株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

安心してご相談、ご依頼ください

2019年6月27日 11:29

当社が加盟している川崎葬祭具協同組合は、川崎市と葬儀の契約時における事業者と

消費者間のトラブルを未然に防止するため協定を結んでいます。

川崎葬祭具協同組合加盟店は、その地域に根付いたしっかりとしたサービスを行う葬儀会社で、

リピーターも多くいます。
長年その地で行っているというのは、信頼、信用、安心の証であるのではないでしょうか。
何より実績というのは、安心の裏打ちであるように思えます。

葬儀会社の特定の1人の方が安心なので依頼するというのは少し不安もあると思います。
万が一その方が風邪や病気、怪我などで担当することが

急遽できなくなった場合はどうするのでしょうか。
会社は組織ですので、何かあればフォローする体制作りは大切であり、

どこを切っても金太郎アメであるサービスが不可欠です。

近年、ホームページのみで営業していて実体のない葬儀会社が存在するようになりました。
店舗や設備を持たないので、受注後、葬儀の施行は他の業者に丸投げ。

結果、高額な料金を請求したり、追金請求したりといったトラブルに発展する

ケースが多発しているそうです。

トラブル回避の方法としては、当然どの葬儀会社も見積りは出していますので、

相見積りをされる当家もいらっしゃいます。

また、依頼しようと思う葬儀社に出向けば、おおよその会社の実態が分かると思います。

(接遇やサービス面、設備や雰囲気等)
トラブル回避のためにも、事前のご相談をお勧めしております。
伺ったからといってその会社に絶対に依頼しないとならないということはないので、

決定することは1つでも、情報だけは多くとり、

選択枠を広げるということは大切なことであると思います。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

多様化する 葬儀のカタチ

2019年6月3日 13:11

先日、内田裕也さんのお別れの会「内田裕也 Rock’n Roll葬」の様子が報道され、
生前に録音された内田裕也さんご本人の、肉声メッセージも流されたとのことで、
話題になりました。
自分でお別れの言葉や感謝の言葉をのべる方法として生前葬がありますが、

通夜式・告別式で故人様の肉声のメッセージを流すという経験は今までありません。
ただ、故人様が好きだった音楽を流すことはあり、
故人様のお人柄がにじみ出て、とても温かい気持ちになります。
今は葬儀の形も多様化され、自由葬でも献花を行う方もおりますし、
お焼香を行う方もおります。
まさに自由です。
メモリアルコーナーを設け、故人様がお好きだった品物を飾るというのも、
故人様のお人柄がにじみ出て良いですね。
会葬者が生前の故人様の様子を見て、会葬者同士、会葬者とご遺族様が、
想い出話しをされてる様子を拝見致しますと、
故人様が遺された繋がりを感じます。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター