くらいではどうでしょうか。

大学生は一人で行くケースが考えられますが、まだ収入がないので香奠はおかしいと思います。
社会人として収入があれば3000円以内ではないでしょうか。
そうすると、香奠を持ってこられる方、持ってこられない方と様々な形になりますね。
会葬返礼品をもらえる方ともらえない方がいらっしゃると、当家の方でも気を使われると思われますので、その辺の留意も必要かと思います。
友達と一緒に行く場合などは、お友達と相談された方が良いと思います。
 
クラスメイトの親御さんが亡くなったりクラスメイト本人が亡くなった場合、高校生までは一クラス単位で先生が引率されるケースが多いです。
上記にも記載しましたが、中学生までは香奠は持参されず、焼香だけが多いです。
香奠を持参されるようでしたら、親がお持ちになります。

中学生の団体で焼香される場合は記帳をしますが、香奠を持参する生徒さんと持参されない生徒さんがいると引率の先生が大変だと思われますので、避けた方が良いです。
また、たいていの場合は、会葬者の人数も通常人数よりもはるかに多いことが予想されますので。

通常受付にて香奠を頂いた方に引換券を渡し、返礼品を受取所でお受け取りいただくのですが、ただ生徒さんの場合、当家の方でその生徒さん達だけ別に何かを用意されるケースもあります。
または、礼状と塩だけを渡されるケース、又は何も渡さず、焼香だけを受けるケースもあります。

さらに小さい小学生の場合、御菓子を別に用意される当家もおります。 
焼香が難しくできないような場合は、焼香前にある程度の人数(焼香台に合う人数)が一列で並ばれて、合掌されて帰られるということもあります。(その際には、先生が生徒さんの側にいて説明していらっしゃいます。)
 
先生だった方がご逝去された場合など、多くの幅広い生徒さんがお見えになられます。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「陰膳」 ~法事の席では~

2016年10月19日 16:35

法事の席で食事(精進料理など)の用意をする際は、故人様に対してお供えします。

何回忌までという決まりはなく、用意する、しないは、ご家族様が決められています。
仏壇に仏飯やお水、お茶などをお供えするのに、いつまで用意するという期限はないと思います。
故人様、佛様に対しての供養の気持ちであると思います。

「陰膳」の献立は、おひたし、煮物、汁、ご飯などでしょうが、当社の陰膳を添付しておきました。

dsc00975

もちろん、会食する方たちと同じお膳を用意する家族もおられます。

陰膳は、位牌、写真の前に並べます。
並べ方は、故人様からみて(位牌から見て)手前にご飯、奥におかずのようですが、そこまで細かく、置き方にこだわる方は少ないです。
お供えするということが大切だと思います。
会食される方からみて不自然である時は、正面を御直しすることもあります。

例えば、献花などする際、本来であれば故人様の方に花をむけますが、会葬者に茎ばかりみえると見栄えが悪いので、献花の時は逆に花を会葬者の方にむけて正面を逆にしてお供えすることが多いです。

会食後、陰膳の料理は召し上がる方もいらっしゃいますが、手をつけない方もおります。
本来はお供えしたものを皆で分けて召し上がるのが良いとは思いますが、絶対に残さずお供えしたものは全部召し上がらなくてはいけないということでなく残される方もおります。処分してくださいという方もおります。
ビールなどをコップについでお供えした場合などは、たいてい飲まずに処分しています。

斎場やレストランで会食した場合は、持ち帰りはご遠慮下さいという料理屋が多いです。
すぐに食べればよいですが、皆さま食べられるタイミングが違いますので、万が一ということがあるのではないでしょうか。
火を通した食べ物であっても、持ち帰りはダメであることが多いです。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「陰膳」 ~通夜と葬儀の席では~

2016年10月19日 16:13

「仏膳」という言い方もします。
故人様に対して、初七日法要などの際の席で用意します。

当家によって取り分けられる方もおられますが、用意してほしいという方もおられます。

皆様で召し上がる物と同じ陰膳(4000円~6000円)をお出しする場合もありますが、当社で出している陰膳を添付しておきます。1000円と1500円です。

陰膳1  dsc00975

生きている方が長旅に出られる時に家族の方が無事に帰る願いを込めて供えることがありました。
そのゆえんで葬儀では宗派によって49日の旅に出られるということからお供えするようになったのではないでしょうか。

例えば、浄土真宗や日蓮正宗や創価学会の葬儀では、即身成仏で旅にでることがないので、絶対用意してはいけないということではありませんが、陰膳の用意はしません。

通夜の席では、故人様にお膳という形ではなく、お皿などに皆様が召し上がっているオードブルやお寿司を取り分けてお供えします。飲物も。

あくる日の精進料理では上記のような陰膳を用意します。
もちろん、絶対というわけではありませんが、用意する方が多いです。故人様の供養の席ですので。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「密葬」「家族葬」「直葬」の違いわかりますか? その③ 訃報の知らせ方

2016年10月5日 16:14

密葬・家族葬・直葬でも親しかった方には伝えるケースがあり、訃報の範囲や伝え方は当家の判断によります。

口コミやネットを利用する方もいれば、電話での連絡、または、ファックスで流す方もおります。

「この度は家族葬で行います」という表記をすると遠慮される方もおりますが、その方自身が家族ぐるみのお付き合いのあった方などは、お見えになります。

ご弔問に行く方側にすると「家族だけで行いたいのだから、そっと静かに見守りたい」という方もあれば、「私達は家族同等であり、家族葬うんぬんよりもお亡くなりなったことをお知らせ頂いたのだからいく」という方も。

完全に家族葬で誰もお付き合いがないので連絡しないという当家の場合は、当然ご弔問の方はいらっしゃりません。
訃報を流さなければ分からないことなのです。

葬儀が終わってから「欠礼案内」を流される方もおります。(当社にはそのフォームもあります)
または、流さずに知らせないという方もおります。

町会の方から「この頃は町会にも教えない」というお言葉を良く聞きます。
当社は業者ですから、お客様のご意向の元、葬儀を行ったことが外部へ漏れないようにする守秘義務があります。
後から地元の方に「なんだよ、知っていたなら教えてくれればよかったのに。」と言われることが度々ありますが、業者だから余計にお話しできないんですよ。と答えます。
「〇〇さんには特に教えないですよ」とブラックジョークをします。それが信頼なのです。

密葬・家族葬・直葬でも「せめて香奠だけでも」「せめて焼香だけでも」と言ってこられることがあります。
受け取る方は、どのような形式のお葬式でも受け取りますし、一般葬でも香奠やご供花を辞退される方はおります。

上手な渡し方というか、当家の判断で行います。
良くご存知で、どうしてもお世話になった方だからということで、香奠をお渡ししたいのならば、喪主だけの時に(一切誰も周りにいない時に)渡されると受け取って頂ける事が多いです。

密葬・家族葬・直葬といっても、その家族とのお付き合いの度合い、かかわり方によって本当に様々なので、知らせを受けた時にこうするのが通常ですとかは伝えにくいです。

そんなに知らない、付き合いもない方が家族葬にご弔問することは、おそらく遠慮されるであろうと思いますし、良くご存知で生前の付き合い方が深い方は、家族葬でという知らせであってもすぐにご弔問に伺う方もおります。

知らせを聞いた方が感じ行動に起こすことが正解のマナーのように感じます。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「密葬」「家族葬」「直葬」の違いわかりますか? その② 弔問の人数の違いではないのです。

2016年10月4日 11:43

「密葬」は近親者だけで行いますが、親戚でもこの方は呼ばないといけない、友人でも家族ぐるみでの付き合いがあったなどを考え、ご家族で呼ぶ方の範囲は決められます。

絶対にここまでは声掛けしないとならないとか、これ以上の付き合いの方は後日の本葬があるので呼んではならないということはないです。

ちなみに、密葬を行って本葬を行うケースなどは、密葬といっても200名位のご弔問の方が来られるケースはめずらしくありません。
当然本葬では、何千単位の会葬者です。

ですから「密葬」は何人までで、それ以上は「家族葬」というみたいなことはありません。
当家によっては、密葬でも大勢の方のご弔問を受ける方もおりますし、完全に家族5名位の家族葬を行うこともあります。

密葬と同様、家族葬でも親しかった方を呼び、100名くらいの家族葬になってしまう方もおります。当然家族葬で行わなかったら、かなり大勢の方が来られるケースです。

何人・・というのは「直葬」でもいろいろなケースがあります。
直葬後にお別れ会を行ったり、又は“お骨でのご葬儀”を行ったり。
また直葬でも出棺時のお別れの時に、友人の方や会社関係の方など50名位こられるケースもあります。

こちら(関東)で「直葬」にして、地方に戻って葬儀を行う場合などは、職場の方が最後のお別れをされにくることがあります。
直葬でも受付は作ります。香奠もお持ちになられる方もおります。
当家によっては、少ないがお返し品も用意しておいてほしいという方も当然ながらおります。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター