株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

通夜・葬儀・告別式に参列できなかった場合の香奠の渡し方(2)

2015年12月10日 13:43

葬儀に参列できない場合は香奠を郵送されることがありますが、参列される知人に渡す方も多いです。

マナー的にどうかといわれると何も言えませんが、実際の葬儀の現場におりますと、そうされている方が多いです。
あくまでも私の実体験の話しで、葬儀マナーセミナーではありませんので参考までに。
(私が初めて葬儀の手伝いをしたのは小学校6年生の頃でした。 学生の時のアルバイトも葬儀でしたので生粋です。)

さて、参列する知人に香奠を預ける場合についてですが、香奠袋は参列する際と同じ香奠袋で大丈夫です。

前回のブログでお話しした郵送の場合と同じ様に、手紙を添えられた方が丁寧かと思います。お心が伝わると思います。

「香奠」の「奠」は“供える”“敬う”という意味があります。(以前にも説明しました。)
よってお香を供えるということにもなりますが、お香の代わりに食べ物を供えられたそうです。
現代は現金になりましたが・・・。
当社の焼香前の水引きにも「忌中」幕ではなく「奠」幕を使ってます。

別のケースとして、後日、香奠を持ってご自宅に弔問に行かれる方もいらっしゃいますが、連絡してから行かれた方が、先方もいろいろ段取りや準備ができると思います。

香奠の表書きは、浄土真宗や忌明け後は「御佛前」となりますが、たいていは「御霊前」で良いと思います。

郵送の場合と同じく葬儀後やはり一週間以内が良いと思います。

ご自宅に伺う場合には、当家のご都合にもよりますが、お参りさせていただいた方が良いです。
その際には香奠の他に「ご霊前へお供え下さい」と故人様が好きだったお菓子や果物、又はお花を一緒に持参されると、なおお心が伝わると思います。

 

 

<関連ブログ>

通夜・葬儀・告別式に参列できなかった場合の香奠の渡し方(1)

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

通夜・葬儀・告別式に参列できなかった場合の香奠の渡し方(1)

2015年11月25日 10:34

通夜、葬儀に参列できず、香奠を郵送される方はいらっしゃいます。

葬儀当日に持参する場合と同じ様に香奠袋を現金書留に入れて郵送します。
水引が印刷してある香奠袋の方が凹凸もなく入れやすいかもしれません。

その際に一筆箋のような用紙に一言添えられた方が丁寧です。
心が伝わります。手書きで。(関東ではわざわざ薄墨にすることはありません。)

斎場や葬儀社には送らず、直接ご自宅へ郵送下さい。

郵送で会社又はホールに届くことがありますが、葬家名と喪主の方の名前が違う場合など分かり辛い場合がありますので自宅に郵送された方が安心です。葬儀が何件も同じ日に重なっておりますとなお分かり辛くなります。

当社では、そのような場合は差出人に連絡して香奠を受け取った当社担当者の名前と渡す葬家の名前を確認しております。(現金ですのでしっかりと責務を課せます。)

その際に、香奠袋にも差出人の名前と住所の記載があった方が分かりやすいです。

実際に会社やホールに香奠を送られてくる方は、年間でもほとんどおりませんが・・・。

郵送する期間は、訃報を聞いてからより、葬儀後1週間までの間が良いと思います。
あまり過ぎてしまうと後から後からになり、当家も整理するのが大変だと思いますので。

 

<関連ブログ>

通夜・葬儀・告別式に参列できなかった場合の香奠の渡し方(2)

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「数珠(念珠)」とは (宗派による違いと選び方、葬儀で数珠を忘れたら?)

2015年10月7日 18:33

日蓮宗、真言宗、浄土宗、浄土真宗、禅宗(曹洞宗、臨済宗)、天台宗など宗派によって数珠の形が違います。

長さであったり、房の形であったり、言葉での表現が難しいですが房一つをとっても、撚り房、切房、頭付切房、ひも房、凡天房などがあります。
耐久性があり、くしゃくしゃに成り難い「撚り房」が扱いやすいと思います。

男性用と女性用は珠の大きさで分けることが多いです。
男性の方が、珠が大きく黒系色や茶系色が多いです。
女性の方は、珠が小さく、水晶、ガーネット、珊瑚など色合いが綺麗なものを選ばれます。

さて先に宗派によって数珠の形が違うと話しましたが、数珠はお参りにいく先方の宗派に合わせるのではなく、ご自分の宗派の数珠をお持ちして良いです。

ただ、たまたま忘れてしまったという方は別にして、お知り合いと数珠の貸し借りをしながらのお焼香は避けた方が良いと思います。
ホールには忘れてしまった方用の数珠を常備していますので、お声掛け下さい。

そして思いのほか数珠の忘れ物はすごく多いです。
しかも、取りに来られる方も少ないのです。
仏具であり、お守りの意味もありますのでどうぞ大切にして下さい。

私自身は真言宗ですが、日蓮宗用の翡翠の数珠を使用しています。
お寺様より頂いたものなので宗派は違っても大切にしようしております。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

喪服での外出・寄り道について

2015年8月26日 19:08

遠方から葬儀に参列の場合、ホテルに喪服で到着し、斎場へ出発されることが多いですが、式場の更衣室にて着付けをされる方もおられます。

ホテルで着替えるか、斎場で着替えるかは都合の良いよい方で良いと思います。
自宅で着付けをされる方もいらっしゃいますし、早めに式場に来られて更衣室又は、控室にて着付けされる方もいらっしゃいます。

さて、葬儀帰りの寄り道についてです。
久しぶりに会った友人知人と帰りにどちらかに行かれる方は多いです。
会葬者の場合は略式の黒礼服や、女性ですと黒のワンピースですので、そのままレストランや喫茶店に行かれます。「ふれあい文化の創造」です。

<関連ブログ>

葬儀の際の宿泊場所について(宿泊施設の手配と、斎場での宿泊)

通夜の晩を斎場で過ごすかどうか・・・

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「お別れの会」について (その2)

2015年7月15日 10:38

「お別れの会」の式次第はだいたいこのようになります。

1. 開式
2. 黙祷
3. 故人の生い立ち
4. 弔辞
5. 親族献花(または焼香)
6. 一般献花(または焼香)
7. 謝辞
8. 閉式

「お別れの会」には黒服で、「香典」を持っていきます。葬儀の香奠額と同じです。「お花代」でも良いですね。

そして開く側は、 お持たせを(返礼品)と用意する方が多いです。

お別れ会や偲ぶ会を行い、その後どのようにしたら良いですかという問い合わせもあります。

仏式ですと、回忌法要があり、お寺様にお経をあげていただき、その後精進料理の席をもうけることがあります。
神道は1年祭、キリスト教だと記念会や記念式などで教会に伺ったりします。
けれどもお別れ会は自由に行うものですので、逆にどうしたら良いかわからないとのことです。

例えば1年経過し、また親しい方が集まり食事会という形で偲ぶ会を行ったらいかがですか等とアドバイスをすることもあります。
また位牌がありませんので、それに代わる手元供養品の案内もします。

位牌代わり2 位牌代わり1

<関連ブログ>

「お別れの会」について (その1)

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

「清めの塩」の使い方

2015年6月10日 17:45

ご自身で礼状などについている塩を掛けます。足元にかけます。

関東では、塩を振りかけることが多いですが、
関西(京都)では踏み塩を用意することもあります。青竹で枠をとってつくり、その上を歩いて清める形をとります。

川崎では礼状やお返し物につけています。
当社のお清め塩、実はオリジナルなんです。
しかもデザインはわたしの描き下ろしです(^v^)
こだわりです。色も綺麗です。

清め塩ブログ用      清め塩(背景青→緑・花縁無)新ブログ用

「テッポウユリ」の絵です。
「なぜユリなの?」と聞かれたので。
以下の通りです。

テッポウユリは、創業時の当社の社章として先代が使っていました。
中原屋の「中」という字にテッポウユリをからませたデザインでした。
その創業時のテッポウユリをモチーフしました。

「温故知新」は私の土台と考えています。
何かの機会に見て下さい。

 

 

<関連ブログ>

「清めの塩」とは

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

真冬の葬儀(コートの種類と防寒のための服装について)

2015年1月28日 14:58

コートの色は、やはり圧倒的に黒が多く、ダーク系の色が一般的です。ダーク系でも茶色の方はあまりいらっしゃいません。

コートの素材は、毛皮はまずいらっしゃらないのですが、皮のコートの方はいらっしゃいます。

 

通夜・葬儀の服装については、「絶対にこうでなければならない」という決まりはありません。

大切なことは、お悔やみの気持ちを表しているかどうかということです。

また、相手に不快な思いをさせないことです。

 

寒い時には、喪服の下にセーターや防寒のシャツを着たり、タイツやパッチをはいても良いと思います。(私ごとですが、今年は、頑張ってはきませんでした。一度はくと、ワンシーズン脱げなくなりますので。)

 

受付のお手伝いの方はコートを脱ぎますので、使い捨てカイロをたくさん身につけているといいと思います。

昔、当社のサービスの一環で、会葬者の預かったコートのポケットに「お寒い中ご会葬有難うございます」と一筆添えて、使い捨てカイロを入れてお返しするサービスをしていたこともありました。

 

寒い日はきちんと防寒対策をして、心から手を合わせる……。

それが冬のお参りの基本だと思います。

<関連ブログ>

真冬の葬儀(コートに関するマナー)

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

真冬の葬儀(コートに関するマナー)

2015年1月28日 14:55

寒い今の季節、ホール内では、受付に香奠をお出しする時にはコートを脱いでいらっしゃる方が多いです。

ホールなどでは冷暖房が完備されていますので、ホール内に入ればコートを脱ぎ、クロークに預けます。

 

寺院や、集会場など外での受付の際は、着たまま記帳し、香奠を出される方が多いです。

当然お焼香の際は、コートを脱ぎますが、たいていは手荷物置き場がありますので、そこにお手持ちのバックやコートを置いて焼香します。

 

焼香の列に並んでいる時は、外の場合はコートや温かい服装で並んでいただいてかまいません。

以前、お寺でのご葬儀で大変寒い日があったのですが、外でのお焼香でしたので喪主の了解をとり、 「本日は大変お寒いですので、コートを着たままのご焼香とさせて頂きます。」とアナウンスをしたことがありました。(;^-^)

 

出棺待ちの際は、寒い外ではコートを着ている方が多いです。

 

喪主挨拶の際は、ホール内ではコートを脱いだ方が良いのですが、外で寒い場合は体調がくずれるといけませんので着たまま挨拶を受けられる方もいらっしゃいます。

寒ければ着ていて、寒くないようなら脱いだ方が良いと思いますが、周りの方に合わせるということも大切です。

 

外でのお清め会場では、コートを着たまま召し上がっています。

外のテント内は本当に寒いのです。ジェットストーブはありますが、風が強いとあまり効力はありません。ちなみに寒い時のお清めは、おでんが多く出ます。

 

受付のお手伝いをされている方は、コートは着ておりません。

外の道案内の方は、着て案内しております。

 

よく、葬儀の入口に大門や提灯や庭飾りがあったと思いますが、コートなどはその提灯を超える時に脱ぐのが一般的でした。一つの結界であるような気がします。

今ではホールなどが多く、提灯や庭飾りはほとんど飾らなくなりましたが・・。

<関連ブログ>

真冬の葬儀(コートの種類と防寒のための服装について)

 

 

 

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

葬儀場での写真撮影やビデオ撮影について(葬儀中の撮影マナー)

2015年1月21日 15:47

撮影禁止というわけではないので、祭壇を撮影される方はいらっしゃいます。
白木祭壇より生花祭壇を選択される方が増えましたので、綺麗に装飾された祭壇を撮影されています。

お客様の中には写真撮影を希望される方もいらっしゃいますので、その場合はアルバムにしてお渡しします。

社葬などの場合はビデオ撮影や写真撮影はよくあります。
記録として会社に保存しておくという考え方があります。
人の様子はもちろんですが、頂いた生花や花環なども撮影して記録します。

個人葬でも私が京都にいたころは、当家全員の集合写真を良く撮影されていました。

しかし川崎ではあまり個人葬での写真撮影はありません。
葬儀ですので記念にということはありません。

返礼品も口にして無くなる品物が多く、今でもお茶やのり、クッキー、紅茶などがでます。
または涙をふくハンチやタオルも多いです。
結婚式と違い、残る品物でお皿やガラスコップなどは選択されません。

携帯電話の普及に伴い、携帯のカメラで撮影される方は増えましが、撮影する方が増えたかというとあまり変わらないように思います。

葬儀の場ですので、久しぶりに会った友人と記念撮影などはありません。
常識の範囲で、そういう会葬者は見かけません。あくまでも葬儀という場ですので。

記録撮影の場合でも、あまり故人様のお顔は撮影されません。
撮影してはいけないということではないですが、お顔が入らないように撮影されます。

また当社のスタッフも入らないように気配りしています。

一般の会葬者で撮影されるのを嫌う方もいらっしゃいますので、焼香されている会葬者を撮影するのは注意が必要だと思います。

当社の写真撮影の依頼をしないで、友人や知人に通夜と葬儀の様子の撮影を頼む方もいらっしゃいます。当然、お経中も写真撮影されます。親族焼香の場面など。

フラッシュはたいてもかまいません。撮れないといけないので。

撮影される場合には、葬儀という悲しみの場であるということの認識とその場にいらっしゃる方の心情を察することが大切です。
当家も当然ですが、お参りにいらっしゃる方も皆様悲しまれていらっしゃいますので。

葬儀での撮影は、記念ということではなく、記録という意味あいでの撮影だと思います。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

お葬式で使っていはいけない言葉

2014年11月18日 14:47

通夜・葬式のマナーとして使ってはいけない言葉がありますので、ご紹介します。

「死亡」「存命中」「生きている時」などの直接的な表現は避けます。
代わりに、「ご逝去」「ご生前」「お元気な時」などと言います。

「重ね重ね」「返す返す」「たびたび」「くれぐれも」などは、二度続く感じ、不幸が続く感じがするため使用は避けます。
同様に、「重ねて」「続いて」「追って」「再三」「再び」も次に続いていくイメージがあるため避けます。
あとは、「再三」「引く」というのも避けています。ですから当社では値引きとは言わず、サービスという言葉に置き換えています。

お悔やみの挨拶で、「ご冥福をお祈りします」もよく使いがちですが、仏教用語ということを意識してふさわしくない場では避けます。
「ご冥福をお祈り申し上げます」というのは、「最後のお旅立ちをし、その旅を無事に終えられ成仏して下さい」ということですから、仏式でのことです。神道、キリスト教では使えません。また、仏式でも、旅立ちがない浄土真宗、創価学会などは使いません。
他に「供養」「成仏」「往生」も仏教用語なので、神道やキリスト教の葬儀では使いません。

数字の「九」と「四」は心情的に「死」「苦」を連想されるからでしょうか、避けましょうというのを聞きます。
けれども特に絶対避けないといけない数字というわけでもないと思います。
葬儀日程でも4日14日は、普通に通夜葬儀を行っていますので。
ちなみに当社の電話番号も4343です。

ここからは、言葉というよりもご遺族への声かけの仕方について気をつけたいことになります。

病状や死因などを聞くのは、慎重にした方が良いです。事故、自殺などもありますので。
よく知っている友人などは、そういう会話ができる間柄に限ると思われます。

もうひとつ慎重にしたいのは安易な励ましの言葉です。
「元気を出して」「頑張って」などとは声掛けはしない方が良いです。どんなに親しい仲でもです。
大切な方が亡くなって、元気が出せるわけがありません。また、頑張れるわけもありません。
そういう心情を察しての接し方が大切です。
もし自分であったら、そんな風に声掛けされたらどう思うかを考えられて話しをされる配慮が必要ですし、大切なことです。

あとは、「お疲れ様でございました」です。「お疲れが出ないようにして下さいませ」の方が良いと思います。

 

<関連ブログ>

お葬式でご遺族にかける言葉について ~ご愁傷とは~

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター