株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

自宅に安置できるスペースが無い

2019年10月30日 10:00

自宅に安置できるスペースが無い方の場合は、
葬祭ホールなどの霊安室を利用するという方法があります。

川崎市幸区にある当社の霊安室にご安置された際は、

故人様とのご対面もお線香も朝の9時~17時の時間内でしたら、

いつ来られても可能です。

またご対面時間も規定はないので、ゆっくりご対面いただけます。

事前に来られる時間のご連絡をいただけるとこちらで調整し、

他のご遺族様とあまりバッティングしないように、

またお待たせしないでご対面していただけるように配慮いたします。

只今当社事務所ビル1階の第二ホールを改装していまして、

ずっとそばにいていただけるコールドルーム付VIPルームを作っています。
当社霊安室は1日3000円の安置料で、2日間は無料にしております。

以前は、いつまで安置していても無料にしておりましたが、

そうしますと当社に何日も無料でお預かりさせて頂いた後に、

葬儀は違う葬儀社で行うというウルトラ技を使われるお客様もおられました。

それで今は、いつまでも無料でお預かりするサービスは廃止し、

また、当社で葬儀をされる方限定とさせていただきました。
近年は病院や施設からご自宅にはもどらずに、

直接当社の霊安室へご安置されるお客様が増えてきています。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

通夜をしない葬儀

2019年10月22日 08:11

近年、川崎市だけでなく関東近郊では、

通夜をしないで葬儀だけ行う方も結構増えて参りました。

 

費用的には、通夜後の会食代がかからないということくらいで、

両日行っても費用は変わらないのが現実です。

お寺様のお布施に関しては、通夜と葬儀を行う場合の費用と、

通夜をしないで葬儀だけの場合の費用を確認した方が良いです。
変わらないお寺様もいらっしゃいますし、

葬儀だけということで少し安くなるお寺様もいらっしゃいます。
それぞれです。

昔は自宅や自治会館で葬儀を行う際、夜を通すということで、

一晩中そばにお籠りされる方が多くいらっしゃいました。
もちろん今でもホールで行う際はそのようにされる方もいらっしゃいますし、

帰られる方もいらっしゃいます。

体調を気遣っての事と思いますが、
年配の方々が多いと帰られる傾向が強いようです

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター