株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

家族葬や直葬(火葬のみ)が増えつつある今、思うこと

2019年3月26日 10:00

何年も前の、私の葬儀の先生である天野さん(元葬文研、現在の日本葬送文化学会)に、
聞いたことがありました。

「おい、原君、昔は直葬ではなく直送だったんだ。戦争時、亡くなられた方をすぐに火葬場へ送ることであった。」と...

うん十年前、私が京都の丁稚奉公から戻った時は、自宅や町内会館、
自治会館、寺院で施行することが主流であり、
だいたいは自宅施行でも200人くらいの会葬者の準備をするのが普通でした。

道路にテントを張り、花環を立て・・・
幕張りなんて私は京都でしっかり覚えたので、得意になって天張りから始まり、
張りまくった記憶があります。(今でもバック幕や水引きを見るとうずうずします)

その後、寺院に併設される式場が増え、火葬場に併設する式場や葬儀ホールが増えてきました。

家族葬も増え、今は直葬も増えています。

その内、ここ川崎でも香典辞退が慣習になるのではないかと、いろいろと考えることが多くあります。

時代の変遷というのはすごい速さで、またそれがすぐに馴染んでしまうんだなと思ってしまいます。

万が一の話しですが、もしも火葬場が24時間365日稼働していたら、
葬儀文化はどれほど変化するのかと思うことがあります。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

直葬(火葬のみ)   葬儀の形式は違っても故人様を想う気持ちは同じ

2019年3月25日 10:00

葬儀の形式は違っても、故人様に対する気持ちは、皆様同じです。

皆様それぞれ大変な思いの中、葬儀を施行されていますので、
直葬も含め全ての葬儀に関して終えられると、とても安堵されます。

予算や、日時、または遠方や年齢など当家の様々な都合などがあり、
通夜、葬儀は施行せず火葬だけされ、田舎に帰ってから改めて、
葬儀式を施行されるという方もいらっしゃいます。

川崎で火葬だけされて実家に戻り、
「葬儀をし、無事に終わりました」とのご連絡を頂くこともあります。

ご心労が大きいところ、わざわざご連絡頂き大変恐縮しております。
全く身よりのない方の場合は、とても悲しく、辛いです。
我々がその方の御霊の安らかにと、心から願いお弔いの念でお見送り致します。
逆に直葬であっても、とても多くの方が会葬に来られるケースもあります。
当然そのような時は、返礼品の用意や受付の用意をすることもあります。

そういう時は、直葬ホールでお焼香をし、
ゆっくりお別れとお花入れをされてからご出棺されます。

棺に入らないくらいの、たくさんのお花を用意される方もおられます。
直葬という形式の葬儀は、実際に増えていますので、これからも増えていくと思いますが、

どのようなご葬儀でも、当家のお気持ちに添うことを心掛けています。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

直葬(火葬のみ)と、葬式をした後の火葬では違いがある?

2019年3月24日 10:21

テレビなどで直葬という言葉を耳にする機会が増えてきたと思います。

直葬(火葬のみ)は、式場等を利用しての葬儀を行わず、

火葬を予約した日時に火葬場にご集合頂きまして、お別れ後に焼骨させていただく事になります。

直葬の場合、火葬場での待ち合わせを希望されている当家にはそうしますが、
当社では、直葬でもゆっくりお別れの儀をして頂きたく、
直葬専用お別れホールの設備を用意しております。

直葬専用お別れホールでゆっくりされてから、霊柩車に故人様と喪主様が乗車され、
あとの方は自家用車またはタクシーで火葬場まで行かれます。

火葬場でも炉に入る前に、お別れホールが併設されていますので、
ご希望があればそこで15分くらいのお経をお寺様(ご宗派を指定頂き)に
お願いすることもできます。

直葬(火葬)にも色々なケースがあります。
仏式でも、特に宗派をこだわらない方でも、当家のご希望に合わせて行います

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター