株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

葬儀社が求めるスタッフと向き不向き ~私にとって葬祭業は天職~

2019年2月26日 17:00

葬儀社が求めているスタッフというのは、葬祭業をやりたいという気持ち一つだと思います。
他の業種でも同じことが言えるのではないでしょうか。
この仕事が好きで葬儀を通じて一生懸命にお手伝いをしたいという強い心が大切です。

私の勝手な思いでいうと、特に感受性の高い方はより合うように思います。

逆に、葬祭業をやりたいという思いがなければ、スタッフとして勤めるのは難しいように思います。
葬祭業に限らずどの職業でも合う方もいれば、合わない方もいるのではないでしょうか。

急な仕事(葬儀)が入る職業ですが、それが葬祭業ですので、私は決して苦労とはとらえません。
夜に寝られない時は、朝方はもちろん眠いです。
しかし好きな職業ですので、苦労とは思わないです。
その方の捉え方にもよりますが、当たり前のことが幸せと感じる方は、苦労とは思わないでしょう。

私はこの仕事を天職としています。
来世生まれ変わったら他の仕事も見てみたい好奇心はありますが・・。
一生涯、死ぬまでこの道を歩むのでとても遣り甲斐があり、葬儀を通して世の為、人の為というのは、幸せを感じます。

他の職種で働いたことがないですが、どの職業でも様々なことがあると思っております。
どの業界でも同じことで、笑ったり、怒ったり、泣いたり、感動したり、遣り甲斐をもったり、いろいろな感情が溢れるのではないでしょうか。
決して葬祭業だからということではないでしょう。

悲しい気持ちでいる葬儀の場で、お別れの時に「じゃあね、またね」という言葉をたまに聞きます。
後で会う約束です。
悲しく寂しい気持ちから少しだけ解放される言葉のように聞こえます。

私には泣きボクロがあります。情にもろくすぐ泣くからなのでしょう。

葬儀社への就職を考えている方がいらっしゃいましたら、

「好きなことに苦労はありません」とお伝えしたいと思います。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

葬儀社スタッフの業務内容は? 資格は必要?

2019年2月25日 17:29

葬儀社の仕事に興味があるのですか?

葬儀社は、葬儀全般に携わる葬祭スタッフ、担当者のアシスタントセレモニースタッフ、

返礼品スタッフ、事務職、など様々なスタッフで成り立っています。

当社のスタッフは、部署的にそれだけ行えば良いというのではなくオールマイティーです。
葬儀に係わるあらゆることを行います。搬送業務や霊柩車の運行、納棺、

返礼品の準備などもすべて行います。
また清掃や洗車などは日課であり、皆で行います。

事務職は別です。
事務職は、電話受けや来社対応、発注や確認、請求書作成、現金を扱うことの全般を行います。

スタッフとして業務を行うにあたって必要な資格としては、運行にあたる場合には普通免許が必要です。

厚生労働省認定の葬祭ディレクター資格は、持っていないと葬祭スタッフが務まらないということではありませんが、これくらいの葬儀に関する技量や知識を持っているというライン引きになると思いますので、持っていないより持っている方が安心感はあると思います。

葬儀社で務める際に大切なのは、この仕事が好きで葬儀を通じて一生懸命にお手伝いをしたいという強い心です。
次回、このことについてもう少し詳しくお話しいたします。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

散骨とお墓・お仏壇

2019年1月28日 10:00

散骨の場合は、全て散骨せず一部の遺骨を手元供養として保管される方が多いようで、

当社でもそのようにアドバイスしております。

全て散骨し終わった後に「散骨しなければよかった」と思われても手遅れになりますので。
お墓を準備しなくて良いので費用が掛からないということで散骨されるケースもありますが、

その後の事をよくお考えになられてから決断されてはいかがでしょう。

散骨だと自宅の仏壇だけで良いかというと言い方も難しいですが...
手をそっと静かにを合わせ、心を合わせ、気持ちを向かせて、

いつでもどこでも供養できる心の持ちようが大切であると思います。

手を合わせるのは、決して自宅の仏壇の前だけでなく、外出先からでも出来ます。
その思う方向に向くこと。
手元供養品に対し向くこと。
または万人平等の空を見上げ手を合わせるのはとても優しい気持ちになれます。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

数珠の持ち方と種類について

2018年3月22日 12:50

宗派によって数珠の形や持ち方が異なることがありますが、
他の宗派の方の葬儀や法事であっても、ご自分の宗派の持ち方で問題はないと思います。

無難な持ち方を言えば、

珠数の少ない「略式数珠」と呼ばれている種類のものは、
合掌する際、左手の親指と人差し指の間にかけ、
合掌する時以外は左手の手首にかけておきます。

珠数が108個ある「本式数珠」と呼ばれている種類のものは、

まず輪を交差して、二つの輪とし、その状態で「略式数珠」と同じように、
合掌する際は、左手の親指と人差し指の間にかけ、
合掌以外の時は、左手首にかけておくということで良いと思います。

一般的に各宗派の葬儀や法事その他の法会にご参列していただいた時は、
上記のような形で良いと思います。

次に葬儀で数珠をとりだすタイミングについてですが、
受付前から取り出して左手首にかけておくか、持たれていた方が良いと思います。

日本の仏教の各宗派間において、同意された共通の持ち方はありません。

しかし一目では、どの宗派でも同じに見えるということは
あるのではないかと思われます。

数珠は文字通り数を数える珠の意味がありますが、
108個から人間の持つ煩悩を封じるということもあるそうです。

けれども108個ですと長いので、その半分の54個、
三分の一の36個や、四分の一の27個が作られ、使用されていることが多いようです。

逆に倍に多い珠の数珠もあります。
数珠は地玉、点玉、親玉、ボサ玉、房などによって構成されています。

材質は黒檀、紫檀、白檀、伽羅、水晶、琥珀など様々な種類のものがあります。
また、珠の形はおおむね3種類。

一番多く見られる、球形の丸珠。

丸珠に比べ数珠に仕立てたときに、輪の大きさに対し珠を大きくすることができるみかん珠。

平珠(そろばん珠)は、みかん珠をより扁平にした珠です。
房も、より房、切房、頭付切房、ひも房、凡天房等様々な種類があります。

房の扱いについては、テレビなどで色々と紹介されているようですが、

私の知る限りでは、房を握って持つ形はいかなる時でもしないと思います。

宗派によって房を握って持ったり、
房を両手で包み込んで持つという作法はあるかもしれませんが、

あるとしたら日本の仏教においては一般的な扱いではないと思います。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

故人様らしさの現れるエンディングドレス。選ぶ際に気にかけたいこと

2018年1月26日 09:05

死に装束としては、白装束が一般的です。
当社では、高級仏衣以外は白装束を使用しております。

しかし、近年では終活としてご自分のエンディングドレスをご用意されたり、
ご家族がご用意されるケースもございます。

故人様が着ていた物や、ご家族や知人の方々がご用意された物に着せ替えることは、
基本的には可能です。

しかし、サイズ合っていなかったり(闘病生活で浮腫みが激しい等)、
故人様の状態が著しく良くない場合は着せ替えが厳しい場合もございます。

デザイン的には問題ありませんが、故人様に合ったサイズが好ましいでしょう。

薄すぎて透けてしまう素材や、縫製の弱い物は破けてしまったり切れてしまうので
好ましくありません。

実際、ご要望の元で、ご家族様が用意された物に関しましては(洋服やスーツ等)、
仏衣よりも故人様らしいと大変喜ばれております。

参列された皆様もそういう感覚を感じとられていることでしょう。

ご家族様のご要望の元に決めて行いますので、白装束でなかったことによる、
ご納棺の際のトラブルはございませんし聞いたこともございません。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

東京のお盆は7月??

2017年8月31日 12:10

今年も盆踊りがあちらこちらで開催されましたが、
その時期に違和感をおぼえた方はいらっしゃらないでしょうか。

世間一般の会社や病院のお盆休みは8月15日前後。
ところが東京では7月15日前後に盆踊りをするところがあります。
お盆じゃないのに盆踊り?

実は東京は7月13~16日で盆の行事を行うことが多いです。
横浜や川崎、沖縄も7月に行う方が多いです。

明治に改暦がありました。
7月13日~16日は旧暦のお盆で、
8月13日~16日は新暦のお盆です。

改暦後は、盆行事を8月に行う地域がほとんどではないでしょうか。
お盆の帰省ラッシュがあることからも分かります。
そのまま7月の旧暦のお盆を行っている地域もあります。
7月、8月と違うからといって、ご先祖様を供養する内容は同じです。

特に川崎では7月に行いますが、8月お盆の時もお祭り(盆踊りなど)を行っております。
お墓参りは7月に行いますが、お祭りは8月に行うというのも不思議ではありません。
ご先祖様に対しては毎日がご供養であり、私達の生の源なのですから。

7月も8月も13日迎え火焚いて16日送り火を焚きます。
当然その家々によっての文化や慣習もありますので、朝行う方や夕方行う方様々だと思います。

精霊棚を作り、仏壇よりお位牌を綺麗にして並べます。仏壇の中ももちろん綺麗にします。
きゅうりに箸を差し、お馬さんにみたて、ナスに箸を差し、お牛さんにみたてます。
お迎えはお馬さんで早くお会いでき、送りはゆっくりと
お牛さんにのり帰られるということもあります。

ご先祖様を敬う気持ちの表れですね。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

供花物についてあれこれ・・・

2014年1月28日 14:38

前回のブログでは、供花についてお話ししましたが、当社のある川崎あたりでは一時期、花環が多くでた時代がありました。当社ではかなりの本数の花環を保有しておりました。
花環
あの頃は1本1万円で消費税もない時代。造花ですので手直しは必要ですが、使い回ししますので、とても利益がありました。自社で花環専用の倉庫や車両も保有していました。数多い時は、夜店のお面のような飾りで足場を組み飾ったこともありました。しかし今では1本も出ません。

地域や宗派によっての違いもあります。
京都にいたときは、蓮花のお飾りが多くというよりは、必ずでていました。
あとは花環(造花)ではなく、樒を花環のような感じで飾ります。
自慢にもなりませんが、私は蓮や灯篭を組み立てるのがすごく早いのです。(以前のブログでもお話ししましたが、装飾の幕張りも早いです。)
東北地方の方がこちらでお供え物を選択されるときは、果物や缶詰をお供えされることが多いように感じます。
学会のお式では生花の代わりにお樒を飾ります。神道では榊を一対必ず入れます。

そして最近ですと、「供花物辞退」という当家もあります。(香典辞退もあります)
表記の仕方で「供花・香典辞退」というとお花を受け取ってもらえませんが、「香典辞退」だけならば、お花はお供えできます。
供花物辞退といっても一般の方から頂く分の辞退が大半です。供花物辞退と言っても、たいていは家族や親族の方からの供花をお供えされているケースが多いですので、親戚の方などは、直接ご家族に聞いてみても良いですよ。

 

関連ブログ  供花とは

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

供花とは

2014年1月27日 14:04

供花とは、祭壇の横にお供えする名札を差した花かごです。菊ベースもあれば、洋花ベースも
あります。
価格も花の量によって15750円と21000円の二種類があります。
供花
祭壇のイメージや、お客様の好みでどちらでも良いですが、和、洋、金額など統一
された方が綺麗ですね。
余談ですが、当社のホールは祭壇の大きさや供花の数に応じて、カーテンレールの幕で狭めたり広げたり調節可能ですので、1対でも見劣りしませんし、60基くらいでもお供えできます。
設計士の方のおかげで万能ホールとなっています。 「ホールのスペースが空いてしまうので、もっとお花があった方が良いですよ」なんて営業トークを他でよく耳にしますが、当社では無縁です。

喪主花は一番高い奥に1対お供えします。1基でお供えすることも多いです。
あとは、子供一同や孫一同、親戚からの供花や、個々の個人名でお供えされたものもあります。

※1対というのは2ツ、つまり2基ということで、1基というのは1ツのことです。 「対」と「基」での表現で数が違いますのでご注意ください。

供花は、当社で承っております。
枕花と申しまして、枕元にお供えする小さめのアレンジもあります。(5250円と10500円です)
枕花
供花の他にもお供えとして、果物又は缶詰の盛り合わせ10500円と15750円というのも承っています。
果物  缶詰
灯篭もあり、葬儀後にご自宅で49日間使用します。15750円と18900円の二種類です。
提燈燈籠
花環は、大きさと高さの違いで、10500円、15750円、21000円の三種類があります。
花環

少し話が供花から外れてしまいました・・・
さて、供花のお花の種類についてですが、すべてを好きな花で作るのは難しいですが、ご希望により好きなお花を入れるというのはよくやります。ただし、供花用として向いていない花を入れるのは難しいですが。(例:ひまわり、チューリップ、バラなど)

使用するお花は、生花かブリザードフラワー。
ブリザードフラワーは、焼香花用に使ったりしています。長くもちますので経済的です。
なお、お別れの時に使いますので、造花は使用していません。

次回は、この供花に関連して、お供え物の地域での違いや辞退のことなどについてお話しします。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「なかはらや倶楽部」について

2014年1月21日 16:23

当社の会員制「なかはらや倶楽部」は、入会金、年会費、月々の掛け金など無料で、様々な特典があります。

無料ということで、他の会に入っていらっしゃる方にも入会いただいています。

月の掛け金が発生するような会に入っていて、実際に葬儀を行う際、絶対にそこの葬儀社を利用しないといけないというのは、お客様にとって選択がないわけですから、不都合なこともあると思います。その点、当社のように無料ですと、万が一引っ越しをされり、いろいろな関係から他の葬儀社で行うことになっても何の負担にもなりません。あくまでも選択の主導はお客様というのが良いところです。当然、退会されるような時もご自由にできますし、無料なので後悔なしです。

他の葬儀会社の会員制で、提携している店舗での割引き特典があるような会もよくあるようですが、当社の「なかはらや倶楽部」には、そういうのはありません。「なかはらや倶楽部」は、葬儀又は葬儀アフターに重点をおいたサービスです。 

私が考えるに、そういう飲食店や他店舗などのサービスを受けたいならば、クレジットカード会社などが用意しているサービスの方がよっぽど規模が大きいですし、充実していると思います。ポイントも充実していてすごいですしね。お客様にとってのメリットは大です。

あくまでも当社は葬儀社であり、葬儀のサービスをお客様に提供したいと考えています

さて、「なかはらや倶楽部」への入会についてですが、基本的には、だれでも入会できというのではなく、ご紹介が必要です。 

当社から電話や訪問などをして勧誘することは一切ありません。というよりも、現在は会員の一般募集は基本的にしておりません。

ご紹介者様は、当社で葬儀を施行された方、当社の社員、当社と業務提携している協力会社の方、当社と団体契約している方、会員の方、地域の町会の方、ご寺院様など、当社と関係のある方々です。ですので、なかはらや倶楽部は、とても素晴らしい方々ばかりの集まりです。 

その方々のために「会員様ご招待会」というのを毎年行っております。このイベントも、「誰でもどうぞ」というものではなく、会員様限定はもちろんですが、しっかりと返信はがきを頂いて、準備をします。

なかはらや倶楽部の特典は何回でも受けられ、会員様だけでなく会員様の親族の方でも大丈夫です。

なかはらや倶楽部の特典の一つに生前予約システムというのがあります。

「以前は、葬儀を事前に考えるなんて、不謹慎・・。」という考えのようでしたが、最近は「知らないよりも知っていた方がよい」ということで事前にご相談される方が多く、1日に何組もの方がご来社して不安を払拭されていきます。確かに知らないと葬儀の選択はできませんが、いろいろと情報や知識などあれば心強いと思います。そういう方の中で、当社の倶楽部会員の趣旨に合う方は会員の申し込みをされています。

創業90年の積み重ねで多くの資料があり、昔の川崎の葬儀のことなど歴史を知っております。

温故知新というように、なんでも今は今、今が大切というのも分かりますが、ご先祖様がいらっしゃってのご両親、ご両親がいらっしゃっての私達です。昔のことも素晴らしいことであり、あくまでも昔があって今があり、私は昔に今に感謝致します。

 

関連記事  冠婚葬祭互助会と「なかはらや倶楽部」会員制度の違い

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

天昇閣ホール、コールドルーム等 中原屋の施設の紹介をさせていただきます

2014年1月13日 10:45

昨年、やすらぎホールの紹介をさせて頂きましたので、

今回は、その他の施設の紹介をさせていただきます。

まず、天昇閣ホール中原屋

こちらは家族葬によくご利用いただきますが、葬儀後の法事で利用していただくことも多数ございます。

靴を脱いで上がっていただきますが床暖房のじゅうたんですので、冬場でも暖かく、

皆様くつろぎながら式を迎えていらっしゃいます。

例えば通夜後は、祭壇の前にお膳を並べてお斎をされたり、

法事後は、そのままそこでテーブルを並べて精進料理を召し上がります。

2階に上がるには階段をご利用いただくことになりますので、不便をおかけしますが、

料金はその分抑えて提供させていただいており、

両日ですと5万円で、法事の1日ですと3万円となっています。

やすらぎホールは、会葬者が大勢来られる時に、

天昇閣ホールは、一般の会葬者が少ないまたは無い場合にお奨めしております。

次に、お別れホールですが、

こちらは、今はまったく葬儀をしないで、火葬だけされる方もいらっしゃいますので、

その家族の方々に出棺の日時にお集まりいただきまして、「お別れの儀」としてお花をお手向けしたり、

お線香をお上げしてお弔いをお時間までゆっくりしていただきます。

火葬場でも炉に入るまえに告別ルームがありますので、そこでもお香をあげられますが、

家族や親せきの皆様にしっかりお別れをしていただいたり、

副葬品をお入れしたりしてゆっくりお別れをされるには、

当社のお別れ用のホールをご利用された方が、気兼ねしないと思います。

急にお寺様をお呼びになるときにでも、対応できますし…。

 お預かり施設は、ご逝去されて、病院や施設から様々なご事情で自宅に戻ることができない場合に、

ご遺体をお預かりする施設です。

今は、葬儀を依頼される大半が、ご遺体を当社の霊安室にご安置されています。

その際、寝台車でのお迎えは、24時間365日対応しております。

中には、もちろんご自宅に戻られる方もおります。その際は、当社の方でドライアイスや、お線香などの

準備をさせていただきます。(キリスト教用、神道用の葬具も当社で、常にございます)

火葬場の空き状況などで、葬儀の日程までお待ちになるような場合には、

当社にはコールドルームもあります。

ご遺体の状態が悪くならないように、そのままを保ちながら、葬儀を迎えられるよう、

様々なコールドルームがあり、4度で室温を一定にしているお部屋や、

マイナス20度まで下げられるお部屋、または、

小ホールと併設されているお部屋もありますので、状況によりご利用いただいております。

病院から火葬場へ直接行けますか、というご質問を頂くことがありますが、

火葬予約や、火葬許可証などをとってからになりますので、それは不可能です。

また、火葬場にお寺様をお呼びして、お経をあげていただくことは?

と言うご質問もいただきます。

こちらは火葬場の告別ホールでお寺様にお経をあげていただくことは可能です。

その際は、お布施をお渡しするようになりますので、ご準備ください。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター