株式会社中原屋葬祭センター

毎日がお葬式

実際の葬儀を担当している中原屋 原敏之が綴る、お葬式情報ブログ。

川崎・横浜での葬儀・家族葬のことなら中原屋へ

家族葬や直葬(火葬のみ)が増えつつある今、思うこと

2019年3月26日 10:00

何年も前の、私の葬儀の先生である天野さん(元葬文研、現在の日本葬送文化学会)に、
聞いたことがありました。

「おい、原君、昔は直葬ではなく直送だったんだ。戦争時、亡くなられた方をすぐに火葬場へ送ることであった。」と...

うん十年前、私が京都の丁稚奉公から戻った時は、自宅や町内会館、
自治会館、寺院で施行することが主流であり、
だいたいは自宅施行でも200人くらいの会葬者の準備をするのが普通でした。

道路にテントを張り、花環を立て・・・
幕張りなんて私は京都でしっかり覚えたので、得意になって天張りから始まり、
張りまくった記憶があります。(今でもバック幕や水引きを見るとうずうずします)

その後、寺院に併設される式場が増え、火葬場に併設する式場や葬儀ホールが増えてきました。

家族葬も増え、今は直葬も増えています。

その内、ここ川崎でも香典辞退が慣習になるのではないかと、いろいろと考えることが多くあります。

時代の変遷というのはすごい速さで、またそれがすぐに馴染んでしまうんだなと思ってしまいます。

万が一の話しですが、もしも火葬場が24時間365日稼働していたら、
葬儀文化はどれほど変化するのかと思うことがあります。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

直葬(火葬のみ)   葬儀の形式は違っても故人様を想う気持ちは同じ

2019年3月25日 10:00

葬儀の形式は違っても、故人様に対する気持ちは、皆様同じです。

皆様それぞれ大変な思いの中、葬儀を施行されていますので、
直葬も含め全ての葬儀に関して終えられると、とても安堵されます。

予算や、日時、または遠方や年齢など当家の様々な都合などがあり、
通夜、葬儀は施行せず火葬だけされ、田舎に帰ってから改めて、
葬儀式を施行されるという方もいらっしゃいます。

川崎で火葬だけされて実家に戻り、
「葬儀をし、無事に終わりました」とのご連絡を頂くこともあります。

ご心労が大きいところ、わざわざご連絡頂き大変恐縮しております。
全く身よりのない方の場合は、とても悲しく、辛いです。
我々がその方の御霊の安らかにと、心から願いお弔いの念でお見送り致します。
逆に直葬であっても、とても多くの方が会葬に来られるケースもあります。
当然そのような時は、返礼品の用意や受付の用意をすることもあります。

そういう時は、直葬ホールでお焼香をし、
ゆっくりお別れとお花入れをされてからご出棺されます。

棺に入らないくらいの、たくさんのお花を用意される方もおられます。
直葬という形式の葬儀は、実際に増えていますので、これからも増えていくと思いますが、

どのようなご葬儀でも、当家のお気持ちに添うことを心掛けています。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

直葬(火葬のみ)と、葬式をした後の火葬では違いがある?

2019年3月24日 10:21

テレビなどで直葬という言葉を耳にする機会が増えてきたと思います。

直葬(火葬のみ)は、式場等を利用しての葬儀を行わず、

火葬を予約した日時に火葬場にご集合頂きまして、お別れ後に焼骨させていただく事になります。

直葬の場合、火葬場での待ち合わせを希望されている当家にはそうしますが、
当社では、直葬でもゆっくりお別れの儀をして頂きたく、
直葬専用お別れホールの設備を用意しております。

直葬専用お別れホールでゆっくりされてから、霊柩車に故人様と喪主様が乗車され、
あとの方は自家用車またはタクシーで火葬場まで行かれます。

火葬場でも炉に入る前に、お別れホールが併設されていますので、
ご希望があればそこで15分くらいのお経をお寺様(ご宗派を指定頂き)に
お願いすることもできます。

直葬(火葬)にも色々なケースがあります。
仏式でも、特に宗派をこだわらない方でも、当家のご希望に合わせて行います

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

葬儀社が求めるスタッフと向き不向き ~私にとって葬祭業は天職~

2019年2月26日 17:00

葬儀社が求めているスタッフというのは、葬祭業をやりたいという気持ち一つだと思います。
他の業種でも同じことが言えるのではないでしょうか。
この仕事が好きで葬儀を通じて一生懸命にお手伝いをしたいという強い心が大切です。

私の勝手な思いでいうと、特に感受性の高い方はより合うように思います。

逆に、葬祭業をやりたいという思いがなければ、スタッフとして勤めるのは難しいように思います。
葬祭業に限らずどの職業でも合う方もいれば、合わない方もいるのではないでしょうか。

急な仕事(葬儀)が入る職業ですが、それが葬祭業ですので、私は決して苦労とはとらえません。
夜に寝られない時は、朝方はもちろん眠いです。
しかし好きな職業ですので、苦労とは思わないです。
その方の捉え方にもよりますが、当たり前のことが幸せと感じる方は、苦労とは思わないでしょう。

私はこの仕事を天職としています。
来世生まれ変わったら他の仕事も見てみたい好奇心はありますが・・。
一生涯、死ぬまでこの道を歩むのでとても遣り甲斐があり、葬儀を通して世の為、人の為というのは、幸せを感じます。

他の職種で働いたことがないですが、どの職業でも様々なことがあると思っております。
どの業界でも同じことで、笑ったり、怒ったり、泣いたり、感動したり、遣り甲斐をもったり、いろいろな感情が溢れるのではないでしょうか。
決して葬祭業だからということではないでしょう。

悲しい気持ちでいる葬儀の場で、お別れの時に「じゃあね、またね」という言葉をたまに聞きます。
後で会う約束です。
悲しく寂しい気持ちから少しだけ解放される言葉のように聞こえます。

私には泣きボクロがあります。情にもろくすぐ泣くからなのでしょう。

葬儀社への就職を考えている方がいらっしゃいましたら、

「好きなことに苦労はありません」とお伝えしたいと思います。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

葬儀社スタッフの業務内容は? 資格は必要?

2019年2月25日 17:29

葬儀社の仕事に興味があるのですか?

葬儀社は、葬儀全般に携わる葬祭スタッフ、担当者のアシスタントセレモニースタッフ、

返礼品スタッフ、事務職、など様々なスタッフで成り立っています。

当社のスタッフは、部署的にそれだけ行えば良いというのではなくオールマイティーです。
葬儀に係わるあらゆることを行います。搬送業務や霊柩車の運行、納棺、

返礼品の準備などもすべて行います。
また清掃や洗車などは日課であり、皆で行います。

事務職は別です。
事務職は、電話受けや来社対応、発注や確認、請求書作成、現金を扱うことの全般を行います。

スタッフとして業務を行うにあたって必要な資格としては、運行にあたる場合には普通免許が必要です。

厚生労働省認定の葬祭ディレクター資格は、持っていないと葬祭スタッフが務まらないということではありませんが、これくらいの葬儀に関する技量や知識を持っているというライン引きになると思いますので、持っていないより持っている方が安心感はあると思います。

葬儀社で務める際に大切なのは、この仕事が好きで葬儀を通じて一生懸命にお手伝いをしたいという強い心です。
次回、このことについてもう少し詳しくお話しいたします。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

散骨とお墓・お仏壇

2019年1月28日 10:00

散骨の場合は、全て散骨せず一部の遺骨を手元供養として保管される方が多いようで、

当社でもそのようにアドバイスしております。

全て散骨し終わった後に「散骨しなければよかった」と思われても手遅れになりますので。
お墓を準備しなくて良いので費用が掛からないということで散骨されるケースもありますが、

その後の事をよくお考えになられてから決断されてはいかがでしょう。

散骨だと自宅の仏壇だけで良いかというと言い方も難しいですが...
手をそっと静かにを合わせ、心を合わせ、気持ちを向かせて、

いつでもどこでも供養できる心の持ちようが大切であると思います。

手を合わせるのは、決して自宅の仏壇の前だけでなく、外出先からでも出来ます。
その思う方向に向くこと。
手元供養品に対し向くこと。
または万人平等の空を見上げ手を合わせるのはとても優しい気持ちになれます。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

墓じまいの流れ

2019年1月11日 07:13

墓じまいは次の様に行われます。

1. 現地確認・・・誰の遺骨があるのか、遺骨の数量や状態を確認します。

2. 新しい供養方法の決定・・・墓じまい後の遺骨の行き先を決めます。
「永代供養墓」「散骨」「手元供養」「納骨堂」「合同墓」など

3. 行政手続き・・・現在埋葬している市区町村の役所で「改葬許可証」の交付を受けます。

※お墓の引っ越しをする場合(例:寺墓地から霊園など)は、「改葬許可証」が必要です。

※現在埋葬している墓地管理者の著名捺印のある「改葬許可申請書」と,

新しい墓所の管理者から「受入証明書」を発行してもらいます。

注意:散骨や手元供養とする場合には、「この手続きは必要ない」という自治体もありますが、

事前に役所に確認しておけば良いと思います。

4. 遺骨の取り出し

5. 墓所の解体・更地にして返還

親族へ全く知らせずに墓じまいを行った結果、親族間のトラブルになるケースも多いようですので、

事前に十分ご相談され話し合いをされると良いと思います。

葬儀会社の墓じまいへの関わりについては、その葬儀会社が自社で墓石を行っていれば、

当然最後まで関わると思われますが、

通常はその墓石を管理している所を紹介する最初の部分と思います。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

墓じまいを考える時

2018年12月23日 11:43

墓じまいを考える主な理由には次のようなことがあるようです。

例えば、

●お墓を継ぐ人がいない
→ 生涯独身又は子供がいないご夫婦などの事情により、お墓の承継が出来ない。

●お墓が遠方にある
→ 就職、転勤、結婚などで故郷を離れると、お墓参りをする頻度が次第に減り、

守っていくのが難しい。

●夫婦それぞれの実家のお墓を守るのが大変
→ 長男、長女同士が結婚すると両家のお墓を守っていく事になり、負担が大きい。

●高齢になり、お墓参りに行けない
→ 外出が不自由になり、何年もお墓参りに行っていないという方が増えている。

●震災で墓が倒れてしまった
→ これを機に墓じまいを考える。

理由は様々ですが、墓じまいを考えられる時には、
まずはお墓の管理者へご連絡されるのが良いと思います。

寺墓地の場合はご住職へ、
民間霊園は管理事務所へ、
公営霊園は行政の担当部署へ(川崎市営霊園の場合は「川崎市建設緑政局部霊園事務所」)

また、葬儀社でも相談を承っています。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

一人暮らし 身内がいない私が死んだら・・・葬式や役所の手続きはどうなるの?

2018年11月25日 13:59

一人暮らしで身内がいない場合、葬儀の支払いにおいては、

限度額は決まっておりますが役所より頂きます。

病院から役所に連絡をして頂き葬儀の手続きをします。
病院でお亡くなりの場合は、先生に死亡診断書を書いて頂けますが、

自宅でお亡くなりの場合は、主治医の先生から死亡診断書を出して頂ければ良いのですが、

そうでなければ、警察が介入して死亡診断書の代わりに死体検案書を出して頂きます。

お一人様が多くなっていますが、できる限り、

生前には親、兄弟、親戚と連絡を取るように心がけ、

居場所や健康状態などを分かって頂いていた方が宜しいかと思われます。
エンディングノートなどに亡くなられた後のことや思いなど、

色々なことを書き記しておいても良いでしょう。

孤独死の場合、警察が介入しますので、

万が一の場合に、親、兄弟、親戚の方々の連絡先が分かるようにしておくと良いと思われます。
どなたにも言えることですが、特に一人暮らしの方は体調管理に努めましょう。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター

思い出の品を仏壇に? 仏壇に入れるものと控えたいもの

2018年10月24日 14:25

本来仏壇は仏様(ご本尊)を祀り礼拝する場所です。

仏壇の中に入れるのは、その家の宗派のご本尊とお位牌です。

それらに敬意を払うことを主眼にすると、故人様やご先祖様の生前の物は仏壇に置かないで、

他の場所に置かれた方が宜しいかと思われます。

しかし中には、上記の内容に理解があった上で、

偲んで仏壇に置かれている方もいらっしゃるようです。

またステージ型の仏壇で、ご本尊を置かず、

写真や手元供養品(遺骨)を置く対象とした考えの方もいらっしゃいます。

その他、仏壇に置きがちなものとして、

寺院のお札については、仏壇引き出しの収納に入れて頂く方が良いと思います。

宝くじ、受験票、現金など、個人のお願いごとや貴重品を置くのは、

本来礼拝したり供養する場所なのでいかがでしょうか。

仏壇はご本尊を祀り、ご先祖様が家族を見守られている場所ですので、

仏壇上部や仏壇の上にも物を置くことはやめた方が良いと思います。

最近では、仏間に大きな遺影写真を飾る方は少なくなってきておりますが、

飾るのであれば、地震などで落下しないところや欄間に飾ってはどうでしょうか。

必ずここに飾らないといけない、供養にならないということはありません。

故人を拝顔し偲ぶことも供養の一つではないかと思います。

川崎での葬儀なら中原屋葬祭センター